コメンテータ
ランキング
HELP

新着あらすじ(1/20)

★4 笑う窓の家(1976/伊)
その筋で名を知られたステファノは、フレスコ画の修復を依頼されて、北イタリアの寒村を訪れる。それは聖セバスチャンの殉教を題材にしたもので、破損の著しい教会の内壁に残されていた。今は亡き画家の姉妹の所有だったという古屋敷に腰を据えて、ステファノは仕事に取り掛かる。美人の小学校教師とも昵懇になり、滑り出しは順調に見えた。しかし、間を置かずして、何者かから嫌がらせの電話を受けるようになる。教会の壁画は呪われているので関わり合いになるなというのだ。同じ頃、村人の口端に上る奇妙な噂が耳に飛び込んでくる。何でも殉教画の作者は、悪魔と契りを交わしており、作品の完成のために姉妹の助けを借りて人身御供を行っていたというのだ。そして、最初の殺人が起こる
濡れ鼠 (2018年06月25日)
[投票]
★5 三人の仲間(1938/米)
第一次世界大戦の終戦間もないベルリン。生死の境を共にした三人の戦友が共同出資して、自動車の修理工場を立ち上げようとする。しかし、失業率がうなぎ登りの社会不安にあって、見通しは明るくない。夜な夜な三人は、戦火の爪痕が生々しい首都の通りをそぞろ歩いては、場末のキャバレーで酒を酌み交わし、新たな時代の夜明けの戯れ歌に敗戦の痛みを洗い流そうとする。血よりも濃い絆で結ばれていることを自負する仲間だったが、じきに、別の、よりやっかいな情熱も共有することになる。幸か不幸か、三人もろとも、一人の歌姫と恋に落ちてしまったのだ。
濡れ鼠 (2018年06月25日)
[投票]
★4 魔界からの招待状(1972/英=米)
互いに面識のない5人の男女が、ツアーグループに参加して地下墓所を訪れる。とば口に入る前に、途中で洞窟が枝分かれしているので気をつけるようにと警告されるが、すぐに他の団体客からはぐれて道に迷ってしまう。どうやら袋小路に突き当たったらしい。奥の開けた場所に、5人の到来を待ち構えたようにして、謎めいた風貌の老人の姿があった。そして、厳かな口ぶりで告げるに、各々の死に様が手に取るようにわかるのだという。かくして、良心に恥じるところがある5人の罪と罰の物語が、恐るべき委細を尽くして明らかにされる。ECコミックの恐怖漫画を原作にした全5作品のオムニバス。
濡れ鼠 (2018年06月25日)
[投票]
★4 焼肉ドラゴン(2018/日)
万博開催の日が迫る大阪。ここに空港の騒音に晒された在日韓国人の集落がある。そのなかで料理人・龍吉(キム・サンホ)の構える店「焼肉ドラゴン」は毎日男たちのたむろする名物店となっていた。切り盛りする英順(イ・ジョンウン)のもと、美人三姉妹の静花(真木よう子)、梨花(井上真央)、美花(桜庭ななみ)が客を呼び、中学生の末息子・時生(大江晋平)をも抱える騒がしさの絶えない店だ。常連のひとり哲男(大泉洋)は梨花を嫁にもらおうとするが、些細なことで彼女との喧嘩が続く。そのくせ彼は静花に言い寄る大樹(ハン・ドンギュ)に反感を露わにするのだった。そんな店に、経済成長の大波が忍び寄ってくる。〔128分〕
水那岐 (2018年06月25日)
[投票]
★3 アトラクション 制圧(2017/露)
モスクワ。女子高生ユリア(イリーナ・スタルシェンバウム)は友人スヴェタ(ダリヤ・ラドノク)や恋人チョーマ(リナル・ムカメトフ)と一緒に隕石群を見に行こうとして父親で軍高官のレベデフ( オレグ・メンシコフ)から叱責を受ける。父娘2人暮らしの鬱屈はユリアを反抗気分に駆り立てこっそり家を出るのであった。その頃、フィンランド上空に未確認飛行物体が飛来。レデベフは国家防衛管理センターに急行するが、為す術なく予定ではモスクワに墜落しそう。一方、スヴェタに部屋を借りてチョーマと何してたユリアは衝撃にさらされる。そして、屋上で1人流星を眺めていたスヴェタを物体が直撃した…。ロシア製SF大作。
けにろん (2018年06月24日)
[投票]
★4 30年後の同窓会(2017/米)
2003年。しがないバーを営む酒浸りの独身男サル(ブライアン・クランストン)の店にベトナム従軍時代の戦友ドク(スティーヴ・カレル)がひょっこり現れた。さらにドクはサルを誘い、牧師になった黒人兵のミューラー(ローレンス・フィッシュバーン)のもとを訪ねる。そこでドクは、イラクで戦死した一人息子の遺体の引き取りと埋葬に立ち会って欲しいと2人に頼むのだった。1年前にも妻に先立たれ孤独のどん底にいるドグ。理不尽な体験から軍の権威主義を嫌うサル。女好きで暴れん坊だったが、今は神の教えを説き良識に生きるミューラー。30年の時が生んだ溝を互いに感じつつも3人の小旅行は後悔と笑いと輝きに包まれるのだった。(125分)
ぽんしゅう (2018年06月24日)
[投票]
★4 戦火(1958/米)
ブランドン大尉は、米軍の航空輸送隊に属するベテラン飛行士だ。中国全土で拡大中の抗日ゲリラに向けて空からの物資支援を指揮する。部下と一緒に操縦席にいないときは、たいてい場末の外人バーに入り浸っていた。ある晩、泥酔して表へ出ると、一人の老人が待ち構えていた。自分の娘を身売りしたいのだという。大尉は軽い気持ちで話に応じるが、純朴そうな娘の顔を見るなり心を変える。翌朝寝室で目を覚ますと神妙な顔をした娘が傍らに控えていた。ブランドンは小間使いの少年に命じてただちに追い払おうとする。しかし、中国滞在の長い友人のケイルン牧師によって、娘が落魄した名家の出であること、既にブランドンが支払った三か月の契約期間を終えるまで家に戻れない事情を説明される。
濡れ鼠 (2018年06月25日)
[投票]
★4 怪しい彼女(2014/韓国)
70歳のマルスン婆さんは、生まれは良かったものの若くして夫と死別して極貧に転落し、女手ひとつで息子を育ててきた。今や息子は国立大学の教授にまでなり、かわいい孫にも恵まれた。けれど叩き上げで身についてしまった毒舌と生き抜くための苦労で恨みを買った相手も多く、もとの奉公人のパクを除いて皆に嫌われている。ある日、マルスンの毒舌に耐えかねて息子の嫁が自殺を図る。居場所を無くしたマルスンは、家を出て、ふと目に入った写真館で遺影にと写真を撮ってもらう。写真館を出たマルスンは、何と20歳に若返った自分に気づくのだった…。多部未華子が主役を演じた日本版の他、中国、タイ、ベトナムでリメイク版が公開され、いずれもスマッシュヒットとなった。インドネシア、インド、ハリウッドなどでもリメイクが計画されている。
ロープブレーク (2018年06月23日)
[投票]
★4 ディシジョン・アット・サンダウン(1957/米)
遠路はるばる駅馬車で旅してきた男が丘の麓で仲間と落ち合う。男の名はバート・アリソン。一足先に偵察中の友人サムから、3年間血眼になって行方を捜していた相手が西部の田舎町にいるとの確認をとったのだ。その男、テート・ブリスブローは、近辺の土地で飛ぶ鳥を落とす勢いの名士として知れ渡っている。さらにアリソンにとって腹立たしいことに、町一番の資産家の娘との結婚式が翌日に迫っていた。実は、二人の間の因縁は、一人の女に端を発していたのだ。バートは通りすがりの者を装い、サムが準備してきた馬に跨って土煙が翻る町へ繰り出す。すぐにアリソンは、ブリスブローが金にものをいわせて町の保安官を篭絡しており、お抱えの用心棒たちが町中で睨みを利かしていることを知る
濡れ鼠 (2018年06月23日)
[投票]
★3 シャドーマン(1974/仏)
中世の秘密結社の研究家として名高いボレゴ伯爵は、金に目が眩んだ使用人に裏切られて、真紅の覆面の怪人の訪問を受ける。自分もそのメンバーであるテンプル騎士団の財宝が、おとぎ話でなく実在することを嗅ぎつけられたのだ。その謎の男は、欲しいものを手にするためには手段を選ばない犯罪組織の頭領で、狂気の天才科学者の協力を得て死霊の暗殺部隊を編成しようとしていた。覆面の男の脅迫を拒んだ結果、ボレゴ伯爵は帰らぬ人となる。叔父の不幸を知って急遽帰国した甥のポールは、恋人のマルチンの紹介でアマチュア探偵のセラフィンを雇って真相に迫ろうとする。一方、同志の一人を失ったテンプル騎士団は緊急の集会を開き、血で血を洗う復讐を誓う
濡れ鼠 (2018年06月23日)
[投票]
★3 愛の化石(1970/日)
羽田空港。ベトナム帰りのカメラマン日比野(高橋悦史)は、ふと見上げた建物に赤裸々な感情を露わにする女を見つけ、その顔を連写した。日比野を迎えた恋人の雑誌記者ジュン子(渚まゆみ)は、さっそく彼に懸案の仕事を持ってくる。今をときめくトップデザイナー、沢由紀(浅丘ルリ子)に一週間密着し、その素顔を撮ってゆく仕事だ。日比野は由紀と対面し、彼女が空港で見た女であると知るが、雑誌掲載する前に写真を確認させよと条件をつけられて鼻白む思いをする。日比野の前にいる由紀は自然な顔を欠いていたのだ。一方、由紀はスポンサーの原田(田宮二郎)に「碧川」という男を忘れよと助言されるが、彼女の頭はその男でいっぱいになっていた。〔99分〕
水那岐 (2018年06月22日)
[投票]
★3 沈黙の断崖(1997/米)
親友が死んだ。同職の環境保護庁の調査官、ジャック・タガート(S.S)は親友が調査中事故死したと聞かされる。友は、有害産業廃棄物を閉鎖炭鉱に不法投棄しているらしいとの情報を調べていた。ジャックは調査を引き継ぎ、早速ケンタッキーの田舎町ジャクソンに、飛ぶ。具体的な投棄場所と犯人をつきとめ、証人を探す為だ。(まだ続きます) [more]
KEI (2018年06月21日)
[投票]
★4 泥棒役者(2017/日)
少年院を卒業し、はじめ(関ジャニ∞:丸山隆平)は溶接工として真面目に働いていた。彼女(美沙:高畑充希)も出来た。そんなある日、昔の泥棒のアニキ則夫(宮川大輔)が目の前に。‘昔の事をバラされたくなかったら、仕事を手伝え’。そして、二人が忍び込んだのは、絵本作家の前田(市村正親)の豪邸だった。玄関のカギが開いていて、そのまま入った2人だったが、物色中に突然、前田が現われる。(もう少し続きます) [more]
KEI (2018年06月21日)
[投票]
★5 それから(2017/韓国)
小さな出版社の社長で文芸評論家のボンワン(クォン・ヘヒョ)は、妻(チョ・ユニ)から浮気を疑われていた。そんなボンワン社長の会社に職を得た小説家志望の若い女性アルム(キム・ミニ)が初出勤してきた。一気に距離を縮めようとする社長に、少し戸惑を覚えるアルム。その日の午後、浮気の証拠をつかんで乗り込んできた社長の妻に、彼女は愛人と間違われいきなり殴られてしまった。その夜、お詫びのために社長がアルムを誘った酒席に、元社員で本当の不倫相手のチャンスク(キム・セビョク)が現れる。それから・・・・。夏目漱石の代表作に題名を借りたポン・サンス監督、脚本のダメ男の不倫ドラマ。(モノクロ/91分)
ぽんしゅう (2018年06月21日)
[投票]
★4 ダンガル きっと、つよくなる(2016/インド)
アマチュアレスリングの選手だったマハヴィル(アーミル・カーン)は、金メダルを獲る夢を叶えられずに引退。その夢は自分の息子に託すつもりだったが、産まれたのは女の子ばかりで、夢をあきらめた。しかしその姉妹のギータとバビータは、子供ながらに近所の男の子たちにケンカで圧勝した。その時彼は、娘たちをレスリングの選手にする事を思いつく。姉妹は反発し、サボったりしたが、父の指導は容赦なく、髪も短く切られた。直ぐにやめたかった娘たちだが、友人の「インドの女性には自由がない、あなたたちは幸せだ」という言葉をきっかけに、本気でレスリングを続ける決意をする……。
プロキオン14 (2018年06月20日)
[投票]
★4 瘋癲老人日記(1962/日)
77歳になる卯木督助(山村聰)は脳溢血で身体がままならないし、もはや不能であったが、性欲だけは旺盛なのであった。資産家の彼には息子、浄吉( 川崎敬三)を始め3人の娘たちが居たが、吝嗇な彼は子供たちの無心に容易には応えない。だが、浄吉の嫁、颯子(若尾文子)だけは例外なのであった。踊り子上がりの彼女は数々の手練手管で督助を翻弄する。何故か彼の寝室に隣接して作られた浴室で颯子はシャワーを浴びる。「見ちゃいやよ」と言いつつ。督助はそのたびに這って浴室に向かうのであったが…。谷崎潤一郎原作を映画化した木村恵吾監督第89作。
けにろん (2018年06月19日)
[投票]
★4 私はあなたのニグロではない(2016/米=仏=ベルギー=スイス)
1957年。フランス、パリで執筆活動中であったニューヨーク生れの思想家、ジェームズ・ボールドウィンは1枚の新聞写真を見て衝撃を受ける。それはアメリカ史上、初めて黒人として高校に入学したドロシー・カウンツの写真であった。嘲笑、揶揄を満身で受ける彼女の姿に彼は帰米を決意する。そんな彼の、メドガー・エヴァース、マルコムX、キング牧師たち同時代人との邂逅と死別を通してアメリカの黒人差別史、暗殺史に迫る…。数々の職を幾つかの国で経験し、ハイチ文化大臣歴任後、現在は仏国立映像音響芸術学院で教鞭をとるラウル・ペック長篇劇場映画第9作。
けにろん (2018年06月18日)
[投票]
★3 第二の母(1936/日)
名を成した画家、菱田龍川(佐藤円治)の子供、道子(中野かほる)と弟の猛(伊沢一郎)は父母を亡くして、親戚の谷村家にやっかいになっていたが、そこの娘、栄子(石井美笑子)のいじめに倦んで、2人して借家を借りて移り住む。画学生である猛の学費や生活費のために道子は無理に無理を重ねて内職に精を出すのであった。しかし、そんな彼女を病魔が蝕み始める…。日活が簡易保険局と提携して製作した国策映画。
けにろん (2018年06月18日)
[投票]
★3 団栗と椎の実(1941/日)
都会育ちの秋雄(大塚紀男)は田舎の親戚の家に養子に出されて数か月。いまだ、新しいお父さん(大山健二)やお母さん(若水絹子)には遠慮しながら日々を送っていたが、さらに彼を悩ませるのは慣れない田舎の生活なのであった。同級生の男の子たちの乱暴な遊びにはなじめず、女の子と遊んでばかりの秋雄にお父さんも手を焼く。そこで、ある日。秋雄を連れて山に出かけて木登りを特訓。秋雄は半ベソで怖がりながらでもなんとか天辺まで登ったのであったが…。清水宏監督第138作の短篇。
けにろん (2018年06月18日)
[投票]
★3 いぬやしき(2018/日)
定年間近の犬屋敷壱郎(木梨憲武)は、やっとのことで一戸建てを購入するが、妻、万里江( 濱田マリ)、娘、麻里(三吉彩花)、息子、剛史(福崎那由他)からは家庭で蔑ろにされ、また職場でも窓際族であった。体調の冴えない犬屋敷は病院に行くが末期癌と診断される。居場所のない家庭を逃れた彼は辿り着いた公演で何かの墜落に遭遇し意識を失うのであった。そこに1人の高校生、獅子神皓(佐藤健)も居合わせる。やがて意識を回復した彼はやがて体の変異に気づく。一方、獅子神も超常能力をものにしたことに気づき、それまでの社会的ルサンチマンの報復を始めようとしていた…。奥浩哉の大ヒットコミックスの映画化。
けにろん (2018年06月18日)
[投票]