コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] カメラを止めるな!(2017/日)

旬を逃してしまったが、それでも映画館に観に行った。旬を終わらせたのは『FLASH』報道だ。幸い、
ロープブレーク

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







写真週刊誌『FLASH』の見出し「『カメラを止めるな!』はパクリだ!原作者が怒りの告発」は釣り気味であることが同誌以外の後追い報道などでわかり、解散してしまった元劇団の座長はパクリという言葉は使っていなかったことは確認できた。ただやっぱり純粋な期待のもとに観に行きたかったなあ。

さて、鑑賞した感想ですが、舞台が原作(原案)という事前情報を知ってしまっているので、第一幕は、いかにも舞台的だなあ、これは確かに舞台でも見たかったな、劇団解散して残念だったな、という感じ。やがて唐突にスクリーンは第二幕へ。バラエティの再現ドラマ風の映像に、急速に期待感がしぼみつつも、メイキング風映像での答え合わせはよくできていて、笑ってしまう。うん、いいぞ。映画ならではのシーンになってる。なーんて思っているうちに夢中になってきた。よかった、面白くなってきた。

ただ、監督の娘が完璧主義者として登場してきた瞬間に、この人が何とかするんだろうなあとわかってしまって予定調和感から抜け出せなかったのも事実ではある。 それと、階段シーンでカメラが主人公(秋山ゆずき)のお尻ばっかり追いかけていた謎は回収されず。だってカメラマンは女だったぜ。それにエンドクレジット映像が、組み体操からハンディで撮ったとは思われなかったブレなさぶりを思い出してこれもちょっと萎えたかな。

やっぱり映画は公開直後に観に行かないとダメなんだな。

2018年9月 池袋シネマロサにて劇場鑑賞 

参考:原作(原案)者の訴え→ https://note.mu/rookey/n/ne25a640b8cc7    訴えた人、劇団再結成してもう一度舞台に挑戦して欲しいな。それでノーサイドになったら最高なんだけどな。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (1 人)ぱーこ[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。