コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

3WA.C

[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
168コメント112
4あらすじ1

Comments

最近のコメント 10
★5白と黒(1963/日)ゾクゾクするほど面白い。2時間があっという間![投票]
★3貴族の階段(1959/日)大映の未来を背負う若手スター候補生総出演なのだが、10年後の大映はこの段階で見えていたのかもしれない。金田一敦子の役は野添ひとみなんじゃないかなあ。 [review][投票]
★4女の賭場(1966/日)ずっと続く心地よい緊張感。やはりシリーズ物は第一作が一番面白い。 [review][投票]
★2座頭市牢破り(1967/日)後期勝新映画によくある「勝新を庶民が囲んで礼賛する」という図が出てくると、その映画はからきしダメになる。 [review][投票]
★2にせ刑事(1967/日)前半はめっぽう面白いのに、事件が発生してからの中盤以降どんどんつまらなくなる。[投票]
★5ちいさこべ(1962/日)長尺がまったく気にならないほど映画の世界に入り込んでしまいました。傑作です。[投票]
★4積木の箱(1968/日)増村作品でありながら若尾文子緒形拳も極めてマトモ。その分松尾嘉代が大炸裂! かつての「土ワイの女王」はこの映画で作られたのかと納得。 [review][投票(1)]
★5赤線地帯(1956/日)なんだよ、ミッキー良いヤツじゃん! [review][投票(1)]
★4東京家族(2012/日)東京物語』に比べ、登場人物がマイルドに。もともと儲け役だった夏川結衣がとても良く、妻夫木聡の泣き芝居は完成の域に。 [review][投票(2)]
★2華麗なるアリバイ(2008/仏)クリスティーが戯曲化までしている原作『ホロー荘の殺人』…『危険な女たち』といい本作といい、実は映像化に不向きなのではないだろうか。 [review][投票]

Plots

5 件
★4その木戸を通って(1993/日)正四郎(中井貴一)の家にある日突然記憶喪失の娘(浅野ゆう子)がやって来る。折しも正四郎は婚礼間近の身。当初は幸運な出世街道を行く自分に対する嫌がらせかと疑い、娘の存在を疎ましがる正四郎だったが、その気だての良さや素朴な美しさに徐々に惹かれていく。やがてその娘は「ふさ」と呼ばれるようになる。正四郎は婚約を解消し、「ふさ」と結婚するのだった。 [more][投票]
★4たけくらべ(1955/日)吉原一番の花魁・大巻岸恵子の妹美登利美空ひばりは竜華寺の僧・信如北原隆に心惹かれていた。信如もまた美登利に恋心を抱くのであるが、姉と同じようにやがて吉原へあがらねばならぬ身である美登利にとってそれは幼い日の淡い想い出にするしかなかったのであった。 少年期から青年期への過渡期の一片を五所平之助監督が明治中期の風俗を巧に織り込んで描写した文芸作品。[投票]
★4白昼堂々(1968/日)失業した炭坑従事者達が集まって結成された万引き集団のリーダーはワタ勝(渥美清)。彼らは徐々にその腕前を上げていき、ついに都会のデパートにまで手を拡げ始める。東京のデパートにはワタ勝のかつての仲間銀三(藤岡琢也)が足を洗って警備員として勤めていた。一人二人と仲間達が警察に捕まっていき焦りを感じたワタ勝は、銀三の職場の売上金をターゲットにし、その手引きを銀三に頼むのであった。更正したはずの銀三を案じ、ワタ勝と銀三の動きに目を光らせる老刑事(有島一郎)は・・・。ハイテンションな万引き集団の日常をペーソス溢れる人間ドラマとして描き出した野村芳太郎監督の群像劇。 [投票]
★5あなたと私の合い言葉 さようなら、今日は(1959/日)東京の自動車会社に勤める和子(若子文子)には大阪に半次郎(菅原謙二)という婚約者がいるが、職を失った父(佐分利信)とスチュワーデスの妹(野添ひとみ)の世話があるため結婚に踏み切れない。そこで和子は大阪にいる親友の梅子(京マチ子)に頼んで半次郎との婚約解消を申し出る。ところが梅子は半次郎に一目惚れし、仕事第一だった今までの生活を振り切るように強引に求愛する。一方、自分が和子の幸せの妨げになると気づいた父は、「人間は一人で生まれて、そして死ぬまでたくさんの物を集め、かえって自分を不自由にしてしまう。だから、お互い捨て会おう」と告げ、和子の自立を促すのだった。[投票(1)]
★4日本橋(1956/日)日本橋稲葉屋のお孝(淡島千景)は滝乃屋の清葉(山本富士子)と張り合っている。お孝は清葉に袖にされた男を半ば当てつけで拾い上げては捨てており、その中の一人伝吉(柳永二郎)はお孝のために家財をなくすほど入れあげていた。ある夜お孝は一石橋で清葉に振られた医学士葛木(品川隆二)と出会い、心から愛するようになる。が、葛木の心には行方不明の姉の姿と重なるように清葉が居続けており、やがて葛木はお孝のもとから離れていく。  お孝・清葉・伝吉・葛木それぞれにその想いはすれ違い、やがてそれはすさまじい結果となって日本橋の一画を燃え尽くしていく・・・。[投票(3)]