コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン (2002/)

Catch Me If You Can

[Adventure/Crime/Drama/Comedy]
製作総指揮バリー・ケンプ / ローリー・マクドナルド / アンソニー・ロマーノ / ミシェル・シェーン
製作ウォルター・F・パークス / スティーヴン・スピルバーグ
監督スティーヴン・スピルバーグ
脚本ジェフ・ネイサンソン
原作フランク・W・アバグネイル / スタン・レディング
撮影ヤヌス・カミンスキー
美術ジャニーン・C・オップウォール
音楽ジョン・ウィリアムズ
衣装メアリー・ゾフレス
出演レオナルド・ディカプリオ / トム・ハンクス / クリストファー・ウォーケン / マーティン・シーン / ナタリー・バイ / エイミー・アダムス / ジェームズ・ブローリン / ブライアン・ハウ / フランク・ジョン・ヒューズ / スティーヴ・イースティン / クリス・エリス / ジョン・フィン / ジェニファー・ガーナー
あらすじ1960年代のニューヨーク。16歳のフランク(レオナルド・ディカプリオ)は、文具店を営む父(クリストファー・ウォーケン)を誇りにしていた。しかし店の経営が行き詰まり、父は破産、母(ナタリー・バイ)は家を出ていく。父を助けたいフランクは、社会的に信用される職業──パイロットや医師などになりすまし、自ら偽造した小切手を次々と切っていくのだった。やがて偽造小切手の総額は250万ドルにまで膨れ上がり、その出所を追って、FBI捜査官のカール(トム・ハンクス)が動き出す。[141分/カラー/アメリカンヴィスタ] [more] (Yasu)[投票(1)][全 3 件]
Comments
全130 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5肩の力抜いて作ったようで、実にいい作品に仕上がった。ディカプリオまだまだ10代の役出来るんだ。すごい。意外と上手いのかも。ハンクスも今回は外に出さないいい演技。うまいわ。終わって、映画館の外を出るとさわやかな風。気持ち良い。画面も小さいのは計算してるね。秀作。 [review] (セント)[投票(9)]
★5やはり、観客を飽きさせないという点では、スピルバーグに敵う者はいないようだ。無駄の無いスッキリした脚本は、非常にテンポが良く、スクリーンに観客をぐいぐい引き込んでゆく。キャストも良かったし、文句無しの娯楽映画だ。 [review] (Pino☆)[投票(7)]
★5人は人の何を信じるのか。それは、その人の持つエネルギー。制服には、説得力はあるけど、誰が来ても馴染むものではない。彼が信じ続けてきたもの。それは、青春期に抱えた誰も知ることのない想い。作中、彼を責めることは一度もできなかった。 [review] (starchild)[投票(4)]
★460年代風軽快コメディテイストを装いつつ家族離散の苦悩をマジで描くという、どっちつかずのコンセプトをタイトルからしてのゴージャスさと陰影深いカミンスキー撮影で縁取り纏め上げたスピルバーグの力業とも言うべきカルト作。 (けにろん)[投票(13)]
★4いつもながらスピルバーグの「光」の使い方がとても目立って、つい目が行ってしまった。特にキッチンの窓から入る光が印象的。キッチンってその家族の象徴でもあるもんね。後半のディカプリオの「目」に映る「哀しさ」にすっかり参ってしまった。 (marina)[投票(7)]
★4自分が16歳の頃、何を思っていたか?そのような気持ちが駆け巡った。幸せと不幸の隙間に立ちすくんだ青年の心情が、コメディタッチの裏側で所狭しに描かれている点は好感。追われる方も追う方も皆必死。実に社会派なノンフィクション! [review] (ナッシュ13)[投票(6)]
★4もっとOPのノリのコメディスタイルをなぞってくるのかと思ったら、思った以上に「父と息子」のドラマを描き込んでいた。コメディとしてはゆるくなっていると思うが、スピルバーグは今、父と息子の関係の理想像を描きたかったんだろうなあ、と好感。 [review] (おーい粗茶)[投票(5)]
★4スピルバーグのシリアスな作品やSF作品も好きだけど、このノスタルジックでハートウォームな作風も最高!。改めて彼の監督としてのセンスと才能を痛感。追いつ追われつのハンクスディカプリオも好演。 [review] (TOBBY)[投票(4)]
★4テンポ良く繰り出される、荒唐無稽な詐欺テクの数々が痛快。一方、ドラマ面の過分なウェットさや、2時間半という上映時間などにチグハグさも感じた。「小粋な作品」程度では済ませられないのが、“巨匠”となってしまったスピルパーグの業なのかも知れない。 ()[投票(4)]
★4公僕と詐欺師、そのコントラストが画面を通して伝わってくる。 [review] (あき♪)[投票(3)]
★4透き通った青空を見たときに似た哀しさを感じさせる映画。 [review] (solid63)[投票(3)]
★4主演お二人のフットワークの軽やかさとジョン・ウィリアムズの音楽はとても良かった。エンド・クレジットは最後までご覧になった方がいいかも。出来ればドル表示を現在の貨幣価値に換算して円表示して欲しかったです。 [review] (kawa)[投票(3)]
★4’60年代の雰囲気とフランスタッチ、ささやかに漏れ聞こえてくる音楽の不安と楽しさ。スピルバーグがこれまでの自作から脱却しようとしている。 [review] (chokobo)[投票(2)]
★4巨匠の作品だからちょっと斜に構えて見る。で、気が付くとコノ娯楽作品に夢中になってる自分がいる。彼は観客を喜ばす術を心得ている。批評家達ですら一介の観客に引き戻す技は、もう手放しで絶賛するしかないだろう。 (sawa:38)[投票(2)]
★3このレオナルド・ディカプリオが希代の詐欺師たりえたのは、他人(架空の人物)を演じる能力と小切手偽造の技術をともに類まれな高さで持っていたからだが、演出はその二点を明瞭に描き分けない。物語を体裁よく仕立てるには適当な方途だが、一四一分間も語られた物語に充足感を覚えないのもそのためだ。 [review] (3819695)[投票(5)]
★3父子愛や恋愛や刑事と詐欺師のシンパシーなどの人間ドラマを盛り込みつつも、どーにも抜けきらない「世界仰天ニュース」テイスト。 [review] (くたー)[投票(5)]
★3レオナルド・ディカプリオ初体験。恋の駆け引きを楽しむ女の子ような、もしくはお母さんとかくれんぼの延長戦のような、早く捕まえて!という切ない青年を好演しました。大人を演じながら、ときおり覗かせる子供の顔がとてもうまかったです。あれ?地なの?もしかして。 [review] (Shrewd Fellow)[投票(5)]
★3全く飽きさせず、最後まで見せる構成・テンポ。 でも、見終わった心に風が吹く〜。 [review] (トシ)[投票(4)]
★3ダンスシーンで、無言ながら多くを語るクリストファー・ウォーケンの息子デカプリオへの流し目がもの凄い良かった。あれだけでオスカーにノミネートされたのでは?とすら思える。 [review] (スパルタのキツネ)[投票(3)]
★3オールドファッションで軽妙な味わいがいいかんじ。でもやっぱりスピルバーグのツメの甘さが・・。 [review] (ざいあす)[投票(3)]
★3追う者と追われる者の間の奇妙な親しみの感情。 [review] (なつめ)[投票(2)]
★2実話ということだったので我慢したが、全体的に締まりがない印象。ちょっと長かったがオープニングタイトルの作りは良かった。 (CROZY)[投票]
Ratings
5点38人************..
4点168人********************************************************
3点112人*************************************.
2点11人***..
1点2人..
331人平均 ★3.7(* = 3)

[この映画が好きな人]

POV
−別の俳優、監督が関わるはずだった映画− (kawa)[投票(40)]『虎の門』で井筒監督が採点した作品(03年4月〜) (STF)[投票(9)]
どのトム・ハンクスがお気に入り? (パッチ)[投票(6)]実話だから凄い!! (映画っていいね)[投票(1)]
アニメサブタイトル元ネタ集 (ユリノキマリ)[投票]日本語吹替版新録でDVDの売り上げUP!! (HILO)[投票]
詐欺師〜華麗にダマして (chilidog)[投票]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Catch Me If You Can」[Google|Yahoo!]