コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

いのちの朝 (1961/)

Dawn of a Canvas

[Drama]
製作芦田正蔵 / 林本博佳
監督阿部豊
脚本須藤勝人
原作武者小路実篤
撮影峰重義
美術横尾嘉良
音楽斎藤高順
出演宇野重吉 / 高野由美 / 芦川いづみ / 佐野浅夫 / 小園蓉子 / 萩原孝治 / 清水将夫 / 内藤武敏 / 大森義夫 / 山岡久乃 / 弘松三郎 / 福田文子
あらすじ吉元小次郎(宇野重吉)はベテランの画家だったが、野菜をモチーフに使う小品ばかりを公にし、大衆に注目されることがなかった。そんな彼に長年寄り添ってきた妻の純子(高野由美)や長女の春子(小園蓉子)は画題の変化を求める忠告をするが、保険の勧誘員である次女・冬子(芦川いづみ)は父のやることならば、と異言を挟まずにいるのだった。だが、かつて弟子と呼びながら、破門した沢辺(内藤武敏)がビエンナーレ展で認められたとの情報を得た吉元は、友人で彼に個展開催を薦める画家・村野(清水将夫)の注文を呑み、人物を描く大作に着手する。それは朝日を仰ぐ冬子の姿だったが、吉元は頑固さを露わに彼女に注文をつけるのだった。〔69分・白黒〕 (水那岐)[投票]
Comments
全1 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★3じゃが芋ばかり描く画家が武者小路の私的投影に見え、ナルシシズムここに極まれりとつい嫌悪感が先に立った。それにしても50年余の世界の変容を大きく感じさせられる家族映画だ。今ならこのように妻を精神・肉体の両面で支配する亭主は吊し上げを食うだろうし、こんな暴君は名画家であっても許されないだろう。芦川いづみのみが清涼剤である。 (水那岐)[投票]
Ratings
5点0人
4点0人
3点1人*
2点0人
1点0人
1人平均 ★3.0(* = 1)

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「いのちの朝」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Dawn of a Canvas」[Google|Yahoo!]