コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] なつかしい風来坊(1966/日)
- 更新順 (1/1) -

★5有島とハナの補完し合う、いわば二人で一人という関係性が、映画をコクのあるものにしている。森崎脚本、初期の傑作。 [review] (寒山)[投票(2)]
★5余りにも々素直な作品で、最近のひねくれた作品に慣らされた自分はスレたストーリーなんぞを先読みしたりして、後で赤面してしまうこと、多々だった。こういう映画もいいんじゃないですか。 (KEI)[投票]
★3おっとその乳首ダブル。 (黒魔羅)[投票]
★4有島一郎が痔主の気の弱いサラリーマンを演じて、出色の出来。そして、彼がその生き方に憧れる風来坊・ハナ肇がいつになく好漢。松竹=山田洋次路線のハナ肇喜劇への偏見を改めざるを得ない一本だった。倍賞千恵子も飾り気がない娘で嫌味がない。 (水那岐)[投票(1)]
★4安心して観られる安定感。でも、 [review] (takud-osaka)[投票]
★3巻頭、満員電車に揺られる有島一郎のオフのモノローグ「私はその頃痔を病んでいた」が忘れられない。この頃の山田洋次は良かったと思う。いかにもありきたりの話しだが、何よりハナ肇の風来坊が素晴らしいし、倍賞千恵子のヒロイン像の切なさも良い。 (ゑぎ)[投票(1)]
★3笑わせて泣かせる人情喜劇の定石を踏まえた安定感。意外性を求めるなんてできないが、愛すべき風来坊。 (マッツァ)[投票]