コメンテータ
ランキング
HELP

[あらすじ] 光りの墓(2015/タイ=英=仏=独=マレーシア)

現代のタイ北部の小都市。旧校舎の教室を改装した大部屋で、重度の眠り病にかかった兵士の一群が、ひもねすベッドに釘付けになって介抱を受けている。そこでは、七色に変幻する蛍光ライトが枕元を彩り、神通力を持つ娘が夢のなかの患者と交信を試みる。この奇妙な介護院で働く親友を、松葉杖をついたちんばの中年女性が訪れる。彼女はたちまち部屋の片隅で眠る若い兵士に思いを寄せる。というのも、小学生の時に同じ場所に机を並べて授業を受けた記憶があるからだ。じきにその青年と昵懇の間柄になるが、この建物が往昔の王族のために戦ったつわもの達の墓所の上にあること、彼らがあの世で戦を続けるために生者のエネルギーを吸いとっていることが、眠り病の原因であるとお告げを受ける
(★4 濡れ鼠)

投票

このあらすじを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のあらすじに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。