コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

スパイナルタップ (1984/)

This Is Spinal Tap

[Comedy]
製作カレン・マーフィ
監督ロブ・ライナー
脚本ロブ・ライナー
撮影ピーター・スモークラー
音楽ロブ・ライナー
出演クリストファー・ゲスト / ロブ・ライナー / マイケル・マッキーン / ビリー・クリスタル / アンジェリカ・ヒューストン
あらすじ 架空のロック・バンド「スパイナルタップ」の活動を追ったドキュメント。知名度を高めていくスパイナルタップにロブ・ライナーがインタビュー。メンバーはバンドの歴史を語り、自分たちのことを話す。「あれは悲しい事故だったよ」「(マーシャルに向かって)俺のはボリュームが○○まであるんだ」「(ゴールドトップを抱きながら)こいつは御機嫌さ」 そんなこんなで順風満帆に見えるタップ。だが、ボーカル君の彼女がバンドに合流することになり、だんだん雲行きがあやしくなっていく。全編でビートルズを嘲り、ストーン・ヘンジーでエアロ・スミスをおちょくり、暇さえあれば何かをおちょくり、最終的にバンドは何処へ向かうのか? [more] (prick)[投票(2)]
Comments
全11 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5ギター役の人、ジェフ・ベックに似てる。 (prick)[投票]
★5ビートルズをおちょくりたいんだと思う。つまり。 (しもしも)[投票]
★4古き良きロックの時代。こう言う情報をいち早く仕入れて人に話すのが楽しかったことを思い出す。 [review] (甘崎庵)[投票]
★4 これは、ロック好きでロック雑誌を欠かさず読んでいたような人間にとっては最高に楽しめる映画ですね。 [review] (TM(H19.1加入))[投票]
★4こういう隠しドキュメンタリーは容易に作れるものではない。如何に嘘っぱちを本当のように見せるかが決め手。大昔のネオ・レアリズモもそうだった。リアルな「嘘」を追求するロブ・ライナーの才気が全編に迸る。 (SODOM)[投票]
★4一言で説明すれば、愛情がたっぷりつまった「ミュージシャンは馬鹿ばっか」という映画。特にロック通ではなくとも、常識さえあればちゃんと笑えます。 (tredair)[投票]
★4わらったわらった。ミュージシャンにこの映画のファンが多いのも納得。 (tacsas)[投票]
★3ライナーのデビュー作。なんつーか若さというか熱気というか何か伝わるけど。しかし、くだらなさがつぼにはいって大笑いしちゃった。 (ころ阿弥)[投票]
★3架空のバンドを追ったいんちきドキュメンタリー、監督は『スタンド・バイ・ミー』のロブ・ライナー。この企画ならもっと面白いものができたはずなのに。特定のモデルがいないので誰にでも当てはめられる分、パロディとしての焦点がぼやけてしまった。 (リーダー)[投票]
★3たしかにオノ・ヨーコを皮肉っているフシが・・・しかしこのバカっぽさを狙ってやったのには頭が下がる。「めっちゃおもろい!」って事もないんだが・・・ [review] (TO−Y)[投票]
★3知る人ぞ知る『ビルとテッドの〜』『ウェインズ・ワールド』の先駆け。激しいこき下ろしの連続の中にはロッカーに対する深い愛を感じる。わざわざ全員アメリカ人の役者を起用して下手くそなイギリス英語を喋らせる点には徹底的に屈折したプロ意識を感じる。マイク・マイヤーズは明らかにこの映画をリスペクトしており、彼のイギリス好き・ロック好きはこの映画に端を発していると言えよう。う〜ん最強。 (ろびんますく)[投票]
Ratings
5点3人***
4点6人******
3点9人*********
2点1人*
1点0人
19人平均 ★3.6(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
カルト・ムービー集成! (いくけん)[投票(4)]おお、今日(8月16日)はキングの命日ではないか…。 (tredair)[投票(3)]
軽音楽ならこの一本 (prick)[投票(2)]ザ・シンプソンズ・コネクション (Lostie)[投票(1)]
Links
IMDBThe Internet Movie Database
検索「スパイナルタップ」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「This Is Spinal Tap」[Google|Yahoo!]