コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ラスト・ブラッド(2009/香港=仏=日=アルゼンチン)
- 更新順 (1/1) -

★3愛すべき女優が愛すべきキャラクター(漆黒のセーラー服に日本刀に三つ編!)を演じているだけで映画を愛することが出来てしまう。またそれだけで物語がたった一瞬のカットのニュアンスで了解出来てしまう。めっさ惚れるわ、チョン・ジヒョン! (ハイタカ)[投票]
★3小夜役のチョン・ジヒョンのアクションの頑張りは感じられるが、やたらスローモーションやワイヤーアクションを多様してしまっているのが残念。東洋系の主人公によるヴァンパイア系のヒロインアクションでも『ツインズ・エフェクト』にはまだまだ敵わない。 [review] (わっこ)[投票]
★1アクションは、どこかで観たようなシーンを些か安っぽく仕上げている程度とはいえ、頑張りは見える。尤も、そこにアリスとかいうバカ娘が喚きながら付きまとうせいで不快指数は上昇の一途。原作アニメのシンプルながらも厚みのある世界観の欠片も無い。 [review] (煽尼采)[投票]
★3テキトー過ぎ (二液混合)[投票]
★2クリムゾン・レッドに肌を染めるチョン・ジヒョンの凄惨な美しさは認めざるを得ないが、原作映画で描写されなかった背後のエピソードのチャチさ、オニどもの死の人工的無味無臭さに辟易する。護るべき少女の魅力が皆無なのも辛いところ。小雪の鬼気迫る風情が救いか。 (水那岐)[投票(2)]
★3オニの描写が色んな意味で甘すぎる。またお話の設定自体も実にいい加減なシロモノだし、中盤以降ガクッと失速するテンポもどうかと。チョン・ジヒョンがセーラー服姿でつたなくてもアクションを頑張る姿に3点。この私の採点も実に甘すぎる。 (takamari)[投票(1)]
★3別段“押井守”の名前だけで評価を上げているわけではありませんけど、悪くも言いたくない作品でもあります。この辺心情的には結構複雑なものがあります。 [review] (甘崎庵)[投票(1)]
★2チョン・ジヒョン初めてのアクション映画。 しかもセーラー服の女子高生役。あの、清楚な美人のジヒョンさま、大丈夫なんだろうか、と熱烈ファンの我輩は心配することしきり。 [review] (セント)[投票(2)]
★3テーマ性は原作を見ていない私は論じない方がいい気がする。とまれ、既に28歳チョン・ジヒョン様のセーラー服姿。この制服は返り血もない。そして、小雪様。出番は少なかったけどお美しい。女優のコスプレ万歳。監督はそういう趣味か? (SUM)[投票]
★23回あくびが出た。眠たかったが音がうるさ過ぎて、眠れなかった。 [review] (KEI)[投票]