コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

わが故郷の歌 (2002/イラン)

Gomgashtei dar Aragh
Marooned in Iraq

[Drama]
製作バフマン・ゴバディ
監督バフマン・ゴバディ
脚本バフマン・ゴバディ
撮影サイード・ニクザート / シャーリアール・アサディ
音楽アルサラン・カムカル
出演シャハブ・エブラヒミ / アッラモラド・ラシュティアン / ファエグ・モハマディ / イラン・ゴバディ / サイード・モハマディ
あらすじクルディスタン・・・国土を持たないクルド人が住む、トルコ、イラン、イラク、シリアにまたがる広大な地域。長く続いたイラン・イラク戦争がようやく終わった頃、イランに住む有名なクルド人歌手ミルザは、かつての妻ハナレが助けを求めているという手紙を受け取った。ハナレはその昔、ミルザを捨て、バンドのメンバーと駆け落ちをし、今はイラクに住んでいるのだった。ミルザは彼女を助けるために、やはり歌手の二人の息子とともに、危険な国境を越え、彼女を助けに行こうとするが・・・。 (プロキオン14)[投票]
Comments
全4 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5これ見よがしのラストシーン・・・だが、良かった。息子達には言いたい放題、やりたい放題の主人公だが、観客は彼らと共に旅をして、主人公の人となりが分かったラストは十分に説得力を持っていた。 [review] (KEI)[投票]
★5クルド人の悲惨な現実を描くためゴバディが用いた手段は笑いと音楽。とにかくその手際の見事さに感心するのだが、そうしていられたのも中盤まで。後半イラク側へ移ってからの描写のその恐ろしさは涙も凍るほどだ。 [review] (ナム太郎)[投票]
★4とにかく、サダム・フセイン政権下のイラクがクルド人に対して行った攻撃の悲惨さが痛烈に伝わってくる作品でした。 [review] (TM(H19.1加入))[投票]
★4深刻な苦境にも、歌って笑い飛ばす強さが、胸を打つ。クルドの民はたくましい。 [review] (プロキオン14)[投票]
Ratings
5点4人****
4点6人******
3点0人
2点0人
1点0人
10人平均 ★4.4(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
対テロ戦争とイスラム主義 (濡れ鼠)[投票(8)]アジア的遊撃者 (ぽんしゅう)[投票(5)]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「わが故郷の歌」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Marooned in Iraq」[Google|Yahoo!]