コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019/米)

いつの時代も忌まわしいのは、己の負を省みることを知らず、他者へ刃を向ける者たち。
kiona

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







ジャッキー・ブラウン』と双璧をなす、実に丁寧なキャラクターの映画だと思った。ちなみに前作『ヘイトフル・エイト』は、手癖によって全開放された性癖が、自分からするとストライクすぎて逆に面白みがなく、コメント書くのも忘れてた。比べて本作は静かな情動を喚起する作品だったのだが、またグダグダ書くのもなんだから二点だけ挙げさせてほしい。

一点目はディカプリオ。天才子役にたしなめられてむせぶ有様がかわいいのはずるいとも思うのだけれど、ここまで丁寧に描かれ演じられてはやはり感嘆せずにいられない。ここに来てタランティーノが堅気の苦悩を描いたということだ。ジャッキーは堅気のままでは生活できない悲哀だったが、リックは華やかに見える裏で老いと衰えとやっぱり生活に差し迫られて己の無力に歯噛みする男子の一幕だ。ラストカットで最もイケていた頃、イケていたからこそいけ好かなかったのであろう本性がさらりと見せられるのも実に良いのだけれど、そんな男だからこそ自分のダメさ、自分の負に飲まれていく自分が許せない、あのトレーラーでの空回りが胸に染みる。

モチーフと時代背景のリンク、史実を逆手にとったミスリードは『パルプ〜』のようにビビッドではない、もっと大人びた構成の妙とも思うのだけれど、落ちぶれていくスターと黄金時代を食い物にして咲き乱れるヒッピーという対比はうっかりするとオヤジのマスかきになりかねない。ボーダーに配置されたブラピ扮するクリスの造形が重要だったのは言うまでもないのだけれど、どうやって力点を置くかと言ったら、そこは古風なまでの回想というのがタランティーノらしい。チビのアジア人が! と粋がって喧嘩を売って車に叩きつけてやったけれども、相手は映画史に名を刻むのであり、自分は屋根の上でアンテナを修理している。この男もまたかろうじて自分の負と向き合う者だからこそ、向き合わずに他人に刃を向けようとするゴミカスどもの顔面を、きゃつらから買ったきゃつらの象徴たる因果のLSD決めながら、気持ちよくあちこちに叩きつけるのである。

蛇足だが、あるがままだの、自己の解放だのと怠惰に開き直っては、目についた対象をろくに学ぼうともせず、槍玉に挙げて、身勝手な論理で火あぶりにしようとする――そんな者たちに何を投影させたかったのか? 撃ちたかったそいつらがむかしむかしの者たちに限らないことは明白であるように、オッサンの色眼鏡には見えてまうのです。セクハラ大魔王の件でけっこう焼かれて頭に来たんじゃないかな。。

えらそうに言うて、俺だってダンディにたしなめるとは思うんだけれども、あんなシャイニーな腋毛全開の子に「ふぇらしてあげよっか」言われたら、ボケても忘れられるとは思えない。自らが宣言する倫理を容易に超えてしまう存在の刻印が眩い、というのはさらなる蛇足だ。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。