コメンテータ
ランキング
HELP

[あらすじ] 海辺の映画館 キネマの玉手箱(2019/日)

その尾道の古びた映画館はオールナイト上映の「日本の戦争映画特集」を最後に閉館を迎えようとしていた。満席の館内には、陽気な映画マニアの毬男(厚木拓郎)、メモ片手に戦争史を学ぼうという真面目な鳳介(細山田隆人)、戦争なんてヤクザの喧嘩と同じだろうと立ち寄ったチンピラの茂(細田善彦)の三人の若者の姿があった。やがて、若者たちは「映画」のなかに迷い込んだ中学生の少女希子(吉田玲)を追って、幕末の権力抗争から会津戦争、日中戦争、そして太平洋戦争のもと三人のヒロイン(成海璃子/山崎紘菜/常盤貴子)たちと恋に落ちる。末期癌の闘病中にゆかりの俳優総出演で作られた大林宣彦の集大成的遺作。(179分)
(★5 ぽんしゅう)

投票

このあらすじを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のあらすじに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。