コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 座頭市関所破り(1964/日)
- 更新順 (1/1) -

★4やや軽いところはあるものの第一作目のテイストに近いものがある。それに殺陣の見せ方もよい。市が一方でヒーロー然しつつも、片方では世の無常の哀しみをそこはかとなく纏う、そのさじ加減が、いかにもらしくて、またよい。 (シーチキン)[投票]
★3天涯孤独な座頭の市、人斬りマシーンと化した盲目の市。彼のやるせない内面を描いてきたシリーズに「父親捜し」「ルーツ」という新展開が期待されたが、むなしく裏切られる。可も無く不可も無いまさにプログラムピクチャー。 (sawa:38)[投票]
★3碁盤や独楽といった肉厚木工品を駆使し、大胆かつケレン味たっぷりに描かれる市(勝新太郎)の剣さばきの豪快さに心踊り、善と悪というシンプルな枠組みすら失い、人生の敗残を生きる酔いどれ爺伊井友三郎の卑しくも悲しい存在感に心打たれる。 (ぽんしゅう)[投票]
★3座頭市に危機が足りないのと、女優が生き生きと動かせていないのが大きな欠点だが、間もなく正月を迎えるという年の瀬の風俗はものすごくよく効いている。 (ジェリー)[投票]
★4So Long Dad. [review] (町田)[投票(2)]
★4除夜の鐘が鳴る大晦日の晩、新年が明ける前の悪退治。 目玉が入ってないダルマ人形の、小道具としての使い方が秀逸! [review] (AONI)[投票(1)]