コメンテータ
ランキング
HELP

[あらすじ] ぶあいそうな手紙(2019/ブラジル)

ブラジルの港町・ポルトアレグレ。78歳の老人エルネスト(ホルヘ・ボラーニ)は、ウルグアイから移住して46年、妻に先立たれ、独り暮らし。口の悪い隣人のハビエルが唯一心許せる友人。目がほとんど見えなくなって、息子は心配して引っ越しを促すが、頑なに拒む。ある日、彼のもとへ一通の手紙が届く。それはウルグアイにいた頃の親友の妻から。偶然知り合った若い女ビア(ガブリエラ・ポエステル)に、そのスペイン語の手紙を読んでもらうように依頼する。彼女に返事を代筆してもらうことになり、二人は頻繁に会うのだが、突然現れた若い女に、周囲は心配するが・・・。
(★3 プロキオン14)

投票

このあらすじを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のあらすじに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。