コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

月はどっちに出ている (1993/)

[Drama]
製作李鳳宇 / 青木勝彦
監督崔洋一
脚本崔洋一 / 鄭義信
原作梁石日
撮影藤沢順一
美術今村力 / 岡村匡一
音楽佐久間正英
出演岸谷五朗 / ルビー・モレノ / 絵沢萌子 / 小木茂光 / 有薗芳記 / 國村隼 / 金田明夫 / 内藤陳 / 麿赤児 / 金守珍 / 遠藤憲一 / 萩原聖人 / 古尾谷雅人
あらすじ姜忠夫(岸谷五朗)は在日朝鮮人のタクシー運転手である。周囲には祖国統一のため魂を燃やす者もいたが、彼はとくに何事もなく過ごす毎日に満足しているノンポリサラリーマンだ。それだから、「朝鮮人嫌いだが忠さんは別だ」という同僚、名前のプレートを見て従軍慰安婦の問題を得々と語る乗客にも、姜は気持ちを荒立てることもないのだった。彼の恋人はフィリピーナのコニー(ルビー・モレノ)。姜の母が勤めるスナックのチーママだ。結婚したいと思ってはいるが、彼女の言うとおりフィリピンに共々移住するワケにもいかない。とりあえず、唯一の姜の悩みはそのことなのだった。〔109分・カラー・ビスタ〕 (水那岐)[投票(1)]
Comments
全53 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5無国籍都市・東京の雰囲気、主人公達の無軌道さ、ストリーの面白さ・・「在日映画」というくくりで完結させるには惜しい映画だと思う (evergreen)[投票(2)]
★5作者がいいたいのは、日本人でも、朝鮮人でも、フィリピン人でも、立派な奴がいればどうしようもない奴もいる。民俗というくくりで、その立派さ駄目さを断定するのは可笑しいという事だろう。 (takud-osaka)[投票(2)]
★4筑紫哲也氏曰く「在日の主人公を演じると、その男は役者として大化けする。魅力が全開する。例えば『月はどっちに出ている』の岸谷五郎、『GO』の窪塚洋介、『夜を賭けて』の山本太郎」だとか。何故なら、 [review] (Linus)[投票(13)]
★4岸谷五朗は生まれつきの嘘つき顔に感謝すべきだろう。 (ぽんしゅう)[投票(4)]
★4こんな作品が堂々と公開される日本という国は「自由」なんだね。それにしても「自由」ってのは双方にとって「痛い」。 [review] (sawa:38)[投票(3)]
★4隅田川・吾妻橋近くにあるアサヒビール屋上の例の黄金オブジェ…。これで知った人も多いと思うのだけどよくクレームがつかなかったよなぁ。アサヒビールの会長って、けっこう太っ腹? それとももうあきらめてる?  (tredair)[投票(2)]
★4試行錯誤を繰り返してきただが、本作は素晴らしいショットの密度が濃く、映画としての完成度も非常に高い。それを引き立てたのが見事な脚本であり、監督の意図を忠実に表現した撮影であるのは間違いないが、岸谷の初々しさもさらに好感度を上げた。 (ナム太郎)[投票(1)]
★4タクシー業界と在日の現状がおかしくも哀しい。 [review] (しど)[投票(1)]
★3「開き直った明るさ」はこういう微妙な問題を語るときに新鮮な視点だったと思う。 (イリューダ)[投票(3)]
★3在日問題など扱っているワリにはあっけらかんとした映画。裏を返せば、韓国というファクターを抜いてしまえばごく普通の映画になる危険性をはらんでいはすまいか。 (水那岐)[投票(2)]
★3ルビー=モレノの「女の可愛さ」。岸谷五朗の安定感抜群の「駄目男」振り。小木茂光はお気に入り。ヨシッ,俺はこういう日本を受け入れタ! 3.8点。 (死ぬまでシネマ)[投票(1)]
★3梁石日の原作はすごいんだが…全然別物。ルビー・モレノの純情さに免じて3点。 (りかちゅ)[投票(1)]
★3あくまで「淡々と」描いたのは崔洋一の凄さ [review] (てれぐのしす)[投票]
★3姜やコニー、タクシー会社やその周辺の人たちの絡み合い。撥ねつけ。こんな日本の描き方もあるんだ!という高揚感に満ちた可能性と活力を見せつけられる。「火ィ〜、火ィ〜!」ですよ! (chilidog)[投票]
★3肩の力の抜け具合やタイトルとなっているセリフの挿入具合がいい感じ。ルビー・モレノのせいで、始まってからしばらく舞台は大阪だと思っていた。 (グラント・リー・バッファロー)[投票]
★3淡々と進むリアルな日常。じつは大部分の観客には身近な話では全然ないのだが、そう見せるところはすごい。 [review] (solid63)[投票]
★3在日というものがあくまで引っ掛かりであり、あとは単純に物語に重点を置いたのは大正解。一番仲良くしなければいけない隣国。さまざまな問題はあるかも知れないけど、真の国交は市民レベルなのだ。同じ人間、ましてや同じ国、同じ土地で育った「異国人」に何の憎しみがあろうか。 (tkcrows)[投票]
★3面白かった?なんか良くわかんなかったなあ。 [review] (chokobo)[投票]
★2この映画は作られた当時に観ていたら、斬新だと思ったのかもしれない。設定は面白いのだが、表面的な面白さばかりで、監督のスタイルが感じられない。 (worianne)[投票(2)]
★2すごいキャストだ!演技している役者?が一人もいない。 (billy-ze-kick)[投票(1)]
★2昔は★4。今は岸谷五郎が鼻につく。この歳にもなれば、2人がただの救いのないカップルという事が判るようになった。底辺の人間達を描くなら、根拠なき楽観主義で終えちゃダメ。 [review] (mize)[投票(1)]
★2主演は格好つけ過ぎだし、有薗芳記ら助演のフォロー不足は無神経、途中で止める長回し他思いつきのような撮影も酷い。面白い断片は全部原作のお蔭だろう。 (寒山拾得)[投票]
★1面白そうな題名に騙された。なんで賞総ナメなんだろう。 (ユージ)[投票(1)]
Ratings
5点17人*****..
4点78人**************************
3点130人*******************************************.
2点44人**************..
1点12人****
281人平均 ★3.2(* = 3)

[この映画が好きな人]

POV
四方田犬彦が選ぶ、「世界映画史の113本」 (バーボンボンバー)[投票(18)]ジャパネスクin5大国際映画祭 (けにろん)[投票(11)]
タクシードライバーズ (chilidog)[投票(7)]在日コリアン (死ぬまでシネマ)[投票(6)]
キネマ旬報ベスト・テン脚本賞一覧 (寒山拾得)[投票(5)]きねじゅん爺の選択-邦画編- (muffler&silencer[消音装置])[投票(5)]
隼の部屋 (こぱんだ)[投票(3)]CQNPOV vol.1 (町田)[投票(2)]
都市に生きる=アジア編= (evergreen)[投票(1)]シビれる原題・英題 (evergreen)[投票]
Links
検索「月はどっちに出ている」[Google|Yahoo!(J)|goo]