コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ここは退屈迎えに来て (2018/)

[Drama]
監督廣木隆一
脚本櫻井智也
原作山内マリコ
撮影水口智之
美術丸尾知行
音楽フジファブリック
出演橋本愛 / 門脇麦 / 成田凌 / 渡辺大知 / 岸井ゆきの / 内田理央 / 柳ゆり菜 / 瀧内公美 / 亀田侑樹 / 片山友希 / 木崎絹子 / マキタスポーツ / 村上淳
あらすじ日本海側の小都市。東京で10年暮らした27歳の「私」(橋本愛)は、高校時代の親友サツキ(柳ゆり菜)と女子の憧れだった椎名君(成田凌)に会うことになり興奮していた。当時、そんな椎名と付き合っていた「あたし」(門脇麦)はマイペースな椎名に苛立つ日々だった。そして冴えない男子の新保(渡辺大知)は密かに椎名に思いを寄せていた。アイドルデビューしたあかね(内田理央)も、今はフリーターの南(岸井ゆきの)とファミレスで愚痴をこぼす日々。なっちゃん(片山友希)は年上の男(マキタスポーツ)と付き合い、朝子(木崎絹子)は東京進学を目指していた。青春の終わりを描く群像劇。原作は山内マリコの短編集(98分) (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全3 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5時間が丁寧に描かれる。時間はときに麻薬のように思考を曇らせ、少しだけ身の丈に過ぎた期待を若者に抱かせる。誰もが抱くあの時の未来への希望、過去の美化だ。その幸福願望の正体が、退屈なモラトリアムが招いた妄想だと気づいたとき、若者たちの青春は終わる。 [review] (ぽんしゅう)[投票(1)]
★3移動する車内というのは映画的な空間かも知れない。どこからかどこかへと辿り着くまでのモラトリアムの時間そのものの謂いであるとも言える。それはあきらかにこの青春映画の主要モチーフとして展開されている。変わり映えのしない時間は変わり映えのしない空間=土地の風俗へと通訳され(10年前も後も何も変わらない街)、その中を走り続ける車からの視点は、虚無的なようでいて、しかし駆動的でもあり。 (ハイタカ)[投票(1)]
★3あこがれの少年「椎名くん」に仮託された都会幻想、青春幻想。それが地方の若者たち全てに共有されるものではないにせよ、周囲への見栄や、無意識のナルシシズムは得てして人を焦らせるのか、と漠然と思わされる。 [review] (水那岐)[投票]
Ratings
5点1人*
4点0人
3点3人***
2点0人
1点0人
4人平均 ★3.5(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
マイナーな男と呼ばれて・・・ (ぽんしゅう)[投票(17)]
Links
検索「ここは退屈迎えに来て」[Google|Yahoo!(J)|goo]