コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

オルカ (1977/)

Orca

[Drama/Action]
製作総指揮ディノ・デ・ラウレンティス
製作ルチアーノ・ヴィンチェンツォーニ
監督マイケル・アンダーソン
脚本ルチアーノ・ヴィンチェンツォーニ / セルジオ・ドナーティ
撮影テッド・ムーア
美術マリオ・ガルブリア
音楽エンニオ・モリコーネ
出演リチャード・ハリス / シャーロット・ランプリング / ボー・デレク / ウィル・サンプソン / ロバート・キャラダイン / キーナン・ウィン / ピーター・ホーテン
あらすじノーラン船長が生け捕りにするつもりのシャチは、メスで子供を生み死んでしまう。その傍を泳ぐオスのシャチはそのままその場を睨みながら離れるが、その後からオスのシャチの復讐が始まっていく・・。 (バタピー)[投票]
Comments
全16 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4子供心にはサメより怖かった。だって、理由あって襲って来るんだよ。家の中にいても来るんだよ。 (mal)[投票(2)]
★4シャチ版家族愛&復讐劇。視点を変えシャチの気持ちを考えると彼らを応援したくなる。当時流行った動物パニック物のひとつだが、とにかく主人公を追いつづけるシャチにいろいろ感じ入ってしまった。その上リチャード・ハリスが微妙な心情をよく演じていた。 (tkcrows)[投票(1)]
★3ことばが通じないから言い訳しようにも、、、。 (KADAGIO)[投票(2)]
★3端役の若きボー・デレクが色気ゼロの田舎娘で驚く。この数年後に『テン』や『類猿人ターザン』がくるのだから、よく化けてくれたものだ。内容はまあ、お察しの通り。 (ペンクロフ)[投票]
★3炎に照らされながら豪快にジャンプするオルカの姿は実に印象的だった。それにしても、鯱だの鮫だのは、どうしてあんなに賢いのだろう? [review] (シーチキン)[投票]
★3何をさておき、とにかく痛そう!!! (大魔人)[投票]
★3和歌山には鯨の復讐伝説があるそうだ。大きい分恐そう。 (りかちゅ)[投票]
★3ボー・デレクのパンチラに喜んでいたら、その後エライことに。 (黒魔羅)[投票]
★3シャチ版のマッド・マックスと言ったところか。ただ、悲しいのは船長に悪気が無い事。 (バタピー)[投票]
★2“恨み晴らさせて頂きやす” どこか『フランケンシュタイン』を彷彿させる化物シャチが怖い。ホラー映画だったんだね。 (AONI)[投票(2)]
★2ハリスにもランプリングにも感情移入できず、更に登場人物も唐突にバタバタと死んでいく。シャチのあまりにもな擬人化も合わせて、どうにもノレなかったなあ。 (takamari)[投票(1)]
★2シャチだよ鯱 英語でキラーホエール 復讐に燃えるその目 ちょっと面白い (マツーラ)[投票(1)]
★2出来損ないの『白鯨』ではないか。 ()[投票]
★2モリコーネ節が盛り上げる,情念たっぷりの“ド演歌”動物パニックもの。でもここは新宿コマではない。 (もーちゃん)[投票]
★2ジョーズ』便乗企画を巨大シャチで勝負するラウレンティスの映画屋魂はありとしても無機的な殺人魚に対して情てんこ盛りの擬人化親子愛ダダ漏れでは古めかしすぎる。北海の景観は情緒を味わうまえに寒々しくて辛気くさくアクションはキレなくショボい。 (けにろん)[投票]
★2Hという級友は題名を「イルカ」と間違え、シャチが出てくるのになぜイルカなんだと思って観ていたそうだ。そういうサスペンスもあるのですね。 (丹下左膳)[投票]
Ratings
5点0人
4点5人*****
3点26人**************************
2点15人***************
1点2人**
48人平均 ★2.7(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
ブッシュ・アメリカ・映画 (新人王赤星)[投票(20)]アニマル・パニック (verbal)[投票(4)]
Links
IMDBThe Internet Movie Database
検索「オルカ」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Orca」[Google|Yahoo!]