コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

トリコロール/白の愛 (1994/ポーランド)

Trois couleurs: Blanc

[Drama]
製作マラン・カルミッツ
監督クシシュトフ・キェシロフスキ
脚本クシシュトフ・キェシロフスキ / クシシュトフ・ピェシェビッチ
撮影エドゥヴァルド・クウォシンスキ
美術ハリナ・ドブロヴォウスカ / クロード・ルノワール
音楽ズビグニエフ・プレイスネル
出演ジュリー・デルピー / ズビグニエフ・ザマホフスキ / ヤヌシュ・ガヨス / イェジー・シュトゥール
あらすじパリで美容院を経営するポーランド人のカルロ(ズビグニエフ・ザマホフスキ)は、性的不能に陥り妻ドミニク(ジュリー・デルビー)に離婚を言い渡される。トランクひとつで町を彷徨う彼に、同郷のミコワイの協力を得て、故郷ポーランドに戻ることが出来る。妻への思いを捨てきれない彼はある作戦を図る。白=平等をテーマにしたトリコロール・シリーズ2作目。 (アルシュ)[投票]
Comments
全29 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5キェシロフスキが言いたかった平等はどれだろう? [review] (Ribot)[投票(3)]
★5やはり面白い。白=たかまりなんでしょうな。こんな一途な愛も子供っぽいけど純粋だよね。キェシロフスキにコメディーの素質が大ありだったという証明。あんなおっさんが可愛く見えてくるもんね。男には哀しみも嬉しさも両方解るぜ。 (セント)[投票(1)]
★4白=生命と解釈。 [review] (24)[投票(4)]
★4一途な愛。それが白。 (らーふる当番)[投票(2)]
★4ツンデレと理解と奇跡〜☆ [review] (夢ギドラ)[投票(1)]
★4寓話だとしても調子良すぎてシラけるが、男が異郷でしたのであろう辛苦と望郷の思いはマジ泣ける。そっぽ向かれれば尚愛おしい男の愛憎入り混じる思いも納得性がある。脇の賭博師が単調な物語に好アクセントを付加し、長焦点レンズの駆使も冴えまくる珠玉品。 (けにろん)[投票(1)]
★4前半は好感が持てる情けない男だったのが、中盤から変に格好つけてダサくなり、ラストにいたってはストーカーみたいで気持ち悪かった。スケートのシーンぐらいで止めておけば良かったのに。2002.6.6 (鵜 白 舞)[投票(1)]
★4コメディでしか表せない愛というものもある。ラストのカルロの涙は、『青の愛』の最後のビノシュが浮かべる恍惚の表情と同じくらい愛の歓びに満ち溢れている(と思う) (くろねずみ)[投票(1)]
★4話の展開がおもしろい。最後のほうはすこし強引な気がするが、フィクションならこういうのもあり。 (アリ探し)[投票(1)]
★43作の中では薄暗く、少し変わったストーリー。全編曇り空っぽい映像に、白が浮き出てよく映えてます。これがなぜか1番好き。あらすじだけでも見たくなる、トリコロール作品に興味が無い人にでも最後まで見れるサスペンスドラマ。隠れた小品。3.8点。 (Muff)[投票]
★3冒頭にいきなり出てくるスーツケースの正体・・・笑えた。白は平等ですよね。ラストはともかく3部作の中では異色な仕上がりで好きです。 (アルシュ)[投票(3)]
★3「平等」を夢見る、名字と名前が同じ男の話。(レビューはラストに言及) [review] (グラント・リー・バッファロー)[投票(2)]
★3なんかようわからんかったけど、ジュリー・デルピーは素適だ。彼女に執着する男の気持ちもよくわかるというものです。 (ハム)[投票(2)]
★3愛し合う者同志が互いを尊重しあう事、それが「結婚」。その前提が崩れた時の一方的な愛情を偏執的と呼ぶ。あくまでも対等な関係を保った男同士のエピソードこそ「白=平等」というタイトルに相応しい。 (sawa:38)[投票(1)]
★3愛、というより執着ですな。 (ジェリー)[投票(1)]
★3最後がよく分からなかった。あれはいったいどういうことなの? 少し飛躍しすぎているような気がしました。 (ことは)[投票(1)]
★3何だか納得のいかない幕切れ。色とか画面とかオシャレだけど、良質のコミックスですか?と言いたい気がする。 (ぱーこ)[投票(1)]
★3窓辺に浮かぶ女、双眼鏡で覗かれる女としてのジュリー・デルピー。ラスト、2人が対等の関係になったかのように見えて結局なってないんじゃないか。白を基調とした画面には清潔感があってよい。 (赤い戦車)[投票]
★3騙し騙されそれでも惹かれあう、このフクザツなきもちをわかってよ! (_)[投票]
★3博愛主義者でも無い限り、愛は不平等(一方通行)なんですね。自分の愛し方しか出来ない男女が、それぞれの愛し方を受け入れれば、それが「平等」なのかな!? (死ぬまでシネマ)[投票]
★2ジュリー・デルピーは、白!って感じが良くでてる。 (ミイ)[投票(1)]
Ratings
5点12人******
4点52人**************************
3点70人***********************************
2点7人***.
1点1人.
142人平均 ★3.5(* = 2)

[この映画が好きな人]

POV
ゲンダイ外国語辞典-副読本 (LOPEZ que pasa?)[投票(8)]ヨーロッパ映画代表作[投票(8)]
タイム誌が選んだ年間ベスト10(80−90年代) (AKINDO)[投票(7)]日本人は「愛」が好き? (peacefullife)[投票(7)]
CINEMA色の風景 (いくけん)[投票(4)]私的フランス映画 (ハイズ)[投票(2)]
同じような時期に公開された類似作品 (verbal)[投票(1)]『汚れた血』(1986/仏)を駆け抜けた三人のそれぞれ (skmt)[投票(1)]
ジュリー・デルピーもの (TS)[投票]
Links
IMDBThe Internet Movie Database
検索「トリコロール/白の愛」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Trois couleurs: Blanc」[Google|Yahoo!]