コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

もず (1961/)

[Drama]
製作若槻繁 / 渋谷実
監督渋谷実
脚本水木洋子
原作水木洋子
撮影長岡博之
美術松山崇
音楽武満徹
出演淡島千景 / 有馬稲子 / 永井智雄 / 乙羽信子 / 清川虹子 / 川津祐介 / 山田五十鈴 / 桜むつ子 / 高橋とよ / 深見泰三 / 岩崎加根子 / 佐藤慶
あらすじ20年振りに再会した小料理屋の住み込み女中として働く母(淡島千景)と、松山から上京してきた娘(有馬稲子)の愛憎劇。もともとテレビドラマだった物を水木洋子自身が脚色した作品。 (直人)[投票]
Comments
全6 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5水木洋子の冷淡残酷が極まった傑作。針鼠のジレンマにモズの早贄とは。淡島千景の軽みが悲劇を呼び、有馬稲子の重さがこれを蔓延させている。最悪だ。 [review] (寒山)[投票(2)]
★4故郷を捨てた女は何を期待して、故郷を追われた女のもとを訪れたのだろう。子を育てなかった母(淡島千景)はもはや女でしかなく、娘(有馬稲子)であるはずの女にカタチとしての娘を強要する。互いに「こんなはずではない」関係を手探りながらの依存の果て。 (ぽんしゅう)[投票]
★4にんじんくらぶ製作の本作は松竹というより大映のカラー。有馬稲子は彼女特有の変な台詞回しのクセが薄くて観やすい。 [review] (3WA.C)[投票]
★4淡島千景有馬稲子が親子ってのはちょっと違和感あるが、丁々発止のセリフのやり取りの面白さはさすがの水木洋子脚本と、渋谷実演出。それに応えた主演二人も好演。セットも味があって好き。['04.9.12VIDEO] (直人)[投票]
★3有馬稲子 があまり巧くない。ほんの少しの登場だが、乙羽信子の個性が光る。 (檸檬)[投票]
★3これはちょっと泣きすぎだ。ここまで泣かすことは無い。せっかくの冷え冷えとしたドラマが台無しだ。渋谷実の演出も水木洋子の科白も凄い。しかしこう泣かれると私には駄目だ。女性が泣かない部分のディティールでは、シナリオも演出も厳しすぎる程厳しく圧倒される。 (ゑぎ)[投票]
Ratings
5点1人*
4点4人****
3点3人***
2点0人
1点0人
8人平均 ★3.8(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
次点の歴史 日本映画篇 (ナム太郎)[投票(7)]
Links
検索「もず」[Google|Yahoo!(J)|goo]