コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

地底探険 (1959/)

Journey to the Center of the Earth

[Adventure/SciFi]
製作チャールズ・ブラケット
監督ヘンリー・レヴィン
脚本チャールズ・ブラケット / ウォルター・ライシュ
原作ジュール・ヴェルヌ
撮影レオ・トーバー
美術ライル・ウィーラー / フランツ・バチェリン / ハーマン・A・ブルメンタル
音楽バーナード・ハーマン
特撮L・B・アボット / ジェームズ・B・ゴードン
出演ジェームズ・メイソン / パット・ブーン / アーリーン・ダール / ダイアン・ベイカー
あらすじ19世紀末。地質学者のオリバー・リヒテンブルック教授(ジェームズ・メイソン)は、教え子アレック(パット・ブーン)が持ち込んだ非常に珍しい溶岩を溶解してみた。すると中から地底世界への道を示したおもりが出てきた。二人は高名な地質学者ゲタボルグの未亡人カーラ(アーリーン・ダール)と共に、噴火口から地底に降りてみることに。途中で一行を襲う、幾つもの危機や苦難に悩まされながらたどり着いたところは・・・。ジュール・ベルヌ原作のSF冒険小説の古典を忠実に映画化。(129分) (AONI)[投票(1)]
Comments
全9 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4これを見て地球の中は空洞で湖とかあるんだと本気で思っていた。最後の地上に出てくるところで、これはウソかもと思いました。 (ぱーこ)[投票(2)]
★4この映画の一番のファンはリック・ウェイクマンです。 (カレルレン)[投票]
★4海底2万哩』に『80日間世界一周』、『タイムマシン』に『月世界探検』。ヴェルヌのウェルズの原作小説に狂い、映画に狂った高校時代。あの思い出が甦った!古き良き時代の冒険映画よ、永遠に。 (茅ヶ崎まゆ子)[投票]
★3この時代は人間はどこへでも行けるという感じだったのでこういう作品が連発されたのだろうけれど、それならばもうちょっとスケールを大きく展開してもらいたかった。 [review] (----)[投票]
★3要所々々で未亡人がエロい。このジャンルはあなどれない。 (黒魔羅)[投票]
★3こんなんあるんだろうか?ってお話なのですが、 たむら しげる の絵本(ロボットのくに SOS)でも 見たようなシーンなど出てきました。 映画のデキがどうのと言う前に、イマジネーションを広げてくれるような設定ですね。 [review] (fufu)[投票]
★3子供の頃、テレビで見た。一緒に地底を歩いているとすら感じた、あのときの一体感は今どこに。 (ジェリー)[投票]
★3最後の展開も凄いが、セットだということを感じさせない美術デザインも良いと思う。 (荒馬大介)[投票]
★2そりゃどうせ映画なんてうそなんだから、どうせならでっかい嘘つこうってのは好きなんですよ。だけどなあ・・・あまりに嘘過ぎて観ているうちから興ざめしちゃってました。 (ガラマサどん)[投票]
Ratings
5点0人
4点4人****
3点13人*************
2点1人*
1点0人
18人平均 ★3.2(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
−海外SF小説の映画化作品− (kawa)[投票(18)]広川太一郎吹替え作品 (バーンズ)[投票(12)]
ドラ (黒魔羅)[投票(6)]地下<そこ>より永遠<とわ>に (死ぬまでシネマ)[投票(5)]
恐竜映画 (verbal)[投票]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「地底探険」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Journey to the Center of the Earth」[Google|Yahoo!]