コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

(1926/)

Sparrows

[Drama]
監督ウィリアム・ボーディン
脚本C・ガードナー・サリヴァン
原作ウィニフレッド・ダン
撮影チャールズ・ロシャー / ハル・モーア / カール・ストラス
美術ハリー・オリバー
出演メアリー・ピックフォード / ロイ・スチュワート / グスタフ・フォン・セイファーティッツ / シャーロット・ミノー
あらすじ沼の奥に怪しげな託児所!がある。片手片足が悪い悪党グライムズがやっている。手紙、「病気で養育費が払えません。すみません。ところで悪い噂を聞きましたが・・・」読んで破り、同封の人形と一緒に沼へ捨てる。そして、手伝いが欲しいという男に一人の子供を売る。10人ばかりの子供に交じって最年長の子が皆の世話をしている。いつも明るいお下げのモリーだ。やがて、グライムズは誘拐犯に手を貸して、預かった金持ちの赤ん坊をモリーが世話をすることになるのだが・・・。この地獄からモリーと子供たちは抜け出せるのでしょうか。 [more] (KEI)[投票]
Comments
全3 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5暗い話だが、逆に明るささえ感じる。モリーというキャラのせい−魅力あるキャラクターがどれだけ重要かということだ。明るく楽しくくじけず健気、すっとぼけてもいる。昨今「勇気を貰う」なんて言葉の氾濫で私なぞ貰い過ぎてアップアップしているが、改めて本当に勇気を貰った。 (KEI)[投票(2)]
★5これは大傑作だ。こんなに手に汗握る冒険映画は今では全く作られていない。心底ハラハラした。掛け値無しで面白い。ちょっと信じがたいほど面白い。このような映画が現在作られていないのは映画人が皆映画製作に命をかけていないからだ。 (ゑぎ)[投票]
★4メアリー・ピックフォード演じる少女に聖母マリアを重ねて信仰心の大切さを説いた子供から大人まで楽しめるファミリー向けアドベンチャーなのだろう。物語の展開、人物の個性と挙動、カット割りと編集。どれをとっても“分かりやすさ第一”の演出見本のようだ。 [review] (ぽんしゅう)[投票]
Ratings
5点2人**
4点2人**
3点0人
2点0人
1点0人
4人平均 ★4.5(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
わたしの愛した丸顔女優たち (寒山拾得)[投票(6)]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「雀」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Sparrows」[Google|Yahoo!]