コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

歴史は女で作られる (1955/)

Lola Montes

[Drama]
監督マックス・オフュルス
脚本マックス・オフュルス
撮影クリスチャン・マトラ
音楽ジョルジュ・オーリック
出演マルチーヌ・キャロル / ピーター・ユスティノフ / アントン・ウォルブルック
あらすじ或る見世物小屋で、かつては華美の頂点を極めた貴婦人が、見世物として晒される。 「エレファントマン」のサーカス団長を連想させるピーター・ユスチノフが好演。(実際D.リンチはこれを参考にしたのかも?)  大衆の前で自分の人生を淡々と語る彼女と、度重なる回想シーンが当時話題になったとか。 (YO--CHAN)[投票]
Comments
全5 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4オフュルスの遺作。矢張り彼らしい一種のオムニバスと云っても良い複数のエピソード(ローラ・モンテスによる回想)を流麗なカメラワークと場面転換で綴った豪華絢爛たる映画だ。 [review] (ゑぎ)[投票]
★3サーカスの見世物にまで身を落とす女・・・この溝口的シチュエーションに期待させられるが、終始淡白な演出に肩透かしを食らう。長編のダイジェストのようにエピソードが羅列される構成が実に冴えない。ただ、絢爛豪華な舞台装置が見所ではある。 (太陽と戦慄)[投票(1)]
★3スト−リ−はこの上なく魅力的なのに映画になると何かが足りない。総じて単調というか説得力がないというか。華やかな映像も期待したわりにいまひとつで実に残念。。 (ルクレ)[投票]
★3頂点から堕ちてゆく女の圧巻絵巻・・・そんな展開にすらも「単調さ」が見られる。熱演なのに今ひとつ感動できなかった。(余談ですが、本物のローラ・モンテスさんはこの映画以上の物凄い経歴の持ち主みたいです→wiki) [review] (YO--CHAN)[投票]
★2丁寧に描きすぎて退屈。アントン・ウォルブルックがえらく冴えない。 (りかちゅ)[投票]
Ratings
5点1人*
4点7人*******
3点8人********
2点1人*
1点0人
17人平均 ★3.5(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
映画で俯瞰(ふかん)する世界史・人類史  (いくけん)[投票(16)]シネマスコープの歴史 (町田)[投票(13)]
Les Inrocks誌によるフランス映画100選 (濡れ鼠)[投票(4)]
Links
IMDBThe Internet Movie Database
検索「歴史は女で作られる」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Lola Montes」[Google|Yahoo!]