コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

カルメン純情す (1952/)

[Comedy/Drama]
監督木下惠介
脚本木下惠介
撮影楠田浩之
美術浜田辰雄
音楽木下忠司 / 黛敏郎
出演高峰秀子 / 小林トシ子 / 淡島千景 / 三好栄子 / 東山千栄子 / 若原雅夫 / 日守新一
あらすじ 浅草へ帰ったリリー・カルメン高峰秀子のところへ昔の相棒小林トシ子が、男に騙されて生んだ赤ん坊を連れて転がり込んできた。二人は赤ん坊を捨てに行った先の家でインチキ芸術家の須藤青年若原雅夫と出会う。カルメンは一目惚れしてしまうが男にはすでに婚約者の千鳥淡島千景がいたのであった。『カルメン故郷に帰る』の続編として作られた作品。(モノクロ/103分) (山本美容室)[投票]
Comments
全11 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4斜めでの撮影にこだわった面白い作品。カルメン故郷・・よりもシニカルな笑いに満ちている。それにしても三好栄子のひげ・・・・面白すぎる。ラストは真摯な態度で観るべし。 (入江たか男)[投票(1)]
★4私の考えるアプレゲール、てな感じの奇抜な作品。若原雅夫と淡島千影の関係性がクールで現代的。東山千栄子の「原爆」発言にどきり。 (G31)[投票]
★4斜めのキャメラの微妙な動きが面白い。泣き虫が可愛い小林トシ子の代表作でしょう。ちょっとやりすぎの感はあるが『故郷に帰る』よりはこちらが好き。 [review] (熱田海之)[投票]
★4破れ太鼓』風のドタバタ喜劇。ストリッパーという職業、頭の弱い女の悲哀を木下らしく残酷に描ききる。三好栄子演ずる髭のある女流政治家のキャラが最高に馬鹿らしく、これが『どん底』で死にかけている婆さんになるのだと思うと益々笑える。 [review] (町田)[投票]
★3躁鬱体質なキノシタ作品中もっとも躁に振れた作品で、ギャグも斜めアングルもまるで面白くなく、面白がっているのは明らかに監督本人だけ、発病中の北杜夫の小説など想起させる。 [review] (寒山)[投票(2)]
★3東京に戻ると目を白黒させるドタバタが待っていた。☆3.5点。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票(1)]
★3冒頭からすっごい斜め構図。さらにカメラを動かし過ぎる。もう嫌らしくて嫌らしくてしょうがない。それは『エデンの東』以上といってもいい。木下恵介が調子に乗り過ぎるとこういうことになる。木下も一貫したスタイルを持たない演出家だが、それにしてもこの画面は前作との落差が激しすぎる。 [review] (ゑぎ)[投票(1)]
★3あまりにも雰囲気は違っているけど、二作が合わさって意味を持つ作品になってます。 [review] (甘崎庵)[投票]
★3日本発のカラー作品の続編は予算の都合か、何故か白黒(笑)高峰秀子小林トシ子は相変わらず達者だし、三好栄子東山千栄子が怪演。ストーリーも前作に比べるととことん馬鹿らしくて面白いが、三部作の予定が二作で終わってしまった為に中途半端なラスト。['04.10.23京都文化博物館] (直人)[投票]
★2一見斬新な画作りと音楽が時代に対する気負いや照れ隠しに見えてしまい、前衛気取りを揶揄し、半端な民主主義を皮肉るせっかくの思い切った内容が霞んでいる。高峰秀子小林トシ子を素直に活かした直球勝負の正当コメディにした方が面白くなったと思う。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
★2ドタバタ喜劇をやろうとした気持ちは買いたい。(05・12・09) [review] (山本美容室)[投票]
Ratings
5点0人
4点5人*****
3点10人**********
2点3人***
1点0人
18人平均 ★3.1(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
だからショウほど素敵な商売はないんだって (町田)[投票(7)]キネ旬ベスト10・最多ランクイン監督は誰だ!  (ぽんしゅう)[投票(7)]
Links
検索「カルメン純情す」[Google|Yahoo!(J)|goo]