コメンテータ
ランキング
HELP

プロキオン14さんの人気コメント: 更新順(1/31)

人気コメント投票者
★4キングコング:髑髏島の巨神(2017/米)とりあえず、エンドロールが終了しても、席は立たないほうが良いようです。 [review]ロープブレーク, 代参の男[投票(2)]
★4エンドレス・ポエトリー(2016/仏=チリ=日)初ポドロフスキーの私。アーティスティックなだけで、つまらなかったら困ると思っていたら、ちゃんと最後まで、楽しい映画でした。 [review]ゑぎ[投票(1)]
★3マイティ・ソー ダーク・ワールド(2013/米)相変わらず「主役の器ではない」ソーの横で、前作や「アベンジャーズ」に引き続き、ロキが映画を支えている。 [review]ロープブレーク[投票(1)]
★5KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016/米)内容的には4点でもいいのだが、ライカスタジオの「熱意」に感動しました。★5を献上いたします。 [review]ぽんしゅう, けにろん[投票(2)]
★3バリー・シール アメリカをはめた男(2017/米)ここ数年、個人的にはトムの映画はハズレがなかったが、今年の二作は、どちらも今一つでした。 [review]Miyapon02[投票(1)]
★4シチズンフォー スノーデンの暴露(2014/米=独)ちょっと後に公開された『スノーデン』と両方みると、お互いに補完されて、なお判りやすい。そしてスノーデン自身が、俳優並に男前。 [review]死ぬまでシネマ[投票(1)]
★3ブルーム・オブ・イエスタディ(2016/独=オーストリア)あまりにも主役二人がエキセントリックすぎて、見ながら「引いた」のは確か。 [review]水那岐[投票(1)]
★4IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017/米)1990年版は未見。なかなかにビビってしまう映画。子供がみたら、軽くトラウマになるレベル。 [review]サイモン64[投票(1)]
★4遥かなるクルディスタン(1999/トルコ=オランダ=独)国土を持たないクルド人たちの、身を寄せる場所のない孤独さ。そして、故郷探し。 21世紀になっても、何も変わらない現状に、やるせない気持ちになります。 [review]濡れ鼠[投票(1)]
★3ドリーム(2016/米)おそらく「邦題変更」のニュースでこの映画を知った人も多いはずだ。『ドリーム』という邦題も夢があっていいのですが、短すぎて、すぐに忘れてしまいかねない。 [review]水那岐[投票(1)]
★5アンダーグラウンド(1995/独=仏=ハンガリー)今作の「通常版」と、『黒猫・白猫』を同日に映画館で鑑賞。どっしりと重く、充実した、最高の一日になりました。「昔、ある所に国があった」というフレーズが泣けます。 [review]ロープブレーク[投票(1)]
★3ラストミッション(2014/米)びっくりするぐらい「リュック・ベッソン」らしい映画。 [review]KEI[投票(1)]
★4パターソン(2016/米)パターソンという街の主人公パターソンを演じるのは、路線バスのドライバー役のアダム・ドライバー。多分狙ってるね。 [review]水那岐[投票(1)]
★5ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014/米)記念すべきシネスケmyコメント1000件目をこの映画に捧げます。エンドロール後に恒例の「次回予告?」がありますので、これから見る方は、そこまで見てね。 [review]ロープブレーク, セント, サイモン64, ギスジ[投票(4)]
★4ベイビー・ドライバー(2017/米)なかなか音楽にこだわった映画。選曲も懐かしい曲満載。それよりも気になったのがジョン・ハムだったのは驚いた。 [review]ゑぎ, 3819695, けにろん[投票(3)]
★4ダンケルク(2017/英=米=仏)実は『インターステラー』があまり私の中でピンとこなかったので、「ノーランの戦争もの?」とちょっと心配していたが、イメージしていたものとはだいぶ違った。 [review]まー, サイモン64[投票(2)]
★4ローサは密告された(2016/フィリピン)なかなか激しい映画でした。麻薬の販売も、警官たちも、そうやって生きるしかないのか。 [review]けにろん[投票(1)]
★4沈黙 -サイレンス-(2016/米)「点数をつける」という評価に迷う作品。第一印象は「リーアム・ニーソンが、ずいぶん久しぶりにアクションじゃない映画に出てる」でした(そこかい!)。 [review]IN4MATION[投票(1)]
★3プロメテウス(2012/米)とにかく予告編からイメージできたそのままの映画。セロンだけ素敵だ。 [review]pom curuze, カルヤ[投票(2)]
★3ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017/日)原作大好きの私が、実写映画化ニュースを耳にした時の「危惧」は、そのままスクリーンに映っていた。 [review]けにろん[投票(1)]