コメンテータ
ランキング
HELP

甘崎庵さんのコメント: 更新順

★3鋼鉄の巨人 怪星人の魔城(1957/日)ストレートなヒーローものだけど、石井輝男だけにどことなく怪奇風なのが面白い。 [review][投票]
★4バーフバリ 伝説誕生(2015/インド)もの凄く金をかけた70年代東映アクションを見せられた感じ。最高だ。 [review][投票]
★3グレイテスト・ショーマン(2017/米)これじゃ短すぎ。 [review][投票(1)]
★4スリー・ビルボード(2017/米=英)人を赦すことは決して偽善ではないことをはっきり示した。 [review][投票(3)]
★4洲崎パラダイス 赤信号(1956/日)ドキュメンタリー以上のリアリティが本作にはある。 [review][投票]
★4スパイナルタップ(1984/米)古き良きロックの時代。こう言う情報をいち早く仕入れて人に話すのが楽しかったことを思い出す。 [review][投票]
★3デトロイト(2017/米)描き方が冷静すぎて不完全燃焼。 [review][投票(1)]
★4スターリングラード(1993/独)ドイツにとっては最も忌まわしい戦いをドイツ人が作ったことに意義がある。 [review][投票]
★3スリーメン&ベイビー(1987/米)オリジナルのピリっとしたエスプリを普遍的な笑いに上手く転換出来てる。 [review][投票]
★3キングスマン:ゴールデン・サークル(2017/英)最初の20分までは名作の期待が高かったんだ。 [review][投票]
★4スター・ウォーズ 最後のジェダイ(2017/米)これまでの神話の世界を全否定。人間の世界へと足を踏み入れた記念すべき第一作。 [review][投票]
★4オリエント急行殺人事件(2017/米)ルメット版と並べて観れば、確実に本作の方に軍配は上がる。だが本作では物足りなさを感じるのも確か。 [review][投票]
★3ジャスティス・リーグ(2017/米)作品として決して悪いわけじゃないし、多分とても理想的なヒーロー映画の形なのだが、プラスアルファがなかったお陰で、現代のヒーローものの中では凡作になってしまった。 [review][投票]
★5KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016/米)これほどメイキングで楽しませてくれる作品もない。 [review][投票]
★3GODZILLA 怪獣惑星(2017/日)総じて言うなら、「悪くは無いけど消化不良」と言ったところだろうか。 [review][投票]
★4ブレードランナー 2049(2017/米=英=カナダ)とても丁寧な作りで、続編としては申し分なし。でも、丁寧に作られれば作られるほど「コレジャナイ」感が増す。 [review][投票]
★4アウトレイジ 最終章(2017/日)なるほど前2作でやり残したことが一つだけあったのか。最後でやっと気がついた。 [review][投票]
★4僕のワンダフル・ライフ(2017/米)本作を観る半年ほど前に犬を飼い始めてしまったお陰で涙腺崩壊。 [review][投票]
★3エイリアン:コヴェナント(2017/米=英)ツッコミどころ満載なのだが、ツッコミいれるのが楽しくない。それだけ『エイリアン』への思いが強いことを再認識した。 [review][投票(1)]
★4ダンケルク(2017/英=米=仏)こんな画面映えしにくい素材をちゃんと映画に出来たところが見事。 [review][投票]