コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] アシュラ(2016/韓国)
- 更新順 (1/1) -

★4日本映画では絶対にやらせられないような事を役者にやらせている。アジア版『スカーフェイス』('83年)の域。☆3.9点。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票(2)]
★4冒頭から、感情のぶつかり合い、痛々しさを伴う暴力描写、激しい演技合戦の応酬。中盤で落ち着いてくるかと思いきや、さらにエスカレートして最後まで突き進む。 [review] (irodori)[投票(1)]
★4あとほんのちょっとだけでもセクシー成分が画に入っていたら最高のハードボイルド映画です。 (Soul Driver)[投票]
★4ビッグブラザー並に知らないことはない検察側がキャラのプライバシーを許容しないために、修羅場に直面した人間の機知ではなく、むしろ覚悟と開き直りを観察する、対比列伝のような根性論が志向されている。 [review] (disjunctive)[投票(2)]
★4倫理感がぶっ飛んだワル(ファン・ジョンミン)と、権力の傲慢が染み込んだワル(クァク・ドウォン)の純度の高さが、万人に潜在する悪の快感を呼び覚まし、そのカタルシスが半端者バディ(チョン・ウソン/チュ・ジフン)の感傷を吹き飛ばす。 [review] (ぽんしゅう)[投票(3)]
★5架空都市の政財界の腐敗を軸にする痺れるくらいに正しきハードボイルド。汚職刑事と極悪検察、腐敗政治家に暴力組織と役者が揃い映画は転がりまくる。バイオレントな粘りも凄まじいがカースタントにも驚愕。全篇ノンストップの悪と非情とゲス根性の釣瓶打ち。 (けにろん)[投票(3)]
★5 これはね、とにかくすごい映画です。韓国って、肉食で、血がたぎっていて、どんどん昇り詰めて、すとーんと落ちる。そんな映画もこれまで見た。でもこの映画は、違う。最後まで昇り詰めて、昇り詰めてそこでEND。僕までどわーと血流を感じる、、。 [review] (セント)[投票(4)]