コメンテータ
ランキング
HELP

けにろんさんのあらすじ: 更新順

★4新喜劇王(2019/香港=中国)スターを夢見るモン(エ・ジンウェ)は今日も今日とて死体役や彫像役などの最底辺エキストラ仕事しかまわってこない日々だが明るく前向きに取り組んでいた。同棲相手のチャーリー(チャン・チュエンダン)はそんな彼女を優しく労わってくれるが本当は何考えてるかわからない。本当にこんなことやってていいのかとの迷いが芽生え始める。そんなある日、忘れられた往年のスター、マー(ワン・バオチアン)の復帰起死回生作「白雪姫 血のチャイナタウン」への出演が決まる。しかし、マーはあまりにもの最悪野郎であった…。チャウ・シンチー喜劇王』の20年ぶりのセルフリブート作。[投票]
★3女の顔(1941/米)ストックホルム。アンナ(ジョーン・クロフォード)の経営するレストランで宴会をしたトリステン(コンラート・ファイト)は支払いのツケを依頼し強欲なアンナが何故か承諾する。それは彼女の焼け爛れた顔を見て彼が平然としていたからだ。宴会に出席したヴェラ(オーサ・マッセン)とエリック(チャールズ・クイグリー)は不倫の恋仲だが恋文を落として帰った。翌日、彼はトリステンから強請られるのであった。一方ヴェラのもとにもアンナが訪れ10万クローネを要求。そこにヴェラの夫で外科医のセゲルト(メルヴィン・ダグラス)が帰宅する…。スウェーデン時代のイングリッド・バーグマンが主演した作品のリメイク。[投票]
★4もち(2019/日)岩手県一関市の本寺地区では過疎化がすすんでいた。中学3年生のユナ(佐藤由奈)の祖母が亡くなり葬儀が行われている。おじいちゃん(蓬田稔)は斎場をはなれて外で1人もちをつき出す。ユナはそんなおじいちゃんに不承不承寄り添うのであった。中学校は彼女たちの卒業と同時に廃校が決まっていた。伝統の神楽の舞いを披露すべく練習にあけくれるなか、離ればなれになる親友シホ(佐藤詩萌)や秘かに憧れていたシホの兄タツ(佐々木俊)たちとの別れも迫っていた…。一関市の伝統食もちの1分間の紹介WEB映像の依頼を受けた小松真弓が取材を通して構想をふくらませた中篇。[投票]
★3やさぐれ姐御伝 総括リンチ(1973/日)神戸港に着いた流れの女博徒、猪の鹿お蝶(池玲子)は朱美(春日朱美)という女スリに騙され拉致されて拷問を受ける。危ういところを譲二(内田良平)という男に助けられ脱出、朱美を捕らえて事情を吐かせるとヤクザ港会の浅吉(安部徹)たちが女スリたちの秘所に麻薬をしこんで運び屋として酷使しているというのだ。お蝶は扇屋一家にわらじを脱ぐが、譲二はそこの幹部なのであった。彼の服役中に跡目を継いだ剛田(遠藤辰雄)は麻薬取引に手を出し港会ともつるんでいる。先代(嵐寛寿郎)は何者かに殺され一人娘の清子(星野みどり)は行方不明となっていた…。シリーズ第2作。[投票]
★3悪人伝(2019/韓国)車で追突して降りてきたドライバーを惨殺する事件が起こる。物盗りとして処理しようとする上層部に刑事テソク(キム・ムヨル)は同様の事件が連続して起こっている可能性を言うが取り合ってもらえない。そんなテソクが目の敵にしているヤクザ組織の組長ドンス(マ・ドンソク)が追突されて刺されて重傷を負う事件が起こる。組員たちは縄張り争いで争うサンド(ユ・ジェミョン)の指示だと判断してサンドのカジノを急襲。しかしドンスは違和感を覚える。そんな折、またも同様の事件が発生、ドンスの事件を調べ同一犯と確信したテソクはドンスに面会を求めるが…。スタローン主演でハリウッドリメイクも決定した大ヒット作。[投票]
★2少女香雪〈シャンシュエ〉(1989/中国)山間の弧村に駅ができ初めて汽車が停車することになった。16歳の香雪(シュエ・バイ)は友人たちと汽車を見に行き、乗客たちの見たこともないような洗練された衣服や持ち物に憧れをもつのであった。それから少女たちは、毎日のように駅に行き汽車が来るのを待ちわびる。ある日、汽車の車窓に憧れのプラスチック製筆箱を見た香雪は夢中で汽車に乗り込んでしまった。持っていた卵と交換してもらう交渉をしていたとき汽車は動き出してしまうのだが…。1001年ベルリン国際映画祭児童映画特別賞受賞のワン・ハオウェイ監督作。[投票]
★4三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実(2020/日)1969年。1月の安田講堂占拠をめぐる攻防で敗北した東大全共闘は、5月13日に世界的寵児となっていた三島由紀夫を駒場キャンパスに迎えてその民族派の思想を公開討論で叩き伏せ舞台上で切腹させると息巻いていた。単身乗り込んだ三島を迎え1000人を超す聴衆を集めた900番教室は異様な熱気に包まれる。討論は司会の木村修の穏健な質問で開始され聴衆も三島の持論に聞き入るのであったが最終兵器芥正彦の登場で空気は一変する…。TBSに保管されていた映像に関係者のインタビューを混じえ何が起こっていたのかを問い直す豊島圭介監督作。[投票]
★4一度死んでみた(2019/日)野畑製薬の社長、計(堤真一)は娘、七瀬(広瀬すず)に事業を継がせようとしていたが、年頃の七瀬は激しく父を嫌っている。強制的に受けさせられた面接でも入社を断固拒むのであった。そんな彼女はデスメタルバンド「魂ズ」のメインボーカルとして日々勤しむのであったが所詮はお嬢様芸であった。存在感のないこと稀有とされる社員、松岡(吉沢亮)が七瀬の監視役として抜擢されるが、酒を飲んだら豹変し存在感をあらわしてしまう。そんな最中、研究員の藤井(松田翔太)が2日間だけ死ぬ新薬ジュリエットを開発、ライバル社ワトスンの田辺(嶋田久作)も暗躍を始める…。CMディレクター浜崎慎治劇場映画デビュー作。[投票]
★4悪魔の金(1941/米)18世紀の米ワシントンでは国内に蔓延する貧困問題に対して農家救済策を唱えるダニエル・ウェブスター(エドワード・アーノルド)が戦っていた。ニューハンプシャーの貧農ストーン(ジェームズ・クレイグ)は高利貸スティーヴンス(ジョン・クォーレン)から返済を迫られた折に妻メリー(アン・シャーリー)が事故に遭い又命綱の種子も台無しになる。途方にくれるそのとき、スクラッチ氏(ウォルター・ヒューストン)なる男が現れ、7年間の裕福な生活を保証する代わりに魂を売り渡す契約を提案する…。1941年アカデミー劇音楽賞受賞のウィリアム・ディターレ監督第49作。[投票]
★2架空OL日記(2020/日)月曜の朝、眠気をこらえながら支度を整え家を出る私(バカリズム)。私はとある銀行のOLなのであった。駅を降りると同期のマキ(夏帆)と一緒になる。いつものグチや中傷話に花が咲く。さらに支店に到着し更衣室では後輩のサエ(佐藤玲)、先輩の小峰(臼田あさ美)、大先輩の酒木(山田真歩)も混じえてマジどーでもええ話に花が咲くのであった。そんなある日、小峰が重大発表をするのだが…。バカリズムが2006年から3年間ネットで実在OLになりすなし綴ったブログは話題になり書籍化され、さらにTVドラマ化された。その映画版。[投票]
★4ゴーストランドの惨劇(2018/仏=カナダ)母娘3人が人里離れた叔母の残した家に引っ越してきた。母ポリーン(ミレーヌ・ファルメール)とヴェラ(テイラー・ヒックソン )とベス(エミリア・ジョーンズ)の姉妹。不気味な家であったが一家は新天地に期待が高まる。がその晩、大男と女装男の2人組が突然侵入してきて一家を襲う。必死に抵抗するポリーンは何とか彼らを撃退した。数年後、作家になったベス(クリスタル・リード)は著作がベストセラーとなり、夫と娘にもめぐまれ幸せな生活を送っていた、しかし、ある日ヴェラ( アナスタシア・フリップス)から戻ってきてとの電話を受け数年ぶりにあの家を訪れる…。パスカル・ロジェ6年ぶりのトラウマ映画。[投票]
★3美女と野獣(2017/米)城では今日も饗宴が繰り広げられている。嵐のなか老婆(ハティ・モラハン)が訪れ宿泊を乞うが、王子(ダン・スティーヴンス)は嘲笑い足蹴にした。だが彼女は魔女で王子は醜い野獣に姿を変えられた。歳月がたち、小さな村。今日もベル(エマ・ワトソン)は読書に勤しむ。本好き彼女は言い寄る英雄ガストン(ルーク・エヴァンズ)を低能と歯牙にもかけない。そんなある日、遠出したベルの父モーリス(ケヴィン・クライン)は帰路に迷いある城にたどり着く。庭のバラを1輪ベルへの土産と摘み取ったとき野獣に捕まる。そして馬だけが村に帰るとベルは父の変事に気づき捜しに出かけたが…。ディズニー版アニメの実写リメイク。[投票]
★3恋恋豆花(2019/日=台湾)大学生活に疲れ中退を考えている奈央(モトーラ世理奈)は、父、博一(利重剛)から再婚予定の綾(大島葉子)との台湾旅行を提案される。不承不承で行くことにした奈央であったが、不機嫌面は消えないまま。一方で新たな母娘関係の足掛かりをつかみたい綾はあくまで明るく接する。美食店めぐりを始めた2人であったが、想像以上の美味しさに奈央にも笑顔が戻り始める。そんな折、日本人青年のバックパッカー清太郎(椎名鯛造)と知り合った2人は評判店「庄頭豆花坦」を教えられ、豆花のあまりの美味しさに奈央の中で何かが変わっていく…。美少女映画を得意としてきた今関あきよしが旬のモトーラを素材に腕を奮う。[投票]
★4テッド・バンディ(2019/米)拘留中のテッド(ザック・エフロン)に面会し真実を知るために訪れたリズ(リリー・コリンズ)の脳裏に思い出が去来する。1969年のシアトル。リズはバーで男から声をかけられるが、彼女には幼い娘がいて躊躇する。男の名はテッド。司法習生でハンサムで優しいし娘もなついていた。3人は家庭生活を始めるのであった。その頃、シアトルでは女性の失踪事件が頻発、目撃者の証言から警察はテッドの疑いをもつ。テッドがロースクールに通うためユタに一家は引っ越す。が、そこでも女性が失踪。リズも疑うが彼は否定する。が、とうとう警察に逮捕されるのであったが…。30人以上の女性を殺害した実在のシリアルキラーを描いた作品。[投票]
★4千姫と秀頼(1961/日)1615年。大阪夏の陣。陥落の日を迎えた大阪城天守閣では、秀頼(中村錦之助)と千姫(美空ひばり)が別れを告げていた。徳川方一番乗りは坂崎出羽守(平幹二朗)は火傷を負いつつも千姫を救出、家康(東野英治郎)の救出した者に千を与えるとの言葉が励みであった。しかし、本多佐渡守(北龍二)の進言で家康は翻意し千を本多平八郎(菅貫太郎)に嫁がせることとする。面目をつぶされた出羽守は輿入れの日に本多邸に討ち入り殺された。そのことを知った千は平八郎に決して体に触れることを許さず、やがて平八郎も失意のうちに病死する。そんななか、千の心には爺様憎しの焔が燃え始める…。[投票]
★3Fukushima50(2019/日)2011年3月11日14時46分東北沖でマグニチュード9.0の地震が発生し、ほどなく東北地方太平洋岸に津波が押し寄せた。沿岸部に立地する福島第一原発は直撃を受け全ての電源を喪失、炉心は融解を始める。所長の吉田(佐藤浩市)は当直長の伊崎(佐藤浩市)から現場の状況を聞きベントを決意するが、電源喪失により人力で作業を行わねばならない。やむなく高齢者を中心に決死隊を編成する。一方、東京では内閣総理大臣(佐野史郎)の指示下、東電本店の幹部らと対策検討が重ねられていたが…。門田隆将のノンフィクションを基にした東日本大震災下の福島原発の危機を描いた作品。[投票]
★3ダンシング・レディ(1933/米)お色気レビューのダンサー、ジェニー(ジョーン・クロフォード)は警察の一斉検挙で他の踊り子ともども収監される。たまたま見に来ていた青年富豪トッド(フランチョット・トーン)は彼女に一目ぼれし保釈金をつみ、さらに生活扶助を申し出た。が、彼女はダンス命でブロードウェイで身を立てる野心があり断る。そして、有名監督のパッチ・ギャラガー(クラーク・ゲーブル)に目をつけ猛アタック。しかし一介の踊り子に彼が目を向けるわけもない。トッドが仲介してコーラス要員として雇われたジェニーであったが、成功の見込みがなかったらトッドと結婚することを約束させられる…。フレッド・アステアの銀幕デビュー作でもある。[投票]
★3ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ(2018/中国=仏)父の死を機会に12年ぶりに故郷の凱里へ帰ってきたルオ・ホウ(ホアン・ジェ)。彼は父の経営していたレストランの掛け時計の中から1枚の女の写真を見つける。彼女はワン・チーウェン(タン・ウェイ)と当時名乗っておりマフィアのヅオ(チェン・ヨンゾン)の愛人であった。街を彷徨する彼の脳裏にさまざまな過去の記憶の断片が去来する。ヅオの不在中にねんごろになった2人の関係が帰還したヅオにばれてルオは彼を射殺したのだ。写真の送り主タオ・チャイメイ(ビー・ヤンミン)を訪ねたルオはワンが名前をチェン・フェイシンに変え旁海にいると聞く…。60分3Dワンカットが話題となったビー・ガン監督第2作。[投票]
★4ラブINニューヨーク(1982/米)ニューヨーク。売春婦の元締めがヤクザとの諍いで殺された。死体安置所に確認で呼ばれたベリンダ(シェリー・ロング)は係員チャック(ヘンリー・ウィンクラー)に見覚えがあると言うが、真面目な彼はそれを全否定。昼間の勤務から夜勤に配属変えを命じられた彼に婚約者シャーロット(ジーナ・ヘクト)は不満で隣室の音を理由にSEXも拒否。仕方なく文句を言いに行ったら住人はべリンダなのであった。新しい助手ビル(マイケル・キートン)が雇い入れられ夜勤の平穏は乱される。そんなある日、ベリンダがやってきて元締め不在で売春婦たちが困っていると相談を持ちかけてくるが…。ロン・ハワード劇場映画監督第2作。[投票]
★3第三夫人と髪飾り(2018/ベトナム)19世紀の北ベトナム。14歳のメイ(グエン・フオン・チャー・ミー)は養蚕業を営むハン(レ・ヴー・ロン)の元に第三夫人ととして輿入れする。そこには、第一夫人のハ(トラン・ヌー・イェン・ケー)と第二夫人のスアン(マイ・トゥー・フオン)がいたが、彼女たちはメイを優しく迎え入れた。そして、彼女たちは男の子を産むことを求められていた。ハには長男ラオ(グエン・ニュー・クイン)がいたが、その後妊娠しないことを気に病んでいた。スアンは女の子ばかり3人産んでいたが、開き直っているようだ。そんなある日、メイはスアンとラオが森の中に消えてゆくのを見るが…。アッシュ・メイフェア監督デビュー作。[投票]