コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ニーベルンゲン 第二部 クリームヒルトの復讐 (1924/)

Die Nibelungen: Kriemhilds Rache
Kriemhild's Revenge

[Drama/Adventure/Fantasy/Silent]
製作エリッヒ・ポマー
監督フリッツ・ラング
脚本フリッツ・ラング / テア・フォン・ハルボウ
撮影カール・ホフマン / ギュンター・リッタウ / ヴァルター・ルットマン
美術オットー・フンテ / カール・フォルブレヒト / エーリヒ・ケッテルフート
音楽ゴットフリート・フッペルツ
衣装パウル・ゲルト・グデリアン / ハインリヒ・ウムラウフ
出演マルガレーテ・シェーン / テオドール・ロース / ハンス・アダルベルト・シュレットウ / ルドルフ・リッター / エンネ・レットゲン / フーベルト・ハインリヒ / フリッツ・アルベルティ / ゲオルク・アウグスト・コッホ / ルドルフ・クライン・ロッゲ
あらすじ(承前)英雄ジークフリートとブルグント国王グンターの妹クリームリヒトは一目惚れで結婚したが、妬み心の強いグンターの妻(妃)ブルンヒルトは、公衆の前でクリームリヒトを侮辱しようとして、逆に怒った彼女に、その場で重要な秘密―妃自身も知らなかった、妃の最初の男はジークフリートだったこと(本当は違うのだが)―を暴露される。王家の恥辱をそそぐ、と忠臣ハーゲンは、ジークフリートの暗殺を計画。彼の弱点をクリームリヒトをだまして聞き出し、暗殺に成功。夫の死体の前で、騙されたと気付いたクリームリヒトはハーゲンに復讐を誓う。 (次は第2部だ) [more] (KEI)[投票]
Comments
全3 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4下世話な話としての「ニーベルンゲンの歌」。 [review] (KEI)[投票]
★3原作と異なる結末に女流脚本家テア・フォン・ハルボウのゲルマン女魂が漲る。ラングとしては自国版『イントレランス』を遣りたいってそれだけだったんだろうが、フン族の城門の造型、その炎上は中々に壮観であった。見応えのある二部作。 [review] (町田)[投票(1)]
★2クリムトの絵画のようなクリームヒルトを中心に描かれるが、第1部に比して登場人物の内面的描写が増え、その結果くどくなる。大時代に過ぎるからだ。シンメトリーを活かした構図の美しさは第1部と同様。階段を使った演出はとても冴える。大火はこの時代から映画の華。 (ジェリー)[投票]
Ratings
5点1人*
4点2人**
3点5人*****
2点1人*
1点0人
9人平均 ★3.3(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「ニーベルンゲン 第二部 クリームヒルトの復讐」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Kriemhild's Revenge」[Google|Yahoo!]