コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 理由(2004/日)
- 更新順 (1/1) -

★4タワーマンションを使ってこれだけ様々な絵を撮れる事実にまず驚いた。つまらなくなりそうに思えたのだけれど。 [review] (----)[投票]
★3原作未読。長い作品だったが飽きずに観られた。ただ、蓋を開けてみたらたいした事ないオチで。大体こんなに登場人物が必要かどうかも怪しい。省けるでしょ、色々と。 [review] (IN4MATION)[投票]
★3なんという豪華キャスト。「汗疹なんだぁ〜(うろ覚え)」だけの台詞のためにドラえもんが出演。 (ユキポン)[投票]
★1この手法が気に食わない。 5/100 (たろ)[投票]
★3時折差し込まれる差し色、談志師匠などの「辛味」が効いている。が、やっぱりこの語り口で2時間半はツラいなあ。 (chilidog)[投票]
★4怒濤のオールスターキャスト映画、面白かった。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票(1)]
★2長く感じた・・・ [review] (chokobo)[投票]
★5さすがに両国高校出身の宮部みゆきが書いた東京は(事件は別として)リアリティを感じさせる。ウォーターフロントの高層マンション群の不気味さは、比較的長く暮らしている東京の人が一番良く知っていると思う。『三丁目の夕日』と対照的な東京映画。 (カレルレン)[投票]
★3エンディングの歌詞によって監督の伝えたい事がようやく理解できた。但し、劇中にそういった切り取り方は希薄であり、このような薄っぺらい人物描写ではそもそもが無理だろう。だが、独特の大林カラーと斬新な構成はやはり見事だと感心する。 (sawa:38)[投票]
★4芝居のうまい知らない俳優さんがやってもこれはおもしろくなかったと思う。 上手いヘタに関わらず知っている人がちょこちょこでてきて、殺人事件についてコメントしていることがおもしろい。 (あちこ)[投票(1)]
★3問題は「理由」。 [review] (くたー)[投票]
★3出演者の生々しさがすごい。でもラストがやっぱりイマイチ。 (stimpy)[投票]
★3元から話が面白いしキャストもいいので、中盤〜後半は結構ひきつけられる。しかし導入部が弱いし、登場人物の語りだけで話を追うにしろちょっとは視覚的刺激が欲しい。ラスト5〜10分の部分は論外。よって頑張ってまとめてはいたが減点。 (JKF)[投票(1)]
★4こんな映画を作れるのは、きっとこの監督だけだと思う。それはまさしく「殺人事件が結ぶ絆ぁ〜」 [review] (ささやん)[投票(4)]
★4大林監督って事で-2点。 でも、 [review] (新旧名駄)[投票]
★3岸辺一徳っていい役者だなぁ。画面に彼が出てくるだけでなんだか安心しちゃって。観る前の期待値は5点中4.5点ぐらいだったんだけどなぁ。 これ、原作小説は面白いんだろうなぁ。 (ジェフリー少将)[投票]
★3見ごたえはあったが、小説の方がやっぱり不気味な感じ。片倉ハウスは、もっとボロっちいと思ってたのになぁ。 (ぱちーの)[投票]
★3編集から照明、カメラ、演出に至るまで、(悪い意味での)大林監督らしさが目立ちすぎる。独特の話法に慣れるまで1時間ほどかかり、事件の全体像が何となく見えるまでに1時間かかり、登場人物を頭で整理するのに1時間。映画はいつの間にか終わってる。 (茅ヶ崎まゆ子)[投票]
★4安心して観れた。祐司が自分のイメージ以上の不気味さがよかったな〜 ()[投票]
★4軽快なテンポで160分見せきってしまう手腕は見事だが、結局それは原作を説明口調でトレースしただけとも言え、デフォルメされた下町に昭和の匂いを託しながら映画的昂揚に達することなく、最後の最後に「理由」的大説明を加えざるを得なかったのがやや不満。 (ぽんしゅう)[投票(4)]
★5おもしろかった原作を先に読んでもおもしろかった映画はまれだ。 (kenichi)[投票]
★3模倣犯』『半落ち』『レディ・ジョーカー』と、長編小説(本作を含め全て未読だが。笑)を無理に二時間弱にしている(と、思われる)から、消化不良になっている作品が多い中で元々連ドラとはいえ2時間40分の時間を取っているから、上出来な方と言える。['04.12.30新宿武蔵野館] [review] (直人)[投票(2)]
★3原作の世界をうまく映像化。でも、キャストが豪華すぎておなかいっぱい。一回観たらもういいや。(原作読まずに観た人の感想を是非聞きたい!) (ふくふく)[投票]