コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

座頭市関所破り (1964/)

[Action]
監督安田公義
脚本浅井昭三郎
原作子母澤寛
撮影本多省三
美術加藤茂
音楽小杉太一郎
出演勝新太郎 / 平幹二朗 / 高田美和 / 滝瑛子 / 伊井友三郎 / 河野秋武 / 水原浩一 / 上田吉二郎 / 千波丈太郎 / 富田仲次郎 / 毛利郁子 / 寺島雄作 / 中田ダイマル / 中田ラケット / 木村玄
あらすじある年の瀬、新年のご来光を妙義山で拝もうと旅を続けていた市(勝新太郎)は、新助(千波丈太郎)と名乗る男から旅籠むさしやの女中お仙(滝瑛子)宛てに手紙をことづかる。訪れた先の宿屋には、江戸へ土地の窮状を訴えに行ったまま行方知れずの父親を探すお咲(高田美和)が一人で投宿していた。一方、正月の興行を当て込んで宿場に集まった芸人たちは、土地の親分甚兵衛(上田吉二郎)から法外なショバ代を要求され途方に暮れていた。芸人たちに同情し甚兵衛一家に乗り込んだ市は、そこで代官加島(河野秋武)とその用心棒・沖(平幹二朗)の姿を目にするのだった。シリーズ第9作。(86分/カラー/ワイド) (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全8 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4So Long Dad. [review] (町田)[投票(2)]
★4佳作。シリーズ物では1回は出て来る身内の話とか剣豪2人の処理が上手い。安田の少し引いた画が、とても落ち着く。細部にソツが無く、子供の使用も絶妙。除夜の鐘を音楽にした所とか御来光もベタだが決まっている。ただ展開が、淡々とし過ぎたか。4.5点 (KEI)[投票(1)]
★4除夜の鐘が鳴る大晦日の晩、新年が明ける前の悪退治。 目玉が入ってないダルマ人形の、小道具としての使い方が秀逸! [review] (AONI)[投票(1)]
★4やや軽いところはあるものの第一作目のテイストに近いものがある。それに殺陣の見せ方もよい。市が一方でヒーロー然しつつも、片方では世の無常の哀しみをそこはかとなく纏う、そのさじ加減が、いかにもらしくて、またよい。 (シーチキン)[投票]
★3結局一番いいのは冒頭の派手な砂塵。「眼開きにゃ耐えられねえだろうなあ」。 [review] (寒山拾得)[投票]
★3天涯孤独な座頭の市、人斬りマシーンと化した盲目の市。彼のやるせない内面を描いてきたシリーズに「父親捜し」「ルーツ」という新展開が期待されたが、むなしく裏切られる。可も無く不可も無いまさにプログラムピクチャー。 (sawa:38)[投票]
★3碁盤や独楽といった肉厚木工品を駆使し、大胆かつケレン味たっぷりに描かれる市(勝新太郎)の剣さばきの豪快さに心踊り、善と悪というシンプルな枠組みすら失い、人生の敗残を生きる酔いどれ爺伊井友三郎の卑しくも悲しい存在感に心打たれる。 (ぽんしゅう)[投票]
★3座頭市に危機が足りないのと、女優が生き生きと動かせていないのが大きな欠点だが、間もなく正月を迎えるという年の瀬の風俗はものすごくよく効いている。 (ジェリー)[投票]
Ratings
5点0人
4点6人******
3点9人*********
2点0人
1点0人
15人平均 ★3.4(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
大映のシリーズ ()[投票(4)]座頭市 (町田)[投票(4)]
Links
検索「座頭市関所破り」[Google|Yahoo!(J)|goo]