コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

グミ・チョコレート・パイン (2007/)

Gummi Chocolate Pine

[Drama]
製作総指揮谷口則之
製作岩下英雅 / 李柱勲 / 杉山剛
監督ケラリーノ・サンドロヴィッチ
脚本ケラリーノ・サンドロヴィッチ
原作大槻ケンヂ
撮影小澤公則
美術長谷川晃子
音楽ゲイリー芦屋
出演石田卓也 / 黒川芽以 / 柄本佑 / 金井勇太 / 森岡龍 / 高橋ひとみ / 山崎一 / 犬山イヌコ / 山西惇 / みのすけ / 峯村リエ / 浅野和之 / 中越典子 / 竹中直人 / 鈴木慶一 / 田中哲司 / 林和義 / 山本剛史 / 内田春菊 / ピエール瀧 / 峯田和伸 / マギー / 甲本雅裕 / 大森南朋
あらすじ「もっともなりたくなかった種類の大人に、どうやら僕はなってしまった」2007年のある日、転勤先でリストラに遭った大橋(大森南朋)は実家に戻り、そこで一通の手紙を受け取る。「あなたのせいなのだから」という一文だけの手紙の主は山口美甘子、高校の同級生だった。聞けば山口美甘子は、その手紙を書いた直後に自殺したという。──21年前、高校生だった大橋(石田卓也)は、自分は他人とは違うと思い込んで、同級生を軽蔑していた。名画座に通い詰めていた。オナニーばかりしていた。そして、死ぬほど、山口美甘子に焦がれていた。だから名画座で初めて美甘子と言葉を交わしたのは、あれは奇跡だったんだ。[カラー/127分] (林田乃丞)[投票(1)]
Comments
全9 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4青春を懐古するなんて事がそもそも自慰行為みたいなもんだと思う。 [review] (づん)[投票(3)]
★4すべての若き野郎ども [review] (たかやまひろふみ)[投票(3)]
★4狙ってそうしているのかどうにも判然としないんだが、「見るに耐えない痛い瞬間」というものが絶妙なサジ加減で回避されている。それが不足でもあり心地よくもあり。 [review] (Myurakz)[投票(2)]
★4かつて、主人公達のようなサブカル文系人間だった方は、懐かしさと共に過去の自分のしょうも無い考えや言動がフラッシュバックしてきたりする恐れがありますので覚悟して観て下さいねw [review] (TM(H19.1加入))[投票(1)]
★4あーはっは、ああーっはっはっは、とわざとらしくテンション高く笑うしかない自分です。こっぱずかしくて正視に耐えないはずなのに、しっかり熟視できて楽しませてくれた出演者の方々の名演ぶりに心から感謝致します。 [review] (ロープブレーク)[投票(1)]
★3♪ダーメダメダメダメ人間♪としては、若い頃はマジメに授業を受けながら同時に漫画の道をも目指していて、アイドルやそれを使った自慰にエネルギーを費やすことを知らなかったイイコチャンだったのであります。もちろん卑下です。 [review] (水那岐)[投票(1)]
★3ケラリーノ・サンドロヴィッチの突拍子もない演出・脚本により、甘酢っぽくも冴えない高校時代の感傷にひたっている間を与えてもらえない。 (irodori)[投票(1)]
★3絵柄が舞台の所がいくつかあって(例えば家の中で机に座る美甘子とか過去の自分と現在の自分の同居とか)、ちょっと違うと思うし、ケラリーノはきっと若い頃持てたんじゃないか。そつなく女の子と付き合ってたんじゃないか、と思わせる。ギャグはまったく笑えず痛さも中途半端でそれでも最後まで見てしまった。 (ぱーこ)[投票]
★3原作「グミ・チョコレート・パイン」は「グミ・チョコ」と約されることがあるけど、本作は本当に「グミ・チョコ」でした。 (甘崎庵)[投票]
Ratings
5点2人**
4点9人*********
3点7人*******
2点1人*
1点0人
19人平均 ★3.6(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「グミ・チョコレート・パイン」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Gummi Chocolate Pine」[Google|Yahoo!]