コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] バルジ大作戦(1965/米)
- 更新順 (1/1) -

★4これは悪くない。こういう戦争大作映画は大規模なスペクタクルシーンに頼りがちであるが、ケン・アナキンは役者の細かい動作もちゃんと意識して演出している。だから面白い。シネマスコープ(正確にはシネラマか)を生かした奥行きのある画面や横移動も素晴らしい。 [review] (Sigenoriyuki)[投票(1)]
★3愚直ヘスラー大佐がちゃんちゃらおかしい戦争活劇の火の中をただ突き進む。チャールズ・ブロンソンはそのまままブロンソン。雪原の行進が見所だが、それが全てか。 (chilidog)[投票]
★3上層部がお馬鹿なのはドイツも連合も同じ。割を食うのは最前線の兵隊たちってことか。ドイツ人よりもドイツ人らしい(?)ロバート・ショウにウットリ。 (FreeSize)[投票]
★32時間半の長尺を壮大なスケールと小気味良いアクションで見せきってしまう手腕を持ちながら、職業軍人・ロバート・ショウの悲しい狂気や情報収集職人ヘンリー・フォンダのプライドといった人間臭さが描けない大味監督ケン・アナキン。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
★3戦車と軍曹がいれば映画は作れるんだ。 [review] (たかやまひろふみ)[投票(2)]
★3戦車と火力、後には何が? (タモリ)[投票]
★0今でもラストだけはなんとなく覚えている。 [review] (shaw)[投票(2)]
★3車両や爆薬やエキストラにすごくカネを使ってます。もうちょっとゴア・エフェクトの方に費用をまわして欲しかったな。 (黒魔羅)[投票]
★3トルクメンの歌。耳に残るんだよね。 (Osuone.B.Gloss)[投票]
★3「あばよ相棒、元気でな」愛する人にそう言い残し、再び戦場に向かうガフィ軍曹、男です。戦車戦は圧巻ですがドイツ軍がヘボ過ぎです。 (Lycaon)[投票]
★2ただの戦争映画の上に最後がひどい。監督さん疲れちゃったのかな? (高橋慶彦)[投票]
★3たたき上げの軍人ぽいロバート・ライアン。ドイツ軍人をよく写し取ったロバート・ショウ。それに比べてヘンリー・フォンダは何? (ジェリー)[投票]
★4ロバート・ショウがいかにもドイツ軍人てかんじでかっこいい。戦車が大平原を行軍するさまは圧巻。 (ハム)[投票(1)]
★3雪の中を進む戦車軍が壮観な「ワールド・ウォーズ−帝国の逆襲−」または「アナキンのエピソード2」。 [review] (おーい粗茶)[投票(1)]
★2うーん、うーん。右下がりでラストは…。前半はいい感じだったのに。 (さむさむらい)[投票]