コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

皇帝のいない八月 (1978/)

[Action/Drama]
製作杉崎重美 / 宮古とく子 / 中川完治
監督山本薩夫
脚本山田信夫 / 渋谷正行 / 山本薩夫
原作小林久三
撮影坂本典隆
美術芳野尹孝
音楽佐藤勝
出演渡瀬恒彦 / 吉永小百合 / 山本圭 / 高橋悦史 / 三國連太郎 / 滝沢修 / 佐分利信 / 小沢栄太郎 / 内藤武敏 / 永井智雄 / 渥美国泰 / 丹波哲郎 / 鈴木瑞穂 / 岡田英次 / 山崎努 / 三上真一郎 / 永島敏行 / 風間杜夫 / 神山繁 / 森田健作 / 岡田嘉子 / 渥美清 / 泉じゅん / 香野百合子 / 大滝秀治 / 浜村純 / 中島ゆたか / デニス・ファーレル / 太地喜和子
あらすじ東北地方で暴走するトラックからパトカーが銃撃される事件が発生。銃弾は米軍仕様のものだったことから在日米軍が関与したクーデター計画が発覚する。政府はただちに叛乱分子を鎮圧しにかかるが、首謀者の渡瀬恒彦率いる一隊は寝台特急「さくら」を占拠する。「さくら」には妻吉永小百合とその元恋人山本圭も乗り合わせていた。 一方総理は今回の事件を政敵を倒す機会と捉え、謀略を展開しはじめる。政変が続く間も「さくら」は一路東京へ向って走り続ける。 遂に政府は乗客の犠牲をも無視した強行突破の作戦を採用することになる。 (sawa:38)[投票]
Comments
全23 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4至純の右翼は美しさに通じ、至純の左翼は鈍クサさに通じる。どちらが素晴らしいというものではない、ただ見かけだけだと山本薩夫は見抜いている。双方が怪物的成長を遂げるに至り、例外なくファシズムの唾棄すべき怪物へと姿を変える。国を憂える者は国の中枢から遥かに遠ざかった者だけだ。 (水那岐)[投票(3)]
★4平和の醜さと戦うことの美しさ。並列して描くためには、どれだけの知性の高さが必要なのかと思うと、感心せざるを得ない。 [review] (G31)[投票(2)]
★4この映画、いろいろな意味で怖い。 [review] (代参の男)[投票(1)]
★4こういうやけくそ気味なラスト、好きです。しかし、藤崎が武士道万歳みたいな事を言っているわりに、やってることは外道極まりない。ところで、習志野空挺は結局どちら側についたのか? (Lycaon)[投票]
★4左翼監督の作った右翼映画 [review] (パピヨン)[投票]
★4右翼とか左翼とかよく分からないけど、戦慄のラストまで面白く観れます。役者が各々熱演だが、とりわけ吉永小百合の美しさは白眉。['03.8.29浅草新劇場] (直人)[投票]
★4渡瀬恒彦のゴーマニズム宣言。滝沢修佐分利信の「怪物」ぶりがいい。21世紀になった今こそ再映画化を熱望したい内容。昔に比べて、政治家も俳優も小粒になりましたが・・・。 (AONI)[投票]
★4破壊される予定調和。当時、松竹ではこんな感じのペシミスティックな作品(『吸血鬼ゴケミドロ』や『昆虫大戦争』など…いずれも未見)を製作することが何度かあったらしいが、機会があれば是非鑑賞してみたいものだ。 (ガブリエルアン・カットグラ)[投票]
★41975年制作の「新幹線大爆破」に出ていた丹波哲郎、山本圭、「動脈列島」に 出ていた小沢栄太郎がここに合流!鉄道パニック物の異色作!! 出来は前2作より若干落ちるが、ラストは面白い。 この3作品、監督がすべて異なり、個性の違いを是非見比べて欲しいです。 (フランコ)[投票]
★3恐ろしや内閣調査室。気迫迫る渡瀬の右翼ぶり、他には無いオーラを放つ三国と見るべきものは役者単位。物語的にはどうもなぁ〜。そういえば寅さんは大丈夫だったのか? (クワドラAS)[投票(6)]
★3迫力だけの無茶苦茶も俳優が上手いと成立するというお手本のような映画 [review] (寒山拾得)[投票(3)]
★3山本薩夫の選り好み。 [review] (町田)[投票(2)]
★3自衛隊の内部クーデター計画が端緒について官軍中枢の権謀術数がパノラミックに描かれる前半には、極右というものがファッションではなくファナティックであった時代の空気が濃厚に在り見応えもあるが、後半は緩いパニック映画の出来損ないになった。 (けにろん)[投票(2)]
★3いちばん感激したのは、『戦争と人間』伍代財閥の大莫迦息子、高橋悦史の奇跡のような高度成長。これで地球は安泰だ。 [review] (disjunctive)[投票(1)]
★3渡瀬恒彦の軍服姿はとてもかっこいい。吉永小百合をまともに見るのは初めてだが綺麗ですね。題材もとても良いです。 [review] (ハム)[投票]
★3しかしまあ、せっかくの渥美清岡田嘉子もこんな程度の役とはね。役不足とは正にこのことだね。よく松竹に怒られなかったもんだな、監督。[Video] (Yasu)[投票]
★3反乱分子による夜行列車制圧という着想にはそそられるものがあるが、いかんせん狭い日本の寝台特急の中ではスケール感が出せるはずもなく、日本映画名優列伝になってしまったのは残念。 渥美清はさすがにゼスチャーのキレが良い。 (木魚のおと)[投票]
★3アイディアと脚本はそんなに悪くないと思うんだがなあ。予算がついてこなかったのが一番の原因かな。なんかチャチな印象がぬぐえないんだよなあ。 (シーチキン)[投票]
★3あれっ?俺は左翼系文化人のはずだったのに・・・談:山本薩夫 (sawa:38)[投票]
★2硬派なクーデターものと思いきや、小百合タンがでしゃばったおかげでおじゃんに。政府との交渉まで2時間弱って引っ張りすぎ (TOMIMORI)[投票(2)]
★2反乱軍が社員旅行よろしく全員そろって寝台列車で上京するというマヌケな設定もさることながら、ディティール描写が出鱈目で適当すぎて観ているうちにどんどんしらけて来る。尾行や閣僚会議の幼稚さには失笑した。大嘘つきたいなら細かいところで嘘をつくな。 (ぽんしゅう)[投票]
★2キャストは豪勢だったんですねー。どういうわけか映画館で観たんで採点しますが、面白くなかったです。 (ラジスケ)[投票]
★1何だかなぁ…。ラストはある意味,必見。 [review] (もーちゃん)[投票]
Ratings
5点1人*
4点16人****************
3点19人*******************
2点9人*********
1点2人**
47人平均 ★3.1(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
総理大臣を演じた俳優たち (TOMIMORI)[投票(12)]越境の70年代末〜侠道から堅気へ (けにろん)[投票(5)]
9・11に捧ぐ・・・ (茅ヶ崎まゆ子)[投票(5)]
Links
検索「皇帝のいない八月」[Google|Yahoo!(J)|goo]