コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

なつかしい風来坊 (1966/)

[Drama/Comedy]
製作脇田茂
監督山田洋次
脚本山田洋次 / 森崎東
撮影高羽哲夫
美術重田重盛
音楽木下忠司
出演ハナ肇 / 倍賞千恵子 / 有島一郎 / 中北千枝子 / 真山知子 / 山口崇 / 久里千春 / 松村達雄 / 市村俊幸
あらすじツツガ虫こと早乙女(有島一郎)は痔の痛みに耐えかねて役所を早退した日、酔っ払い(ハナ肇)に電車の席を譲られて冷や汗をかいた。二度と逢うとは思わなかったその男に、同僚の送別会ののちタクシー乗り場で出くわしたツツガ虫は、彼の名が源五郎と知る。意気投合して呑み続け、自宅に同行した源五郎は品のいい家族のヒンシュクを買うが、次の朝彼は奄美大島に渡っていった。そして案の定また現われた源五郎は、大工仕事を何でもこなして近所の主婦連の人気を得るが、自殺未遂の娘・愛子(倍賞千恵子)を家に運び込んで大騒ぎになる。〔松竹/90分/カラー/ワイド〕 (水那岐)[投票(1)]
Comments
全7 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5有島とハナの補完し合う、いわば二人で一人という関係性が、映画をコクのあるものにしている。森崎脚本、初期の傑作。 [review] (寒山)[投票(2)]
★5余りにも々素直な作品で、最近のひねくれた作品に慣らされた自分はスレたストーリーなんぞを先読みしたりして、後で赤面してしまうこと、多々だった。こういう映画もいいんじゃないですか。 (KEI)[投票]
★4有島一郎が痔主の気の弱いサラリーマンを演じて、出色の出来。そして、彼がその生き方に憧れる風来坊・ハナ肇がいつになく好漢。松竹=山田洋次路線のハナ肇喜劇への偏見を改めざるを得ない一本だった。倍賞千恵子も飾り気がない娘で嫌味がない。 (水那岐)[投票(1)]
★4安心して観られる安定感。でも、 [review] (takud-osaka)[投票]
★3巻頭、満員電車に揺られる有島一郎のオフのモノローグ「私はその頃痔を病んでいた」が忘れられない。この頃の山田洋次は良かったと思う。いかにもありきたりの話しだが、何よりハナ肇の風来坊が素晴らしいし、倍賞千恵子のヒロイン像の切なさも良い。 (ゑぎ)[投票(1)]
★3おっとその乳首ダブル。 (黒魔羅)[投票]
★3笑わせて泣かせる人情喜劇の定石を踏まえた安定感。意外性を求めるなんてできないが、愛すべき風来坊。 (マッツァ)[投票]
Ratings
5点2人**
4点2人**
3点5人*****
2点0人
1点0人
9人平均 ★3.7(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
検索「なつかしい風来坊」[Google|Yahoo!(J)|goo]