コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

リュミエール! (2016/)

Lumiere!

[Documentary]
製作ティエリー・フレモー / ベルトラン・タヴェルニエ
監督ティエリー・フレモー
脚本ティエリー・フレモー
音楽カミーユ・サン・サーンス
あらすじシネマトグラフの発明により、現在の映画興行の形式を確立し「映画の父」と呼ばれるルイ・リュミエールオーギュスト・リュミエール兄弟の作品を読み解くドキュメンタリー。1895年から1905年の10年間に製作された1422本の短編(1本約50秒)から108本を厳選。演出、移動撮影、トリック、リメイクといった映画技術や、家族、都市、交通、芸能、庶民生活、労働、異国といったテーマを通じて現在の映像文化の萌芽となる事象が全11章の構成で検証される。監督・脚本・プロデュース・編集・ナレーション(日本語版:立川志らく)は、カンヌ国際映画祭総代表でリュミエール研究所ディレクターのティエリー・フレモー。(4Kデジタル修復版/90分) (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全3 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★550秒の短編108本と聞いて教科書的退屈さを懸念するも、過剰さを廃し要点を簡潔に示唆するナレーションが、観る側のさらなる興味と思考を刺激する至福の時を過ごす。理にかなった演出術に、リュミエール映画とはただの撮りっぱなし映像だと誤解していた自分を恥じる。 [review] (ぽんしゅう)[投票(3)]
★4映画の根本的な映像をあらゆる角度から論じ、試し、確立した映画(集)である。しかもそれぞれ50秒。ところがその一つ一つが短くもなく、長くもない。見事一本の映画なのである。すなわち我々は108本の映画を見たことになる。 [review] (セント)[投票]
★3100年前の世界に連れていってもらえたような気がしてその点はうれしくもあり、興味深くもあった。ただ解説のナレーションが余りに鬱陶しい。 [review] (シーチキン)[投票]
Ratings
5点2人**
4点2人**
3点1人*
2点0人
1点0人
5人平均 ★4.2(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「リュミエール!」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Lumiere!」[Google|Yahoo!]