コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ジュピターズ・ムーン (2017/ハンガリー)

Jupiter Holdja
Jupiter's Moon

[Drama/SciFi]
製作総指揮エステル・ギャールファシュ / ジュリア・ベルケス
製作ヴィクトリア・ペトラニー / ヴィオラ・フーゲン / ミヒャエル・ヴェーバー / ミヒェル・メルクト
監督コルネル・ムンドルッツォ
脚本カタ・ヴェーベル
撮影マルツェル・レーヴ
美術マートン・オー
音楽ジェド・カーゼル
衣装ザビーネ・グロイニヒ
特撮ハイコ・ティペルト
出演メラブ・ニニーゼ / ギェルギ・ツェルハルミ / ジョンボル・イェゲル / モーニカ・バルシャイ
あらすじ父と二人でシリアを脱出し難民としてハンガリーにたどり着いたアリアンジョンボル・イェゲルは銃撃を受けたことがきっかけになったか、重力がないかのように空中に浮揚しさらに傷まで治してしまった。難民キャンプに来ていた医師のシュルテンメラブ・ニニーゼは医療ミスで失ったキャリアを取り戻すため多額の賠償金を背負っていたが、彼を診察しその天使のような「力」を利用して金儲けを企み彼を違法に難民キャンプから連れ出すのだが、やがて追跡の手が迫ってくるのであった。(128分) (シーチキン)[投票]
Comments
全6 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4はからずも神の宣託を受けた不安顔の天使は、さまようヨーロッパの処方箋を自らの肉体で啓示する。国境や駅、街中の地を這うカーチェイスの逃走劇としての高速の横移動と、森林・屋内・市街地での危機回避の脱出劇としての浮遊の縦移動が活劇として対比される。 [review] (ぽんしゅう)[投票(1)]
★4西の方の遠い遠いお国で起こっている出来事なので、これが事実にどれだけ即しているのかよくわからないんだけど、天使ってものがどれだけ重要なのかわからないんだけど。 [review] (K-Flex)[投票(1)]
★3主人公の少年(というより青年ですね、'91年生まれの今27歳)と、中年医師との交流で、もっと心打たれるストーリーかと思ったが、見終わった私の心は、宙に浮いたまま。 [review] (プロキオン14)[投票]
★3空中浮揚シーンが売りの映画で、それはそれで面白かったのだが、一番見応えがあったのは市街地でのカーチェイスだったという。 [review] (シーチキン)[投票]
★3ベルイマンやフェリーニが「神の不在」を謳って半世紀以上。いまやヨーロッパの「神の不在」は深刻らしい。 [review] (ペペロンチーノ)[投票]
★2カットを割らないのじゃなく割れないのじゃないか、という「長回し」。宙ぶらりんの印象に逢着するだけの主人公のいない寓話の非人称は、対象への誠実を欠くその意味で、映画的な頽廃であるのみならず主題的な頽廃でもあるのじゃないか。統御可能であるようで不能であるような「浮遊」の「恩寵」は、なんなら一度きりでこそ。 (ハイタカ)[投票]
Ratings
5点0人
4点3人***
3点3人***
2点1人*
1点0人
7人平均 ★3.3(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「ジュピターズ・ムーン」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Jupiter's Moon」[Google|Yahoo!]