コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ウインド・リバー(2017/米)

冒頭から映像がどんよりして、荒く、この作品のテーマを鋭く表現する。そこにジェレミー・レナー が現れ、家畜を守るためハンターとしての銃声を放つ一声。このシーンが、この映画の本質を表わしているかのように、、。
セント

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







やり切れない映画である。でも目を背けてはいけないアメリカの現実でもあるのだ。映画は、そのアンタッチャブルの世界をこれでもか、これでもかと、ぐいぐい迫り来る展開である。力強い。その思いは全編映像に伝わっている。

ジェレミー・レナーがいい。彼の寡黙が実はラストに明らかにされる驚愕のリアルとなり、胸を打つのだが、納得させられる演技に感動する。

先住民が追いやられた保留地という環境は、彼らが人工的に守られる冒頭の家畜と同様と思われ、それを強いたアメリカの歴史的事実に唖然となる。いまだ、現代アメリカにこういう歴史的な問題が潜んでいたとは、、。

映画的タッチも骨太で、この題材を鋭く、堂々と大きく見せてくれた。秀作である。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。