コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

熱砂の秘密 (1943/)

Five Graves to Cairo

[Comedy/Mystery]
監督ビリー・ワイルダー
脚本ビリー・ワイルダー / チャールズ・ブラケット
原作ラヨシュ・ビロ
撮影ジョン・F・サイツ
美術ハンス・ドライアー / エルンスト・フェジッテ
音楽ミクロス・ローザ
衣装イーディス・ヘッド
出演フランチョット・トーン / エリッヒ・フォン・シュトロハイム / アン・バクスター / ペーター・ファン・アイク / エイキム・タミロフ / フォーチュニオ・ボナノーヴァ
あらすじ1942年。第2次大戦下の北アフリカ。独軍の侵攻に為す術なく敗走する英軍の生き残りプランブル伍長(フランチョット・トーン)は砂漠の中の一軒のホテルにたどり着く。そこには逃げ遅れた支配人ファリド(エイキム・タミロフ)と仏人の女中ムーシュ(アン・バクスター)が残っていた。まもなく独軍がやってくると追い出そうとする2人であったが時遅く一個大隊が到着。やむなく死んだ給仕に変装するプランブルであったが、隊を率いるのは砂漠の狐の異名をとるロンメル将軍(エリッヒ・フォン・シュトロハイム)。しかも、給仕はドイツ軍のスパイであったというのだ…。ワイルダーブラケットコンビの第7作。 (けにろん)[投票]
Comments
全4 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4大戦秘話のような説話チック体裁がワイルダー独壇場だし出入りのサスペンスも冴えわたる。シュトロハイムのカリスマも実在人物の介入を迷彩した。小道具使いも良く、特に日傘は後年の『SHの冒険』のラストに直結する哀惜のロマンティシズムだ。 (けにろん)[投票(1)]
★4あのロンメル将軍の戦いを箱の中に持ってきて料理してしまう腕はさすがワイルダー。 [review] (TO−Y)[投票(1)]
★4ワイルダーの最高傑作は、これか『地獄の英雄』か『ねえ!キスしてよ』だと思っているのだが、この映画はそれくらい「面白い」のみならず、映画的だ。ワイルダーはルビッチ の直系の弟子なのだから、これくらい画面で勝負する映画をもっと作ってしかるべきだと思うのだが。 [review] (ゑぎ)[投票(1)]
★3無理矢理なスパイ物をリアルタイムらしいテンパった正義感でゴリゴリ押し切った印象。小ネタは愉しい。扉の上窓から落ちる銃とか、ライトだけで示される暗がりの乱闘とか、さんざ茶化されるイタリア将軍とか。 (寒山)[投票]
Ratings
5点0人
4点3人***
3点4人****
2点0人
1点0人
7人平均 ★3.4(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
蓮實重彥ベスト141 (寒山)[投票(5)]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「熱砂の秘密」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Five Graves to Cairo」[Google|Yahoo!]