コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

よちゃく

 ●⌒⌒⌒●  ( Θ 、Θ ) ●   ̄   ●
e-mailyocyaku@topaz.plala.or.jp
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
54コメント37
1あらすじ2
POV3

Comments

最近のコメント 10
★2TOKYO 10+01(2002/日)とりあえず、全員の個性が多少は出てるし、分かり易いってのがいいとこかな。 安藤政信さん、何故出たんですか? [review][投票]
★5ザ・バニシング 消失(1988/仏=オランダ)こんな怖い作品初めてです、見たの。 [review][投票]
★4リハーサルの後で(1984/スウェーデン)最後の主人公のポツリがなんか悲しい。  [投票]
★3君に逢いたくて(1995/米)太った人の涙、目に溜め過ぎ。 お母さん役のシェリー・ウィンターズがとても良かった。 [投票]
★4百貨店大百科(1992/仏)テーマとかストーリーは、正直どうでもいい感じ。 各々のエピソードを無理につなげずに断片だけ取って、見れば結構面白いよ。 [review][投票]
★4彼女を見ればわかること(2000/米)みんな重〜い「荷物」を抱えてる。 ただその「荷物」が重いからって、下に置いとく(自分から遠ざける)と、その「荷物」を無くさないかと不安になる。 その「荷物」の中には、小さいけど、とっても大切な何か(愛)が入ってる筈だから。  [review][投票]
★3レイン(2000/タイ)主人公コンの透き通った、純粋な目が美しい。 赤、水色、そして緑が、夜の暗黒街で、引き立つ。 アクションシーン以外のカメラワークも素晴らしい。 [review][投票]
★4獅子座(1959/仏)主演はパリ。 [review][投票]
★3家族の気分(1996/仏)こんなの毎週恒例って聞いてだけで疲れる。 ママの顔見てるだけでも滑稽だ。 [review][投票]
★4月とキャベツ(1996/日)この作品を観た当時、山崎まさよしさんの存在すら知らず、なんか味のある俳優さんが出てきたなあって思った。 と同時に、下積み時代とか長そ〜、相当苦労してそ〜、とか思って観てました。 [review][投票]

Plots

5 件
★4獅子座(1959/仏)舞台は六月下旬のパリ。 蒸し暑い部屋で眠っている、自称作曲家ピエール(39才、中年太り)の元に、死んだ叔母の莫大な遺産を、彼と彼の従兄弟とで、半分ずつ相続するという電報が届く。 大喜びの彼は、その夜、友人たちとドンチャン騒ぎする。 が、しかし、相続するはずだった遺産は、なぜか全て従兄弟の物になってしまう。 全103分 モノクロ[投票]
★3ヘンリー・フール(1997/米)サイモン・グリム(ジェームズ・アーバニアク)は、コレといって特徴のない、冴えないゴミ収集人。 鬱病気味の、母(マリア・ポーター)と、色情狂の姉、フェイ(パーカー・ポージー)の3人暮らしで、平穏な日々を送っている。 ある日、どこからともなくやってきた、「ヘンリー・フール」(トーマス・ジェイ・ライアン)と名乗る謎めいた男が、サイモンの前に現れ、家の地下室に住み込む。 作家であるヘンリーは、サイモンに詩を書く事を薦め、ヘンリー自身も 「告白」 という大作を書き上げようとしていた。 全137分  [more][投票]
★4カルメンという名の女(1983/仏)ビゼーの歌劇 「カルメン」 をモチーフに、野性的な女、カルメン(マルーシュカ・デートメルス)と、冴えない警察官、ジョゼフ(ジャック・ボナフェ)との愛憎を描いた、コメディタッチの群像劇。 落ちぶれた映画監督のジャン(ジャン・リュック・ゴダール)は、下界との接触を避け、精神病院に居座ろうとしていたが、ある日、彼の姪であるカルメンが訪ねてくる。 彼女は、記録映画を撮りたいと言い、ジャン所有の、海辺の別荘を借りたいと、ジャンにお願いするが、彼女の本当の目的は別の所にあったのだった。 1984年 ベネチア国際映画祭金獅子賞受賞作。 85分。 カラー。 [more][投票(1)]
★3クリミナル・ラヴァーズ(1999/日=仏)高校生のアリスとリュックは、同じ学校のサイードを殺害し、死体を捨てる為、リュックの親の車で、とある森へと向かう。 無事、死体を埋めたまではよかったものの、その後見つけた空き家に入ったとこに、ある奇妙な男がいて・・・。 1999年 ベネチア国際映画祭出品作。 グリム童話 「ヘンゼルとグレーテル」 がモチーフ。 短編の帝王、フランソワ・オゾン監督の劇場用長編第二作。 全96分 カラー[投票]
★1スリープ・ウィズ・ミー(1994/米)大学時代からの仲良し3人(女1,男2)だが男の1人エリック・ストルツメグ・ティリー演じる女と、大恋愛の末に結婚するが... 以来3人の関係の歯車が、狂い始める。 監督は、これが長編処女作となったロリー・ケリー 1994年 カンヌ国際映画祭正式出品作 全86分 カラー[投票]