コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

幻の女 (1944/)

Phantom Lady

[Crime/Mystery]
製作ジョーン・ハリソン
監督ロバート・シオドマク
脚本バーナード・C・ショーンフェルド
原作ウィリアム・アイリッシュ
撮影エルウッド・ブレデル
音楽ハンス・J・サルター
衣装ケネス・ホプキンス / ヴェラ・ウェスト
出演エラ・レインズ / フランチョット・トーン / アラン・カーティス / トーマス・ゴメス / フェイ・ヘルム / アウロラ / エライシャ・クックJr. / レジス・トゥーミー
あらすじ舞台は現代アメリカ。妻と口論になり、バーで独り酒を飲んでいた土木技師のスコット(アラン・カーティス)は、そこで知り合った見知らぬ女と名前を言わないという条件で劇場鑑賞を共にする。しかしその後帰宅したスコットを待っていたのは何者かに殺害された妻の死体だった。逮捕されたスコットはアリバイを証明しようとするが、その日会った人々は何故か口を揃えて「そんな女は見なかった」と証言…スコットの有罪が確定してしまう。彼の無罪を信じる秘書のキャロル(エラ・レインズ)は独自に女の行方を捜すが…。『裏窓』、『黒衣の花嫁』の作家コーネル・ウールリッチの同名小説を映画化したサスペンスミステリー。(本篇87分) (ガブリエルアン・カットグラ)[投票(1)]
Comments
全3 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5光と影の刺激的なコントラスト。BGMをほとんど使わないことで演出する強烈なサスペンス。余計な場面の大胆な削除(速記録と傍聴席しか映さない裁判シーンが圧巻)…ロバート・シオドマク監督の手腕が光る傑作。クライマックスはアッと驚く衝撃だ。 (ガブリエルアン・カットグラ)[投票]
★4主人公は容疑者・アラン・カーティスかと思わせておいて、プロットを秘書のエラ・レインズに引き継ぐのだが、彼女の探偵物語になってからが断然いい。バーテンダー尾行シーンの濡れた舗道。列車のホームの夜の表現、見事な情感創出だ。 [review] (ゑぎ)[投票(2)]
★3原作をだいぶ変えちゃって、倒徐ものにしたね。その分サスペンスにはなったが、原作の心理的、どんでん返しがなくなり平板になっちゃった。迫力、ワクワク、怖さ、スリルがないままエンド。主役の女性が断然きれいなのが救い。 (セント)[投票]
Ratings
5点1人*
4点5人*****
3点2人**
2点0人
1点0人
8人平均 ★3.9(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
ドイツ映画史と映画で観るドイツ史 (町田)[投票(5)]−ビデオ・DVD発売希望のサスペンス・ホラー映画− (kawa)[投票(4)]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「幻の女」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Phantom Lady」[Google|Yahoo!]