コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

木曜組曲 (2002/)

Suite de jeudi

[Mystery]
製作鈴木光
監督篠原哲雄
脚本大森寿美男
原作恩田陸
撮影高瀬比呂志
美術小澤秀高
音楽村山達哉
衣装宮本茉莉
出演鈴木京香 / 原田美枝子 / 富田靖子 / 西田尚美 / 竹中直人 / 加藤登紀子 / 浅丘ルリ子
あらすじ4年前にミステリアスな薬物死を遂げた女流作家・重松時子(浅丘ルリ子)。彼女を偲び毎年、彼女の邸宅に集う5人の女たち。今年の偲ぶ会は、一通の奇妙なメッセージ付きの花が届けられたことから揺れ動く。それそれが胸に抱えていた時子の死に関する疑惑の影。彼女の死の真相はいったい何だったのか?。物書きである彼女たちの二転三転する推理が、その度に銘々を翻弄する。やがて各々が限界に達した時に、真実の扉が少しづつ開きはじめる…。恩田陸のベストセラー小説を浅丘筆頭に、鈴木京香原田美枝子ら豪華キャスティングで映画化。(カラー/113分) (TOBBY)[投票]
Comments
全26 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5邦画でもこんなに雰囲気のあるエスプリ効いた小粋な作品が存在したことに感動。エキセントリックな浅丘ルリ子とスクリーンに映える大陸的な美貌の鈴木京香が見応え充分。 [review] (TOBBY)[投票(2)]
★5原作ファンの期待を裏切らない良い出来。 (ふくふく)[投票]
★5ある意味主役は浅丘ルリ子。主演五人を見事に食ってくれてる。 (Youichi)[投票]
★45者5様の重松時子に対する、愛憎、矜持、憧憬、物書きとしての好奇が、食欲と共に重松時子に向かって収束する。 [review] (あき♪)[投票(3)]
★4ミステリー仕立ての作品だが、重点が置かれているのは→ [review] (ゆーこ and One thing)[投票(2)]
★4はつ恋』でも魅せられたが、ここでもきっちり構成された映画を堪能できた。篠原監督の手腕に脱帽。 [review] (chokobo)[投票(1)]
★4「魅せきる」のがハリウッド女優の醍醐味ならば、「見せきらぬ」のが我々日本人が持つ艶や美徳ってところか。ミステリーとしては凡庸も、なかなか味わい深い作品。 (あさのしんじ)[投票(1)]
★4全編女優6人による心理、葛藤、推理ドラマ。孤高の作家は自殺だったのか、殺されたのか。日本映画とは思えないほど、卓越した練られたセリフ。演出。映像。音。全て一級です。ラストは原作から逸脱してしまったが、許容の範囲。 (セント)[投票(1)]
★4むろん穴がないわけじゃないが、女優陣の競演(ただ富田靖子だけは他の共演者に負けていたね)と話を最後まで引っぱる力のある演出は見応えがあった。若干おまけして、この点数。[Video] (Yasu)[投票]
★4引き込まれていく時のなんとも言えない気味悪さ。本来の映画の力を垣間見た気がする。 (あちこ)[投票]
★4とりあえずミステリー、だけど怖さはなくむしろ耽美。浅丘ルリ子の存在感、周りから隔絶したかのような佇まいが、見事な余韻を醸し出している。これは活字では表出できないものだ。 [review] (HAL9000)[投票]
★3映画だ。紛れもない映画だ。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(6)]
★3ここにある「食」が人間関係の潤滑油であるのは分かるけど、それが「映画」の本筋でどのように機能しているかというと・・・謎。 [review] (くたー)[投票(2)]
★3ミステリーは刺身のツマ程度。['03.2.13みなみ会館] [review] (直人)[投票(2)]
★3絶妙のキャスティング。浅岡ルリ子様は言うまでもないのだが、アホ顔の西田尚美が純文でダサい眉毛の富田が大衆小説という割り当ても楽しいと思う。けどやっぱり、篠原演出と「緊迫感」は相性が悪いなぁ……。 [review] (林田乃丞)[投票(1)]
★3かしましく雑談を交わしながらも、けして馴れ合わない、溶け合わない、しかし互いに尊重し合う、各々の矜持を持った女たち。 [review] (町田)[投票(1)]
★3[ネタバレ?(Y1:N3)] 女だけの女による愛憎劇をそつなく見せながらも、ラストルリ子&登紀子コンビが性を超越した人としてのプライドと信頼=愛を美しく昇華させ、魅了した。そう、答えじゃない、余韻。 (picolax)[投票(1)]
★3まず、若い2人は作家に見えない。しかも、もし名探偵が居れば4年前の段階で解明されていた(かも)程の真相だ。それがまぁまぁの映画作品になったのはホンと演出の良さだろう。しかし書けなくなった作家はこんな事を考えるのかと、そちらの方が私には興味深かった。 (KEI)[投票]
★3要所要所で、印象的な音楽や、自然、絵画を挟み込んでいく手法はよくあるが、 [review] (NOM)[投票]
★3会話劇によって展開されるミステリーと言う趣向は好きだが、どうも、暗く、こじんまりしているなぁ。 (NAO)[投票]
★3筋書きは悪くないが、この半端なスノッブ感はどうにも居心地が悪い。富田靖子の演技にも白けるが、西田尚美もミスキャスト気味で、才能ある物書きにはとても見えず、周囲から浮いて見える。浅岡ルリ子の迫力は凄い。 ()[投票]
★3浅丘ルリ子の心理があまり伝わらなかった。ミステリーとしても、やや物足りない。ベストなキャスティングと思われ、好感度アップ。 (檸檬)[投票]
Ratings
5点5人*****
4点15人***************
3点21人*********************
2点1人*
1点0人
42人平均 ★3.6(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
千変万化!職業別で見る配役〜女優編〜 (TOBBY)[投票(10)]邦人作家ミステリー作品! (TOBBY)[投票(9)]
非告白的女優論;クロスオーバー70’ (けにろん)[投票(6)]曜日 de CINEMA! (いくけん)[投票(3)]
CQNPOV vol.2 (町田)[投票(2)]私的 〔 映画 vs 本 〕 の関係 (リア)[投票(2)]
原作 V.S 映画(邦画編) (ふくふく)[投票(1)]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「木曜組曲」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Suite de jeudi」[Google|Yahoo!]