コメンテータ
ランキング
HELP

シーチキンさんのあらすじ: 更新順

★3マイル22(2018/米)CIAトップエージェントのシルバマーク・ウォールバーグ率いる特殊部隊は、緊急時には辞表を提出し、遠く離れた地点にあるビショップジョン・マルコヴィッチの情報分析チームのサポートを受けて危険な任務をこなしてきた。いま彼らは東南アジア某国の大使館を拠点に紛失した核物質の探索にあたっていた。その在り処を知る警官イコ・ウワイスが亡命と引換えに情報を渡すと現れたが、某国は強行に警官の引渡しを求める。かくて大使館から空港までの22マイルを敵の妨害をはねのけて突破する作戦が開始される。(95分)[投票]
★2エル・クラン(2015/アルゼンチン)軍事独裁政権から民政移管をしつつあった1980年代のアルゼンチンで、情報機関にいた男が一家ぐるみで身代金目的の誘拐を繰り返していたという実話を映画化。(110分)[投票]
★3いのちの山河 〜日本の青空II〜(2009/日)日本国憲法をテーマにした『日本の青空』シリーズ2作目。一年の半分は雪に埋もれる豪雪の地・岩手県沢内村は貧困と病気に悩み、老人の自殺が多く1956年の1才児未満の乳児死亡は11/158人で全国最悪の水準だった。1957年に村長になった深澤晟雄は、憲法第25条をもとに医療・保健対策をすすめ、1961年に日本初の老人と赤ん坊の医療費無料化を実施。1962年には1歳未満の乳児死亡ゼロを全国の市町村で初めて達成した。深澤晟雄の半生を 長谷川初範主演で映画化。(120分)[投票]
★4歌声にのった少年(2015/パレスチナ)2013年アラブ世界のTV公開オーディション「アラブ・アイドル」で、ガザ地区出身のムハンマド・アッサーフが優勝、パレスチナの希望となった。この実話を『オマールの壁』のハニ・アブ・アサド監督が映画化。05年ムハンマドカイス・アタッラーとヌールヒバ・アタッラーの姉弟は友達とバンドを組んで「スター歌手になって世界を変える」と夢見ていた。だがヌールは満足な治療を受けられず帰らぬ人に。7年後、タクシー運転手になっていたムハンマドタウフィーク・バルホームは「絶望に負ける前にここを出たい」とガザを脱け出し「アラブ・アイドル」出場を目指す。(98分) [more][投票]
★4セルジオ&セルゲイ 宇宙からハロー!(2017/スペイン=キューバ)1991年ソ連が崩壊する中、かつてソ連に留学し今はキューバでマルクス主義哲学を教えている大学教授のセルジオトマス・カオは執筆した教科書もなかなか出版されず、ソ連崩壊のあおりによる経済的苦境もあって生活は大変。趣味のアマチュア無線に没入しているとなんと!ソ連宇宙ステーション・ミールに滞在するただ一人の宇宙飛行士セルゲイエクトル・ノアスと交信でき互いの境遇を語り合い友情を深める。しかしセルゲイはソ連崩壊の混乱で地球帰還が相次ぎ延期、妻の誕生日にも帰れず人間の宇宙滞在記録を更新する羽目に。なんとかしてやりたいとセルジオはNYに住む無線仲間のピーターロン・パールマンに相談を持ちかけるが…(93分) [more][投票]
★3葡萄畑に帰ろう(2017/グルジア)ジョージア(旧グルジア)のエリダル・シェンゲラヤ監督が、かつて政界に身を置き同国国会副議長も務めた経験も踏まえて描く風刺劇。ジョージアで新たに大臣に任命されたギオルグニカ・カヴァゼは有頂天になりさっそく大臣用の椅子を特注する。その最初の仕事は国内避難民の追い出しだった。「選挙の前に」と心配するギオルグだが首相は直ちに断固たる措置をとれと迫り、強権的な排除に向かう。おかげで娘との仲も気まずくなり選挙でも大敗。あっという間に大臣を解任されたギオルグに次々と難題が…(99分)[投票]
★5家(うち)へ帰ろう(2017/スペイン=アルゼンチン)アルゼンチンの老仕立て屋アブラハムミゲル・アンヘル・ソラは子ども達に言われてついに家を出て施設へ入ることに。ところがその前夜、思い立ったように彼は最後に仕立てたスーツを持ってポーランドへと旅に出る。急な出立で飛行機はマドリード行しかなく、そこから先は列車の旅だ。マドリードで思わぬトラブルにあい、しかもパリでの乗換えではドイツ経由のルートしかない。ポーランドもドイツも口にしたくない彼はメモでドイツを通らずにポーランドへ行くと言い張る。旅先で出会う人々に助けられながら彼の旅は続く…(93分) [more][投票]
★3笑う故郷(2016/アルゼンチン=スペイン)20代でアルゼンチンの故郷を出て欧州で作家として大成しノーベル文学賞を受賞したダニエルオスカル・マルティネスはそれから5年、隠遁生活をしていたがある日、故郷の町から「名誉市民」の称号を贈るので式典などに出席してほしいと便りが届く。急な知らせだが思い立って40年ぶりに故郷サラスに帰る。そこはブエノスアイレスから700キロ以上離れた田舎町で彼の書く作品はどれもサラスを舞台にしたものだったのだ。短い滞在だが成功者として歓迎され、懐かしい人たちと出会い感傷的にもなるが、一方で・・・(117分)[投票]
★2コスタリカの奇跡 〜積極的平和国家のつくり方〜(2016/米=コスタリカ)中米の国コスタリカは1948年制定の憲法で常備軍を全廃し、軍事予算を教育、福祉、社会保障に回し、同地域では珍しく政治的、社会的安定と経済的発展を実現し、「地球幸福度指数2016」ランキングで世界一に輝いた。そのコスタリカの、常備軍撤廃以降の歩みを、同国の政治家や弁護士など様々な人たちへのインタビューを通じて描くドキュメンタリー。(90分)[投票]
★3バベルの塔(2011/日)2011年3月、東日本大震災によって発生した東京電力福島第一原子力発電所の事故をめぐり、それがもたらした放射能汚染についての研究者(安斎育郎は放射線防護学、小出裕章は京大原子炉実験所助教、深尾正之は原子炉物理学)らへのインタビューと、核燃料再処理施設のある青森県六ヶ所村、福島第一原発から20キロ圏内の「警戒区域」での取材を中心としたドキュメンタリー。ナレーションは小寺弘之。(70分)[投票]
★4ごはん(2016/日)農家の息子だという安田淳一監督が、実家の京都府南部に広がる巨椋池干拓地の水田地帯でロケをした米作りエンタテイメントムービー。東京でOLをしているヒカリ沙倉ゆうのは父の急死で数年ぶりに京都府南部の故郷へ帰る。農家の父井上肇は米作りの名人として知られ近所から、甲子園球場4個分に相当する5町歩もの田んぼをまかされていた。幼い頃に母を亡くし父にわだかまりのあるヒカリは何故、父がそこまでして米作りをしていたのか知るために、父の弟子だというゲン大淵源八の助けをかりて、広大な田んぼで米作りに挑戦する。そんな彼女を老農夫福本清三が見守る。(118分)[投票]
★4エヴァ(2018/仏)盗作により一躍有名作家になったベルトランギャスパー・ウリエルだが、2作目ができる筈もなく、周囲からは事あるごとに催促され辟易していた。ある日、恋人ジュリア・ロワの両親の所有する別荘を訪れた彼は、無断で入り込んでいた男女に出くわす。それは娼婦イザベル・ユペールとその客であった。奔放に振舞う娼婦に興味を持ったベルトランは、再び娼婦と出会う。エヴァと名乗る娼婦の客となり、彼女との出来事を2作目のネタにしようとその常連になるのだが…(102分)[投票]
★3ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018/米)2015年『ボーダーライン』の続編。米国内で自爆テロが発生、その犯人はメキシコ国境を支配する麻薬組織の密入国ビジネスで潜入したとみた国防総省は、それらの麻薬組織を「テロ組織」と認定、その壊滅のためCIA工作員マットジョシュ・ブローリンに極秘の非合法工作を命じた。かくてマットは再び麻薬組織に恨みをもつ凄腕のアレハンドロベニチオ・デル・トロと組んで、麻薬組織同士を戦争させるため一方の幹部を殺害し、他方のボスの娘イザベルイザベラ・モナーを誘拐するが、思わぬ裏切りにあい…(122分) [more][投票]
★4大人のためのグリム童話 手をなくした少女(2016/仏)フランスのアニメーション作家セバスチャン・ローデンバックがグリム童話の一編「手なし娘」を自ら監督したった一人ですべて作画したアニメ。貧しく飢えた父親は「富を与える」という悪魔の誘いにのり一人娘を奪われることになってしまう。さらに悪魔にそそのかされて娘の両手を斧で切断してしまった。かろうじて逃げ延びた娘は、とある王子と出会い幸せになるかと思えたが、悪魔は娘を手に入れようとある策略を仕掛けるのだった…(80分)[投票]
★4search/サーチ(2018/米)デビットジョン・チョウは妻に先立たれ高校生になった娘と二人暮らし。娘から友達と勉強会で「徹夜になるかも」と電話があったが、翌日になっても連絡が取れない。「今日はピアノレッスンか」と教室に電話するとなんと!半年前に娘は退会していた。毎週レッスン料を渡していたのに…とショックを受けながらも警察に娘が行方不明だと連絡、じきに担当刑事がきて娘の友達などに話を聞いてくれと…改めて言われて連絡先を知らないデビットは娘のノートPCを開いてSNSやらにアクセスするがそこには彼の知らない娘の姿が・・・全編、テレビ電話や動画配信サイトやら写真投稿サイト、各種SNSなどPCモニター上だけで進む斬新な演出が話題に。(102分)[投票]
★3運命は踊る(2017/イスラエル=独=仏=スイス)イスラエルで暮らすミハエルリオル・アシュケナージダナフサラ・アドラー夫妻の下にある朝、軍からの使者が息子ヨナタンヨナタン・シレイが戦死したと告げる。ダナフはショックで気を失いミハエルも激しく動揺する。午後に訪れた軍の係官から葬儀の次第を伝えられるが遺体を見る必要もないと言われ、遺体も残っていないのではと衝撃を受ける。ところが夕方、軍から同姓同名の兵士との間違いで息子ヨナタンは健在だと連絡。怒りまくったミハエルは息子をここへ連れて来いと軍幹部に詰め寄る。一方ヨナタンは北部国境近くで往来者も少ない小さな検問所で仲間たちと任務についていたが…(113分) [more][投票]
★3嘘はフィクサーのはじまり(2016/イスラエル=米)自称「フィクサー<仲介屋>」でNYのユダヤ人社会をウロウロし、大物投資家とコネをつくろうと目論むノーマンリチャード・ギアは今日も「彼を知っている、妻がベビーシッターをしていたんだ」と言って、方々に話を持ちかけていた。たまたま参加したセミナーで何番目かの講師として登場したイスラエルの政治家エシェルリオル・アシュケナージを見かけてやや強引だが超高級靴をプレゼント。その3年後、相変わらずなノーマンだがなんと!エシェルはイスラエル首相となってNYを訪問、ノーマンと再会し「君をNY名誉大使にする」と!俄然、注目を集めたノーマンだが…(118分)[投票]
★3スカイライン 奪還(2017/英=中国=カナダ=インドネシア=シンガポール=米)2011年6月日本公開の『スカイライン 征服』の続編。前作で製作・脚本だったリアム・オドネルが監督と脚本をつとめる。突如、ロスに現れた飛行物体によって青い光を見た人間は次々に吸い上げられていった。刑事マークフランク・グリロは息子とともに宇宙船に取り込まれたものの、かろうじて脱出した。しかしその時、飛行物体は新たな人間を求めてラオス上空に移動していた。かくてマークは反政府武装勢力のリーダー・スアイコ・ウワイスらと合流し、謎の飛行物体を操るエイリアンに戦いを挑む。(106分)[投票]
★3ヒトラーと戦った22日間(2018/露=独=リトアニア=ポーランド)1943年10月ポーランドにあった、アウシュビッツと並ぶナチスのユダヤ人絶滅のためのソビボル収容所において、新たに収容されたソ連軍人がリーダーとなって収容者全員の脱出計画が決行された。この史実を映画化。(118分)[投票]
★3散り椿(2018/日)葉室麟の同名小説を木村大作監督・撮影で映画化。扇野藩に8年前、藩上層部の不正を訴えでたが逆に放逐され藩を出た瓜生新兵衛岡田准一が戻ってくる。妻・篠麻生久美子が亡くなる直前に託した、平山道場の四天王と呼ばれ共に剣の腕を磨いた榊原采女西島秀俊を助けてほしいという願いを果たすためだった。かつて采女は篠と縁組をする話もあったが破談になり、さらにその父は不正の嫌疑をかけられたまま暗殺されていた。一方、藩政を牛耳る城代家老石田奥田瑛二は若君の側用人として何かと自分に楯突く采女を忌々しく思っていた…(112分)[投票]