コメンテータ
ランキング
HELP

寒山さんのあらすじ: 投票数順

★5メイン州ベルファスト(1999/米)アメリカ北東部、カナダに接する人口6000人の過疎の町の人々の生活の記録。エビ漁、クスリに手を出した娘の告白、林業労働者のベトナム戦争回想、イワシの缶詰工場、市議会での一般市民の意見会、裁判所での一般市民の問責、お菓子作り、保健所の食育指導などなどがナレーションなしに並列される。山形ドキュメンタリー映画祭最優秀賞受賞作。(16ミリ、247分)[投票]
★5ルルドの泉で(2009/オーストリア=仏=独)フランスはピレネー山脈の麓に位置する小村ルルドは、カトリック最大の巡礼地である。聖母マリアの出現(1858年)で知られ、聖母の指示により発見されたルルドの泉は、不治の病の奇跡的治癒に効力があるとされている。その日も聖堂は観光客でごったがえし、奇跡を求める信者の一団は、いかにも商業的な療養ツアーに、熱狂や諦念など各々の想いをもって参加していた。そのなかでひとりだけ、不治の病で車椅子生活をおくる余り信心深いとは見えない大人しい少女クリスティーヌ(シルヴィー・テステュー)に奇跡が起こり、立ちあがり歩けるようになる。第66回ヴェネチア国際映画祭国際批評家連盟賞受賞作品。99分。[投票]
★3何が彼女をそうさせたか(1930/日)少女中村すみ子(高津慶子)は生活苦から家を出され、叔父を頼るがサーカスに売られてしまう。虐待される辛い日々の中、労使対立の騒動が起こり、すみ子は芸人新太郎(海野龍人)とともに脱走する。1930年のキネマ旬報ベストテン第1位。フィルムは紛失し長らく幻の名作とされていたが、山川暉雄の尽力によりモスクワの国立ゴス・フィルモフォンドで発見され、1997年に修復・復元された。冒頭の鉄道線路と結末の教会火災の件は欠落しており、字幕で補われている。[投票]
★4ありきたりの映画(1968/仏)ナンテールの学生とルノー・フラン工場の労働者が数名、工場傍と思しき藪のなかに陣取り、学生と労働者の連帯などについて議論し続け、5月革命のドキュメンタリー映像とゴダールらのナレーションがインサートされる。[投票]
★3グッドバイ(1949/日)プレイボーイ 田島(森雅之)は社長(江川宇礼雄)から金主の令嬢との結婚を命ぜられて大弱りの折から、旧知のかつぎ屋 きぬ子(高峰秀子)が絶世の美女であることを知り(普段はボロを纏っていて男か女かも判らなかったのだった)、彼女を妻に仕立てて愛人たちにグッドバイを宣告して回ろうと画策するが。太宰治の遺作(新聞連載が中断)を小国英雄が脚色。キネ旬ベストテン第20位。(新東宝/99分) [more][投票]
★4しいのみ学園(1955/日)大学教授 山本(宇野重吉)の長男 有道(河原崎健三)が小児麻痺に罹る。学校で陰険ないじめにあい、次男の照彦(岩下亮)もまた小児麻痺になる。当時、養護学校(特別支援学校)はなく、山本夫妻は全財産を投げ打って障がい児施設を建てる。そこに、妹が同じ病を患う教え子渥美かよ子(香川京子)が、先生を志願してくる。(新東宝/102分) [more][投票]
★5戦ふ兵隊(1939/日)日中戦争の記録映画。中国は毛沢東の持久戦論により後退しながらのゲリラ戦を展開、日本軍は武漢攻略作戦で強行突破を図る。キャメラはこの後尾を追いかけながら、前線の通り過ぎた傷跡を記録し続ける。 [more][投票]
★4秀子の応援団長(1940/日)軍隊に取られて投手がひとりしか残っていないプロ野球チームアトラス、最下位を低迷。監督の姪っ子凸ちゃん16歳、奮起一番、「強いチームを応援してもしょうがないでしょ、どうせ勝つんだから」などと詭弁を弄しながら近所や学校で応援団を結成。つくった応援歌「青春グランド」は魔法の歌で、アトラスは快進撃を始める。 [more][投票]