コメンテータ
ランキング
HELP

[あらすじ] ドッペルゲンガー(2003/日)

人工人体の開発者である早崎(役所広司)は、研究に行き詰まり、苛立ちを隠せない毎日を続けていた。そんなある日突然、自分そっくりの“分身(ドッペルゲンガー)”が早崎の前に現れる。“分身”は早崎の生活に干渉し始めるが、自分のネガティブな側面をそのまま投影したようなその存在を早崎は必死で否定しようとする。一方、OLの永井(永作博美)も、自殺した弟のドッペルゲンガーに悩まされていた。早崎は永井に出会い、“分身”が自分だけの妄想の産物でないと知る。しかし早崎の“分身”の行動は次第にエスカレートしてゆき、君島(ユースケ・サンタマリア)という男も、その狂気の沙汰に巻き込まれることとなる……。
(★3 )

投票

このあらすじを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のあらすじに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。