コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ふりてん

最強お勧め映画「恋はデジャブ」(ビル・マーレー&アンディ・マクダウェル)
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
200コメント56
10あらすじ
1POV15

Comments

最近のコメント 10
★5モンティ・パイソンの ザ・ラットルズ(1978/英)ビートルズファンでありながら、ラットルズファンでない者は、ビートルズを真に理解しない者である(ゲーテ)                           嘘 [投票(1)]
★5酔拳2(1994/香港)あちゃー・・またやってる・・親子三人、どう見ても皆30代。無茶苦茶だ。まるで豪華な学芸会。しかしこの無茶な年令設定こそが、90年代のジャッキー作品の楽しみでもあるのだ [投票(4)]
★2スパイキッズ(2001/米)ときどき出てくるお馬鹿なシーンが微笑と失笑の中間なので、評価に困る。しかし、偽忍者キッズだった私が夢に見ていた物語紡いでくれたことには感謝[投票(1)]
★4マルコヴィッチの穴(1999/米)成功したジョン・マルコビッチの起用、キャメロン・ディアスのブス振り、チャーリー・シーンのおとぼけ・・・タイトルの衝撃、宣伝用ポスターのグロさの割には、演出が丁寧で導入から好印象。しかし [review][投票]
★3ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000/英=独=米=オランダ=デンマーク)この作品の評価が二分されるように2つに分かれるように、私の心も二つに別れている。故に3点。ビョークの下手な [review][投票]
★5フォレスト・ガンプ 一期一会(1994/米)壮大なるアメリカのパロディーに乾杯。アメリカンドリームを超えたドリームを僕らに見せてくれた。そしてその成功の鍵も[投票]
★1ザ・メキシカン(2001/米)たったひとつのシーンが、私を納得させない。あれではジュリアが「ウザい」と言われてもしかたないと思っている [review][投票]
★5がんばれ!ベアーズ(1976/米)なんて素晴らしい奴らなんだ。仲間になりたかった[投票]
★4ハンター(1980/米)この作品で、かったるさを感じたら、あなたは“90年代合理性ビールス”に冒されています。[投票(4)]
★4耳をすませば(1995/日)いい歌詞になってよかった。女の子が好きな作品なんだろうな。きっと。[投票]

Plots

最近のあらすじ 5
★5恋はデジャ・ブ(1993/米)原題の「GroundhogDay」とは、ペンシルバニアの小さな町パンクスタウニーで毎年2月2日に行われる聖燭祭のこと。ウッドチャック(リス科)のフィル君が春の訪れを占うのだ。 高慢で嫌われ者の天気予報官フィル(ビル・マーレー)は、お祭りの主人公と同じ名前のために過去3年レポーターを勤め、今年もカメラマンとプロデューサーのリタ(アンディ・マクダウェル)を伴って取材に向かうのだった。取材を終えたフィルはさっさとピッツバーグに帰ろうとするが、吹雪のため町に引き返す。まさに最悪の日。しかし彼が足止めを喰らったのは、それだけではなかった・・。 軽快なタッチながら見る者に人生の意味を突きつけるファンタジック・ラブコメディーの傑作。アメリカの映画チャートでは1位を獲得するも、日本では全くの無名。[投票(6)]
★4理由なき反抗(1955/米)行く先々で問題を起こすジム・スターク(ジェームズ・ディーン)は、街に引っ越してきたばかりの17歳。泥酔していた彼は、集団暴行事件の容疑者として署に連行されてしまう。そこで、夜中の街を徘徊し保護されていたジュディ(ナタリー・ウッド)と仔犬を射ったひ弱なプラトオ(サル・ミネオ)と知り会った。翌日、新しいハイスクールに登校したジムは、彼らと再会する。プラトオは一人ぼっちの少年、ジュディはバズ(コーレイ・アレン)の女で不良グループといつも行動を共にしていた。転校初日、ジムはいきなりボス格のバズに目をつけられてしまい、危険な“チキンレース”で対決するはめになるのだが・・・。 家族との葛藤、青春の苛立ちを描いたニコラス・レイ監督の異色作。若きデニス・ホッパーがグーン役で出演している。ジェームズ・ディーンのスウィングトップ、ブルージーンズという伝説的なスタイルは必見 [投票(1)]
★5駅馬車(1939/米)1885年、アリゾナのトントから、8人を乗せた駅馬車がニューメキシコのローズバーグに向けて出発する。騎兵隊の夫を訪ねる若妻、彼女を追う賭博師、酒の行商人、飲んだくれの医者、町を追われた酒場女、銀行家、脱獄囚を追う保安官、そして臆病な馭者。出発間際、ジェロニモ率いるアパッチ出没の報が入ったが、騎兵隊の護衛と乗客達の意思で出発は決行。途中、脱獄囚リンゴ・キッドを加えた駅馬車は、次の町ドライフォークへ向かうのだった・・・。駅馬車に乗り合わせた人々の人間模様を描いたジョン・フォード西部劇の傑作であり、若きジョン・ウェインの出世作。同年のアカデミー賞八部門受賞した『風と共に去りぬ』の影に隠れてしまった不運の名作。アカデミー助演男優賞(トーマス・ミッチェル)、アカデミー編曲賞を受賞。 [投票(1)]
★5風と共に去りぬ(1939/米)南北戦争直前のジョージア州アトランタ、大農場主の美しい娘スカーレット(ヴィヴィアン・リー)。彼女はアシュレー(レスリー・ハワード)を心から愛していたのだが、彼はメラニー(オリヴィア・デ・ハビランド)と結婚してしまうのだった。勝ち気なスカーレットが不意にとった行動が、彼女の人生を大きく動かしていくのだった・・。時代に翻弄されながらも逞しく生き抜くスカーレットの生き様が多くの共感を呼んだ。制作費は当時としては破格の600万ドルを投入したマーガレット・ミッチェルの大ベストセラーの忠実な映画化。アカデミー賞八部門受賞のアメリカ映画史上に燦然と輝く不朽の名作[投票(2)]
★5コーラスライン(1985/米)近く公開される新しいショーのため、オーディション会場にはミュージカルスターを目指す若者たちが集まってきた。選ばれるのは男女各四人ずつの狭き門だ。人気演出家で冷徹な仕事人間ザック(マイケル・ダグラス)は、最終選考に残った17人に次々と質問を浴びせ、ダンスだけでなく彼らの人間としての素顔を曝け出そうとする。その中に、かつてのスター・キャシー(アリソン・リード)が参加しているのだった・・。青春のすべてを踊りに賭けたダンサーたちを描いたミュージカル映画の傑作。1975年ブロードウェイでロングランを記録した『コーラスライン』の映画化[投票]

Points of View

スティーブ・マーティン出演作[投票(1)]
A・・・最高!何度でも見たい作品!(ある意味マニア向け) B・・・面白いので絶対に見てね。 C・・・一度は見ましょう。