コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

インテリア (1978/)

Interiors

[Drama]
製作総指揮ロバート・グリーンハット
製作チャールズ・H・ジョフィ
監督ウディ・アレン
脚本ウディ・アレン
撮影ゴードン・ウィリス
衣装ジョエル・シュマッカー
出演ジェラルディン・ペイジ / ダイアン・キートン / モーリーン・ステイプルトン / クリスティン・グリフィス / E・G・マーシャル / メアリー・ベス・ハート / リチャード・ジョーダン / サム・ウォーターストン
あらすじ完璧な母親であり、インテリアデザイナーとしても一流である母親ジェラルディン・ペイジが支配する完璧なる世界。そんな世界に変化が訪れた。ある朝食時、姉妹も集まるテーブルで引退も近づいた弁護士の父親E・G・マーシャルが「一時的別居」を提案するのだが...。 前作『アニー・ホール』でのアカデミー賞受賞と興業面での成功をバックについに挑む、アレンが敬愛するベルイマンの影響が色濃い、哲学的なシリアス家族関係劇。 公開当時、評論家からも手厳しくやられ、興業面でも今ひとつだったが、その後のアレン監督一連の傑作映画の布石ともなった一作。アレンが演出・脚本に徹した初の本人未出演作品でもあります。 (のこのこ)[投票]
Comments
全26 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5一度はベルイマン、してみたかったのね。でもこれはとっても上出来だとおもう。ベルイマン映画のなかに入れても良い部類にはいると思う。そしてここでもゴードン・ウィリス、彼のカメラはもう絶対条件だなあ・・・。 (ニシザワ)[投票(4)]
★5硬質で冷ややかな、石細工のような映画。 [review] (3WA.C)[投票(3)]
★5食卓のシーンが、登場人物の考え方や背景を極端なまでに描いてて面白い。あのシーンの会話が上手すぎて、ちょっと笑ってしまった。すべてのシーンが灰色の中に人物がぼんやり浮かび上がってるかんじで、美しい。 (agulii)[投票(1)]
★5ベルイマンの影響大、というより憧憬感強し。一度創ってみたかったんだろうなあ。意外とまとも。でもこの一作だけ。照れ屋なのかなあ。 (セント)[投票(1)]
★4インテリアとは箱庭療法?その人の世界観の表れ。夫婦の場合のインテリア主導権など→ [review] (マグダラの阿闍世王)[投票(3)]
★4姉妹の性格づけがきちんと見て判るレベルまでこなれていて、流石だなあと思った。姉妹の関係性の雰囲気が男である私にも伝わってきた。姉妹が一緒に歩くところで関係性が伝わるところまで描写出来てる凄みがある。 (t3b)[投票(1)]
★4静かな佳作。 [review] ()[投票(1)]
★4タイトルからしてポストモダン。 (muffler&silencer[消音装置])[投票(1)]
★4コメディではなく、音楽もほとんど無いシリアスな作品でしたが、ストーリー、映像の美しさ、雰囲気どれをとっても素晴らしい作品 (TM(H19.1加入))[投票]
★4とにかくタイトルが「インテリア」というのがいい。かっこよすぎます、アレンさん。 (カフカのすあま)[投票]
★4♪〜分らない、分らない、どうなるのか〜〜・・・・・ な・ぜ〜〜〜。 (かっきー)[投票]
★4多少のエネルギーを使えば夫婦の間ならば、強引にではあるが解決できる問題も、親子となると根が深すぎる。気が重い。 (ぽんしゅう)[投票]
★3大ヒットした『アニー・ホール』の次作ということで実験的にこういうのも撮ってみたかったのかな?無機質で透明感のある美しい情景描写がこの映画そのもの。ただ、如何せんシリアスすぎて息が詰まりそう。『September』以上に地味だし。 [review] (CGETz)[投票(4)]
★3パールが登場すると、それまで退屈だったドラマがにわかに面白くなる。彼女の気遣いが、われわれ観客とこの監督の関係に似ているからだろうか。 (黒魔羅)[投票(3)]
★3暖色系が中心に使われていることや、あまり深刻に見えない役者、多すぎるセリフなど、やっぱりアレンにこの手のシリアス・ドラマは向いていないと思った。 (ドド)[投票(2)]
★3容れ物に囚われもがく人びとを、容れ物にこだわりつつ描いて、中途半端に窮屈。だったらいっそ思い切ってもっと完全にがんじがらめにでもしてしまえば、爆発とその後の再生がより輝いたのではないかと思うと惜しい。 (mal)[投票(1)]
★3もの凄く窮屈そうに生きる女性たち。しんどそう。いっちょ「もっと明るく前向きに〜!」と乱入したいけど、そんな声が届かないような世界。雰囲気に★3。ベルイマンは未体験。 (mize)[投票(1)]
★3ベルイマンへのオマージュとして撮りたかったんだろうが、やはり中途半端な出来。 (minoru)[投票(1)]
★3アレン本人が出ないシリアス・ドラマ。これも悪くないけれど、彼のファンとしてはやはりコメディーがいい。 (丹下左膳)[投票(1)]
★3どろどろですね。 [review] (ころ阿弥)[投票]
Ratings
5点12人************
4点26人**************************
3点28人****************************
2点6人******
1点2人**
74人平均 ★3.5(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
の・ようなもの…或いは「もどき」 (けにろん)[投票(5)]年代別ベストの不思議 (けにろん)[投票(4)]
天才作曲家ランディ・ニューマンの仕事 (町田)[投票(4)]ニューヨークの憂鬱 ウディ・アレン (さいもん)[投票(3)]
−アカデミー賞脚本・脚色賞ノミネート作品(70年代後半)− (kawa)[投票(2)]BGMのない映画 (moot)[投票(1)]
Links
IMDBThe Internet Movie Database
検索「インテリア」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Interiors」[Google|Yahoo!]