コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

マークスの山 (1995/)

Marks

[Mystery/Thriller]
製作中川滋弘 / 宮下昌幸 / 大脇一寛
監督崔洋一
脚本丸山昇一 / 崔洋一
原作高村薫
撮影浜田毅
美術今村力
音楽ティム・ドナヒュー
衣装宮本まさ江 / 松本律子
出演中井貴一 / 萩原聖人 / 古尾谷雅人 / 名取裕子 / 小林稔侍 / 岸谷五朗 / 西島秀俊 / 遠藤憲一 / 伊藤洋三郎 / 寺島進 / 大杉漣 / でんでん / 金守珍 / 前田吟 / 笹野高史 / 岩松了 / 萩原流行 / 塩見三省 / 角野卓造 / 岸部一徳
あらすじ住宅街で猟奇的な殺人事件が起きる。暴力団の男(井筒)が惨殺されたのだ。やがて捜査に当たっていた警部補・合田(中井)の耳に別の殺人事件の通報が入る。遺体の残忍な手口から最初の事件との関連を嗅ぎとる合田。しかし捜査は困難を極める。一方,精神病棟に入院していた青年・裕之(萩原)は退院し、行く当てもなく看護婦であった真知子(名取)の元を訪ねる。やがて惹かれ合う二人。しかし裕之は入院中に同室の男から「マークスの山」にまつわる秘密を聞かされていたのだった…。第109回直木賞受賞の高村薫の原作を崔洋一が骨太に描く本格サスペンス。カラー/139分。 (TOBBY)[投票]
Comments
全39 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4テーマが内包する空疎な執念が作品を覆う陰鬱な空気と化し、刑事同士の確執にまで波及する。非情としか言えないその描写の巧緻。一方で凡するかと思えた萩原名取の部分の本気度。臭くないのが驚きでさえある。暗くて救いの無い話は嫌いじゃない。 (けにろん)[投票(3)]
★4こういう遺恨満載な映画嫌いじゃないよ。最終的にどういう遺恨なのかよくわからないとしても。 (ハム)[投票(1)]
★4作品全体を覆うドンヨリとした殺伐感、何か人間の心の奥底にある澱みみたいなものにドップリ浸かってしまった。南アルプスをダブルミーニング的に“マークスの山”として描き、双方の業を背負ったアルピニスト達が時を隔てて登頂する。哀しくもどこか安堵感漂うラストの余韻もいい。漠然とだが、原作未読で正解だったような気がした。 (クワドラAS)[投票(1)]
★3原作を文芸書・文庫 双方で 十数回は読んだ。 “山” は “ふたり” のマークスの山である事は、いくら映画用の脚本だからといって、軽視してはいけなかった。 [review] (ありたかずひろ)[投票(4)]
★315年振りに再見。次から次に現在の邦画界を代表する実力派俳優が中堅として溢れ出てくる。作品内容が例え中途半端であろうとも、この役者陣の揃い踏みを眺められるだけで価値は高い。今から思えば贅沢な楽しみだ。 (sawa:38)[投票(4)]
★3長大な原作から「理屈が理性を超えて犯す犯罪と、本能が理性を壊して犯す犯罪」、そして「職業刑事としての自尊心と、手柄を奪い合う矮小な競争心」の2点に話を絞り込んだのは成功。惜しむらくは「山」の扱いに、もう少し映画的な工夫を見たかった。 (ぽんしゅう)[投票(2)]
★3後の名役者の見本市といった趣で楽しめたが、骨子となる題材に興味が持てないのもあってエロと暴力が無駄にダラダラと感じられた。これが『CURE』の萩原聖人を生み出したと捉えれば意義深いのだろうが。 (TOMIMORI)[投票(1)]
★3原作に登場したロケーションが実際に見られた所だけが価値アリ。主要キャスト以外のキャスティングが良かった。日本にも沢山の魅力的な実力俳優が居る。 (uyo)[投票(1)]
★3原作を読んでいないので、映画だけの感想としては、ちょい解り難い感じ。でも名取&萩原の絡みは良かったよ。 (わわ)[投票(1)]
★3これがあって、その後『血と骨』がある、と考えるとなんとなく納得できる。 [review] (緑雨)[投票]
★3原作を割と映画向きに改変(例えば第一死体発見現場が公園から坂道に変化するなど)してて悪くないと中盤までは思ってたのだが、前田吟萩原聖人のどつき合いに挿入されるクロスカッティング、あれは頑張りは認めるけどつまらん。大体、ラストで富士山見せないってどうなのよ。最後の名文が台無し。中井貴一はハードボイルドに演技をこなして意外とハマっている。 (赤い戦車)[投票]
★2原作を読んで、この作品の核は「山の持つ狂気」だと思った。映画は、主に猟奇殺人の部分が強調されていて、サイコな謎解き物に成り下がっている。萩原聖人演ずるマークスにも、肝心な「硬質さ」が無く、原作が気に入っているだけに、かなり不満を感じた。 [review] (worianne)[投票(2)]
★2説明不足が多く、話がすんなり入ってこない。原作の緻密な部分を飛ばして描くとこうなってしまう。 [review] (トシ)[投票(1)]
★2原作の持つ魅力が殆ど失われている。濡れ場や警察内部での対立なんかよりも登場人物の内面をしっかり描いて欲しかった。原作で印象的だったラストシーンを映像で観られるかと期待したが、その部分でもがっかり。 (blandest)[投票]
★2テンポが悪くて、面白くない。萩原聖人が好演。名取裕子は今イチ。 (直人)[投票]
★2原作のあらすじを映像化しました、といった感じ。肉体的に痛いシーンばっかりで正視できず。「山」の重要性を描ききれてないのが全くもってイタイ。 萩原聖人名取裕子はイイ感じだけど、中井貴一は合田刑事のイメージじゃないっ。 (ふくふく)[投票]
★2あっ! 井筒のおっさん! あ、はやっ! はよ死によったなぁ。ってくらいしか印象にないぞ。 (vito)[投票]
★2名取裕子の絡み・・・狙いだとは思うけど、なんか安っちくって目をそらしてしまいました。 (秦野さくら)[投票]
★2個人的に古尾谷雅人が嫌い。彼が出演すると日本臭さが強まる。 (アルシュ)[投票]
★1この世に存在した、撮影されたことがある、と言う事実さえ抹消したくなる映画。 [review] (googoocat)[投票(2)]
★1どうして合田刑事が中井貴一なの?全然似合わねー!!それに映画見ただけじゃ、どういうストーリーか、どこが伏線なのか、ちっともわからない(と、一緒に見た友人が首をひねっていた)。小説を映画化した中で、もっとも失敗した作品。 (みか)[投票(1)]
★1重量級の原作では、やはり映画化は無理だったか。本と映画とどっちがいいかと聞かれて100パーセント「本」と言える映画のひとつです。ちなみに合田刑事の私のイメージはなぜか最初っからトヨエツでした。 (おーい粗茶)[投票]
Ratings
5点0人
4点16人****************
3点46人**********************************************
2点47人***********************************************
1点15人***************
124人平均 ★2.5(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
私の嫌いな映画 (ジャイアント白田)[投票(15)]直木賞受賞小説映画化作品大全集 (町田)[投票(14)]
千変万化!職業別で見る配役〜女優編〜 (TOBBY)[投票(10)]邦人作家ミステリー作品! (TOBBY)[投票(9)]
登山シーンがある映画 (ジョー・チップ)[投票(8)]War Simulation in JAPAN 〜誰がこの国を守るのか〜 (ペペロンチーノ)[投票(4)]
ブルーリボン賞助演男優賞 受賞者一覧 (寒山拾得)[投票(3)]私的 〔 映画 vs 本 〕 の関係 (リア)[投票(2)]
原作 V.S 映画(邦画編) (ふくふく)[投票(1)]別の意味で「青春映画」。 (申徹也)[投票]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「マークスの山」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Marks」[Google|Yahoo!]