コメンテータ
ランキング
HELP

[あらすじ] 忘れられた皇軍(1963/日)

傷痍軍人 徐洛源さんの一日を、元日本軍在日韓国人傷痍軍人会の補償要望活動とともに追う。小松方正はナレーター。日本テレビ製作「ノンフィクション劇場」の一篇(1963年8月16日放送)。第1回ギャラクシー賞(テレビ 教育教養部門)受賞作。28分。Dailymotionで視聴可(2017年現在)。
寒山

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけの解説です。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







宴席での喧嘩のシーン、言葉が聞き取れずナレーションも議論の内容をフォローしないのが瑕疵と見えますが、これは技術的なミスや見落としではなく、製作者が(配慮により)意図的に内容までは判らないようにしたものです。

「撮影の間に見聞きした事実の中には、もっとどす黒いものがあった。ここではそれをいうことはできない。しかしただ一つ、この人たちの口からこういう言葉さえしばしば聞かれたのである。「補償がもらえたら、こんな仲間と二度と会うもんか!」ああ! 私にテレビのナレーションをくり返すことを許してほしい。日本人よ、私たちよ、これでいいのだろうか?」(大島渚著「魔と残酷の発想」所収「「忘れられた皇軍」の人たち」より抜粋)

小山明子夫人の美しい感想も書き添えます。「大島はあのとき、一緒に泣いていたと思います」

(評価:★5)

投票

このあらすじを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のあらすじに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。