コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 生きてはみたけれど 小津安二郎伝(1983/日)
- 更新順 (1/1) -

★4小津作品の名場面のダイジェスト、関係者のインタビューという構成は、はっきり言ってあまり工夫を感じさせない作りで、NHKのドキュメンタリーみたい。思えば、『ある映画監督の生涯‐溝口健二の記録』は、好き嫌いは分かれるものの新藤兼人という監督の作家性を出した作品だったのだなぁ、と実感。['07.5.30VIDEO] [review] (直人)[投票]
★2名場面集なんかTVのドキュメントで充分なのであり不要。映画と銘打つからには、思い込みや決め付けでもいいから客体をひっぺがす力業がないと意味が無い。スクリーンにかける意味さえ見出せないんじゃ作るのやめとけと言いたい。 (けにろん)[投票]