コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

座頭市物語 (1962/)

[Drama/Action]
監督三隅研次
脚本犬塚稔
原作子母澤寛
撮影牧浦地志
美術内藤昭
音楽伊福部昭
出演勝新太郎 / 天知茂 / 万里昌代 / 島田竜三 / 毛利郁子 / 柳永二郎
あらすじ下総の飯岡親分(柳永二郎)のところへ草鞋を脱いだ盲目の按摩、座頭市(勝新太郎)は博打好きの女好きで居合いの達人であった。或る日、飯岡と対立する笹川親分(島田竜三)の剣客の平手造酒(天知茂)と知り合い、何故か気を通わせる。盲目の市は造酒が結核であることを一瞬にして見抜くのである。激化する両親分の対立は笹川が市の暗殺を命じて逆に返り討ちにされたことで決定的になり、折しも造酒が喀血して倒れたのを機に飯岡は一気に笹川打倒を目指した。そして、利根川での飯岡対笹川の決戦の日がやって来た…。シリーズ第1作。 (けにろん)[投票]
Comments
全44 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5清潔で純粋 [review] (kiona)[投票(8)]
★5「知己」という言葉の意味を思い出したいとき、何度でもこれを見るといい。 [review] (町田)[投票(6)]
★5まぎれもない傑作。金に汚くずるがしこくて図々しくて図太くて、それでいながら憎めない、魅力あふれる「市」というだけでなく、理不尽なものへの怒りがどんどん、どんどん鬱積していってそれが爆発するラストが実に爽快なものとなっている。 [review] (シーチキン)[投票(4)]
★5人間の愚かさが愚かさとして的確に描かれており、座頭市(平手も)という潔癖な人物の希少価値に惚れ込まざるを得ない。 [review] (G31)[投票(4)]
★5「市の命はそんなに安か売れませんぜ」…震えます。 [review] (たかやまひろふみ)[投票(4)]
★5本気で生きる男たちの気持ちが交錯する瞬間を静かに描ききった傑作。男と男が判りあうという事態を表現するのに必要なのは派手な殺人なんかじゃない。 (ハム)[投票(4)]
★5「また会えるか?」「また飲もう!」男二人が一つの湯のみで酒を飲んでいる。なんかこっちまでニンマリしました。すげぇ楽しそうじゃん!咳き込んで一人で酒を飲んでるより全然うまいだろうなぁ。この二人の関係は何事も無く続いてほしい、素直にそう思いました。 [review] (ギスジ)[投票(3)]
★4第一作のこともあってか、座頭市が盲目であることがさんざ笑いのタネにされるが、それに対し盲人の意地を見せつける市が小気味良い。そして彼が、人の善悪の匂いを不思議と嗅ぎつける男であることにも惹かれる。 [review] (水那岐)[投票(7)]
★4三隅の丹精なモノクロ撮影が嬉しい。川や橋を捉える度に画面が躍動し始める。 [review] (寒山)[投票(4)]
★4映画の持つ「気迫」と「風格」。真の様式美。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(4)]
★4盲目のヤクザが唯一心許した男が、まるで鏡像のように似た境遇の敵だった。川。葦のさやぎ。風。すべてをひりひりと触覚で感じ続けた男を、怪物でなく人間として描いた第1作には、いいようのない抑えた凄みがある。 (ジェリー)[投票(3)]
★4男が男に、また、女が男に、惚れる瞬間というのが明確に描かれている。その演出の素晴らしさもさることながら、「恋している」瞳をきっちり演じきる役者の演技にも感動した。真剣な映画は、観ていて本当に気持ちが良い。(2003/10) (秦野さくら)[投票(3)]
★4劣等感の裏返しから来る闇の力。丁寧な口調の裏に隠す静かな怒り。 [review] (マグダラの阿闍世王)[投票(3)]
★4市は強い。盲目であることすら武器にする。だが見えないが故に人の心が誰よりも分かってしまう。そして…… [review] (荒馬大介)[投票(2)]
★4幾多の死線を潜り抜けてきた本物の強者のみが知る、戦いが持っている虚しさや馬鹿らしさが良く表わされていました。 [review] (ゆーこ and One thing)[投票(2)]
★4歴史の伝承の片隅に記されただけの傑物たちのひとときの相克と共振。後のアクロバティックな市の居合いはまだ無く地味なリアリズムが全編に漂う虚無感を全うさせている。それを一方で負って立つ天知茂の傍流的な役者としての立ち位置がまた絶妙なのだ。 (けにろん)[投票(2)]
★4殺陣の魅力は続編に及ばなくても、第一作らしい緊張感と説明過剰でない渋いストーリーテリングにしびれた。 [review] (イリューダ)[投票(1)]
★4用心棒の重い腰を上げさせるのは一苦労。 [review] (TOMIMORI)[投票(1)]
★3地味過ぎる程、地味な第一作だが逆にそれがいい。この作品をシリーズ化に導き、名作たらしめたのは勝新太郎天知茂の一世一代の名演である事に異論がある者はいないだろう。 (直人)[投票(2)]
★3この頃の勝 新太郎の方が迫力があったように思う。晩年のイメージダウンが残念。 (RED DANCER)[投票(2)]
★3勝新太郎のイメージからか、座頭市って破天荒でやんちゃな人を想像していたのですが、ヤクザなのに汚れた感じがなく寡黙で折り目正しい人だったので、私は逆に面食らってしまいました。 [review] (づん)[投票(1)]
★3話の核はセンチメンタルな友情。そりゃ『不知火檢校』よりウケるわな。 (黒魔羅)[投票]
Ratings
5点30人******************************
4点48人************************************************
3点17人*****************
2点0人
1点0人
95人平均 ★4.1(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
読んでから見るか、見てから読むか。 (シーチキン)[投票(14)]バイブル2 (けにろん)[投票(13)]
極私的愛好台詞選 (たかやまひろふみ)[投票(12)]キネマ旬報増刊 映画史上ベスト200シリーズ掲載作品一覧 (寒山)[投票(10)]
双葉十三郎が選ぶ日本映画100本 (AONI)[投票(10)]−チャンバラ映画の浮世絵師−三隅研次 (AONI)[投票(8)]
この人は、コレが一番! (シーチキン)[投票(5)]大映のシリーズ ()[投票(4)]
座頭市 (町田)[投票(4)]私が薦める時代劇 (シーチキン)[投票(3)]
801 State (たかやまひろふみ)[投票(3)]壮烈!ハードアクション時代劇 (パピヨン)[投票(3)]
盲目 (Lostie)[投票(2)]お気に入り (fufu)[投票]
Links
検索「座頭市物語」[Google|Yahoo!(J)|goo]